Book9看板 Dragon Sword Saga9 〜Ⅶ.epilogue〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第9巻『時の歯車』 ~

剣月紫ライン  Ⅶ.『科学と魔道』 ~ エピローグ ~  剣月紫ライン

 タイスランの町の奥にそびえ立つ、巨大な二つ続きの山に、一行は立ち寄っていた。  巨大な魔獣がいるとの噂は、ケイン、マリス、カイル、クレアの四人が、ドラゴン の谷を目指していた時から、耳にしていた。  マリスは、コキコキと首を鳴らすと、腰に手を当て、ヴァルドリューズを振り 返った。 「コンビ復活ね。サンダガー呼び出すのは、久しぶりだわ。コントロールする感覚、 ちゃんと覚えてるかしら」  自問自答するマリスに、「おいおい、大丈夫かよ」と、カイルが顔をしかめた。 「それじゃあ、いくわよー!」  マリスが拳を振り上げるのを合図に、ヴァルドリューズが呪文を唱えた。  どの国の言葉とも違う言語である。  マリスの身体を白い煙が包み込むと、ヴァルドリューズの三角形を形作った指の間 から、金色の光線が、マリスに向けて発射された。  金色に輝く、マリスを包んだ光は強く光ると、みるみる大きくなっていき、山に 生い茂る木々と同じくらいにまでなった。  風は勢いよく舞い、山の木々が、ぎしぎしと音を立てた。  金色の光が、形を成していく。  全身が黄金色の鎧に変化していき、太く長い尾が生える。  てっぺんには金色の枠の兜と、輝かしい長い金髪(ブロンド)、白く美しい男の顔が 現れるが、目も口も吊り上がり、どことなく邪悪な印象を与える。  全身鎧の巨人が、両手を腰に持って行くと、口を開いた。 「はーっはっはっは! 久々のご登場だぜ! 俺様が、ゴールド・メタル・ビースト の化身、雷獣神サンダガー様だーっ!」  サンダガーの声は、明け方の空に、響き渡った。  その足元からは離れたところに、ケイン、カイル、クレア、ラン・ファ、彼女の 肩に止まるミュミュ、ヴァルドリューズが、サンダガーを見上げている。 「あれが、ゴールダヌスの編み出した『獣神の召喚』……!」  ラン・ファが大きく見開いた瞳で、思わず呟いた。そのとてつもない魔力を感じ 取った彼女は、身動きさえも出来ずにいた。 「久しぶりに、一暴れしてやるとするか! ……おや?」  サンダガーは、辺りをキョロキョロと見回した。 「今日の獲物は、どうした? なんにもいやしないじゃねえか」 『そうよ。今日は、この山にある異次元の通路、つまり次元の穴をふさぐだけよ』  どこからともなく、マリスの声が、それに答える。 「それだけか? ふん、つまらねえ!」  獣神は腕を組むと、非常に不機嫌な顔になった。 『次元の穴の場所は、さっきヴァルが調べておいたわ。魔物が寝静まっている今の うちに、さっさと潰してきて』 「なんだよ、せっかく出て来てやったのに、俺様の獲物はないのかよ? てめえら、 この俺様を、いったいどこの誰だと思ってる? カミサマをバカにしやがって!」  サンダガーは、完全に機嫌を損ねていた。 『だって、魔獣を相手にしたら、あんたが調子に乗って、山ひとつ破壊し兼ねない じゃないの。被害を最小限に抑えるには、仕方ないでしょ。特に、この町では、 ハッカイさんたちにお世話になったんだから、ちょっとでも、その人たちを巻き込む ようなことは、したくないの』 「へん! やなこった!」  マリスの声には従わず、サンダガーはむくれたまま、その場を動こうとしない。 『どうしても言うこと聞かないんなら、もういいわ。あんたを引っ込めて、代わりに、 ケインにやってもらうから』  ぴくっと、サンダガーの目が引きつった。 「……仕方ねえなぁ」  しぶしぶ組んでいた腕をほどくと、獣神の身体は、いきなり縮み始めた。 『ちょっと、なにするのよっ!』 「うるせえなあ。たかが穴ひとつぶっ潰すのに、巨大化するは必要ねえ。このサイズ で充分だぜ」  サンダガーは、普通の人間と同じくらいの大きさになると、マリスの仲間たちに 近付いていくと、まずは、ヴァルドリューズの隣にいるクレアに、目を留めた。 「お? よう、巫女のねえちゃんじゃねぇか。おめえ、白魔法上達したなぁ。あの なんにも出来なかった、おじょーちゃんがよぉ! 感心してやるぜ! はっはっはっ はーっ!」  サンダガーは、ゲラゲラ笑った。  褒められた気のしないクレアは、「下品な人!」とでも言いたげな目で見ていた。  そして、カイルを素通りして、次に目を留めたのは、ラン・ファであった。 「おお! 『黒鷹』のねえちゃんじゃねぇか!」  サンダガーは、ラン・ファを、守護神の名前で呼んでいた。 「あんたの活躍は、ベアトリクス時代から、よーく見てたぜ! 人間にしとくには、 もったいねぇな。あんた、俺のオンナにならないか?」  片目をつぶって、サンダガーがにやりと笑った。  ラン・ファを含めた、ヴァルドリューズ以外の一行は、拍子抜けして、足をすべら せた。 『ちょっとー! なに口説いてんのよー! あんた、神でしょーが! さっさと仕事 しなさいよっ!』  マリスの声が響く。 「うるせえなぁ。俺様の茶目っ気が、わからねぇのか? ……おお、貴様は、ジャス ティニアスんとこの小僧!」  サンダガーが、ケインの目の前に、やってきた。 「おめえ、剣をなくしてたよな? ひゃひゃひゃ! いい気味だぜ、ジャスティニ アスの野郎、アセッてんだろーな!」  腹を抱えて笑いこけるサンダガーに、ケインは不思議そうな顔をした。 「なくしたのは、魔物斬りの剣『バスター・ブレード』であって、ジャスティニアス の剣『ドラゴン・マスター・ソード』なら、ここにあるけど」  サンダガーは、ぴたっと笑うのをやめると、面白くなさそうに舌打ちしてから、 ヴァルドリューズの方に向いた。 「で、その次元の穴ってのは、どこにあるんだよ?」  やっと本来の仕事に戻ってくれるかと、一同、ほっと胸をなで下ろしている。 「こちらだ」  ヴァルドリューズの後ろに、サンダガーが続いて行く。  空は薄明るい程度であったが、森の中は夜のように暗い。  木々を押し分け、進んで行くと、ぽっかりと黒い大きな穴ーーそれは、洞穴では なく、そこだけが真っ黒な空間であった。 「ここか。よーし!」  サンダガーは、得意そうな顔になると、両手を黒い空間に向かって、かかげた。  そのてのひらには、金色の光が、方々から集まり、球のようになると、みるみる 巨大になっていった。  光の球が大きくなるにつれ、サンダガーの周囲に湧き起こった風が、勢いを増して いく。  前日に、ヴァルドリューズがロボットに放った光の球とは、威力が違うのが、一行 にもわかる。 「すごいエネルギーだわ!」  乱れた髪を押さえながら、クレアが皆に忠告し、両手を前方に向け、防御結界を 張った。  ヴァルドリューズとカイルが、その中にいた。  ヴァルドリューズは、クレアを見た。自分のいなかった間に、彼女の腕は明らかに 上がっている。 「ラン・ファさんも、はやく、クレアの結界の中に!」  ケインが近くにいたラン・ファを振り向くと同時に、緑色の薄い膜が、二人を取り 囲んだ。 「防御結界!? ……そうか、ラン・ファさんは、魔法が使えたんでしたね」  片方のてのひらを、風上に向けたラン・ファが、ケインに微笑んだ。  首には、青い石のネックレスがある。そのひとつひとつに、まじないの言葉が彫ら れていて、文字が光り、浮き出しているように見える。  魔力を増強するネックレスだと、ケインにもわかった。  風は、びゅうびゅうと、ますます強く吹きすさぶ。  サンダガーの光の球は、とうとう直径が人の背丈ほどにまで大きくなっていた。 「それじゃあ、いくぜーっ!」  わくわくした顔で、サンダガーが、光の球を放った。  ピシャァァァァァーーーーンッ!  ガラガラガラガラ……!  ドガアアアアアアアン!!  轟音が、辺りに鳴り響いた。結界に護られていなければ、人の鼓膜は耐えられなか っただろう。  もくもくと立ち込めていた煙が、風に流されていくと、黒い空間のあったところを 中心に、木々はなくなり、草一本も生えてはおらず、焼け焦げた、はだかの地面が、 剥き出しになっているだけであった。 「う~ん、いつ見ても、びゅーてぃほー!」  その景色に、サンダガーは、ひとり悦に入っている。 「なんて、凄まじい力なの……!」  初めて見たラン・ファが、思わず呟いた。  ケインも皆も、サンダガーの力が、人間サイズであっても、凄まじい威力である ことを、久しぶりに感じていた。  そして、腕を組み、満足げにうなずいていた彼を、急激に、頭痛が襲う。 「うぎゃーっ! なにすんだ、やめろーっ!」  突然、頭を抱え、しゃがみ込むサンダガーを、不可解な思いで見つめているのは、 ラン・ファのみで、他のメンバーには、既に見慣れた光景である。  サンダガーの足元から、しゅうしゅうと、白い煙がたちこめた。 「いやだー! 俺様は、もっと遊ぶんだーっ!」  喚き散らす獣神の姿は、むなしく消えていき、代わりにマリスが、姿を現した。 「ふうっ。今回は、なんとか被害は最小限に、食い止められたみたいね」  満足げに、マリスは、額を拭って、言った。  結界を解くと、クレアが、マリスに駆け出した。 「お疲れ様、マリス!」  マリスも、クレアに、にっこり笑った。 「それでは、気を取り直して、妖精の国へ出発よ」  マリスが、皆を見回して、そう言った時だった。 「待ってよぉー!」  どこからともなく、聞き覚えのある声が、聞こえてくると、黒い宝石のような石が、 空中を、ふわぁ~っと、浮かんで、近付いて来た。  その石は、マリスの側まで来ると、ぽんっと破裂したかのように、煙を出し、人の 姿を象っていく。  やがて、黒い肌に、黒い衣を着た、先が三角に尖った尾を生やしている者となった。  サファイアとエメラルドのようなヘテロクロミア、くりんくりんとカールした黒い 髪に、腰には、二匹のヘビが巻き付いている。  ヴァルドリューズが、ミュミュを助けに行く際に、空間に閉じ込めておいた、魔界 の王子だった。 「ジュニア……?」  マリスが、顔を歪めて言った。 「うわ~ん、なんだよ、そのイヤそうなカオはーっ!」  魔界の王子通称『ジュニア』は、マリスや皆に向かって、泣きわめいた。 「ヴァルのにいちゃんたら、ひどいぜーっ! 俺を空間にしまったまま、すっかり 忘れてただろー? 俺様の家臣が見つけ出してくれなかったら、こうして、ここに 来ることさえ、できなかったんだぜ。俺のような無害な魔族に、なんてひどいこと するんだー!」  それには、ヴァルドリューズは、ごまかすような、素知らぬ顔をしているのみで ある。  王子は、ひしっと、マリスに抱きついた。 「マリーちゃん、俺のこと、忘れてないよねーっ!?」 「ひっ! なにすんのよーっ!」  マリスはジュニアを振り払って、投げ飛ばした。  「ひどい!」と誰もが思ったが、今に始まったことではないので、特に誰も何も 言わなかった。 「ああっ、相変わらず、なんて冷たいんだ! でも、そんなとこが好きさっ!」  ジュニアは、フッと笑うと、乱れた髪を直し、マリスの後ろで、満足そうな笑みを 浮かべていたのだった。  「ヤツは、どMだった」と、ケインとカイルは思い出し、顔を見合わせて納得した ようにうなずいた。 「まったく、最後になって、余計なヤツが出て来ちゃったけど、気を取り直して、 出発しましょ!」  マリスが、いつの間にか、後ろの方に立っていた吟遊詩人を見つけた。 「それじゃあ、まずは、妖精界とつながってる樹海に向かうよ」  表情のない顔でそう言った吟遊詩人は、皆を自分に近寄らせ、全員、そこから姿を 消した。  明け方の山は、何事もなかったように、朝日が差し込み、次元の穴のあった、焦げ た地面を、照らしていった。


剣月紫ライン剣月紫ライン剣月紫ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン