Book9看板 Dragon Sword Saga9 〜Atogaki〜

アールヌーボーライン  〜 あとがき 〜    アールヌーボーライン

かがみ透  9巻終了しました。  ここまで読んでくださった方々、見守って下さった方々、ありがとうございました!  そして、お疲れ様でした。m(_ _)m  この9巻では、まず、登場人物「スー」の名前を「サラ」に変更しました。  マリスのライバルがスーって、高橋留美子著『ザ・超女(ザ・スーパーギャル)』と 同じになってしまうので。  ヒロインのマリスの名前は、戦いの神マルスから来ていたのですが、『スーちゃん』 は、あまり考えずに浮かんだので、『ザ・超女』の影響だったのかも? 読んだのは ものすごく前でしたが、高橋留美子さんの作品は、やはり強烈なのか。  他の巻も、徐々に「スー」→「サラ」、「スーちゃん」→「サーちゃん」に直して いきます。すみませんでした!  今後は気を付けますので!(>_<)  他にも、近年、映画見て気付きましたが、「クレア」と「クリス」は、ゲーム& 映画『バイオハザード』(by カプコン)で兄妹、「レオン」も『バイオハザード』 に出てるんですね。  ですが、それぞれキャラクターのイメージから付けたものです。  「クレア」は真面目で固そうな性格にしようと思ったので、賢(かしこ)そうな 「clever」から音を似せて。  「クリス」は、見た目やさしいイメージなので「クリスト」から。キリスト教の人 には怒られそうですが、よくある名前だし。『バイオハザード』のクリスは、映画だ とガッチリしていて頑丈そうで、まったくタイプが違いますが。  ケインの師匠「レオン」は、強そうな、獅子座の「reo」からです。これも、好き な名前なので、使ってみたかったのです。  ちなみに、主人公「ケイン」は、「剣」から来ています。ああ、でも、これを書い ていた当時『サスケ』が流行っていて、ケイン・コスギが好きではありました。(笑)  まあ、どれも、よくある名前なんです。  あんまり珍しい名前よりも、聞き覚えのある名前の方が、なじんでもらえると 思って。なので、何かとカブってることはあると思います。  ついでに、もう一つ。  以前、サイトに、『ズイール&ランドール』で検索されて来られた方がいて。  「ズイール」は、サラたち率いる黒い騎士団に、追加されたヤミ魔道士で、これ まで一言もセリフを喋ったことはないキャラです。5巻から出場し、この9巻にも、 出てはいます。  「ランドール」は、主人公ケインの名字なので、この作品を探して来てくれたの か? にしても、話上、ズイールとケインとは絡みもなく、珍しい組み合わせだった ので、調べたら、ナイフのことだったんですね。(笑)  「ズイール」は、釣りで使うルアーも出していて。  探したら、うちにも、ズイール・ルアー、ちょこっとありました。(笑)  「ランドール」は、『バイオハザード』の武器ナイフにも、あったみたいで。  iosゲーム『インフィニティ・ブレード』(by Chair Entertainment)等に も、武器で出てきました。  いろんな武器が出て来て、格好良さそうだったので、以前ちょっとやってみたら、 ランドールを発見して嬉しかったです。なんか、錆び付いた斧みたいな武器でしたが。  よくある名字「ランドルフ」とか「ランドール」みたいな音がいいかと思って付け たんですが、ケインは、実は、このお話には、すごく合っていた名前だったんです ね! 作者的には、ですが。  ああ、良かった。(^_^;  前置きが長くなりました。本編の話に移ります。  前半がベアトリクスの人達、後半が、いつものご一行の話となりました。  外伝『光の王女』で、ベアトリクスの人々が出ていますが、本編は、外伝を読まな くても通じるように書いています。  よりキャラを詳しく知りたい方は、外伝も読んでいただけると嬉しいです。(^_^)  マーガレットたちは、子供の頃に、ちらっとだけ出ています。  ダンが失踪する経緯は、前半に。  ヴァルとラン・ファの馴れ初めは、最後の方に。  私が気に入っているのは、セルフィスの側付き魔道士ギルシュですかね。本編3巻 7話に、ちらっと出てきました。外伝後半では、出番が多めです。  本編では、黒い騎士団クリスが、まあまあ使えるキャラになってきました。(笑)  今後も、彼は、黒い騎士団にいながら、白い騎士団に近い位置にいることでしょう。  ダンも妖精を連れていました。彼も、ケインと同じように、伝説の戦士なんじゃな いかと、皆から思われていますが、ケインとはタイプが違います。  11巻以降のどこかで、ご一行と対面する予定です。  意志ははっきりしていますが、彼は正義のためというより、自分の目標のために 突き進んでいます。  ケインとの違いは、時が経つにつれ、大きく現れていくことになります。『光の 王女』の時から、どことなく危うい、心配なキャラです……。(-_-;  そして、ケインですが、まだ一部記憶喪失のままです。  大丈夫か、お前? 主人公なのに。  読者が離れていってしまわないか、心配です。(笑)  10巻では、もうちょっと頑張ってもらいたいです。  吟遊詩人、なんだか不機嫌。(^_^;  10巻で、彼の正体が明らかになります。  ということで、次回は、第一部の最終である10巻『妖精の国』です。  そこでは、ケインも知らないドラゴン・マスター・ソードの秘密が……!  ……あるかも?(^_^;  いろいろすっきりしてから、第二部に行きたいもんです。  ああ、最終話の7話を書いている最中に、童話パロディーなんかを思い付いてしま い、UPしてました。  いや、前から、やりたかったんです、童話パロ。まさか、あんなんなるとは思い ませんでしたが。(^∇^;  まずは、小手調べ的に『赤ずきん』、次に『いばら姫』をUP。  「小説家になろう」の『いばら姫UP』活動報告にも書きましたが、 『笑いが止まらなくなり、校正中もおかしくて笑いが止まらなくなり、PCの前で、 ひとりでゲラゲラ笑っているあぶない人になってました。(^^;  こう書くと、こんなに笑える作品なんです! と宣伝しているみたいですが、自分 のツボにはハマったというだけかな……。(^^; 』  ……と、こんな状態でした。  『Dragon Sword Saga』のキャラが登場人物ですが、キャラを知らなくても 話は通じます。  むしろ、短編で取っ掛かりやすいと思うので、こちらを読んでから、本編に興味を 持ってもらえても嬉しいかなぁ、と思っています。  『白雪姫』『シンデレラ』『ヘンゼルとグレーテル』など、考えているので、本編 同様、どうぞよろしくお願いします!(^∇^)/                                2015.9.26.


アールヌーボーライン 契約羽ペン アールヌーボーライン Indexボタン Backボタン Nextボタン BACKボタン◀BOOK9最終話へ  NEXTボタン▶BOOK10へ  *外伝へはIndexページから