Book9看板 Dragon Sword Saga9 〜Ⅵ.-2〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第9巻『時の歯車』 ~

剣月紫ライン  Ⅵ.『魔道士の登録』 妖精紫アイコン2 ~ 魔道士の登録 ~  剣月紫ライン

 森の中で、ふっと現れた人影が三つーー。 「この坂を下って街へ出ると、外れの方に、一際高い塔がある。それが、魔道士の塔 だよ。お土産を売っている魔道士協会は、隣の小さい建物だけど、中はつながっては いないから」  不機嫌な顔つきで、そう説明したのは、吟遊詩人を名乗る美少年である。 「ご親切に、わざわざありがとうございました」  クレアが丁寧に頭を下げた。  その謙虚な態度に、いくらか気分を良くしたのか、詩人の少年は、少しばかり微笑 むと、ラン・ファとクレアの二人に言った。 「僕は、街の食堂にいるから、用が済んだら、声をかけて」  そう言い終わると、ふいっと姿を消した。 「それじゃ、行きましょうか」 「は、はい」  ラン・ファとクレアは、並んで、森の坂道を下り始めた。  クレアには、自分の心臓の音が、やけに大きく感じられていた。  ラン・ファと何を話せばいいのか、考えるほど、ヴァルドリューズとの間柄のこと が気になっていく。  といって、彼とのことを、ダイレクトに聞くことも、或は、それとなく聞くことも 出来ないでいた。 「そんなに緊張しなくても、大丈夫よ」  ラン・ファの声に、クレアは、ビクッとして、顔を上げた。  考えを見透かされたような気がしたクレアは、後ろめたそうにラン・ファを見るが、 ラン・ファ本人は、彼女の想像とは、まったく違うことを切り出した。 「魔道士見習いとしての登録では、試験のようなものはないわ。単に、サインをする だけよ。最も、検定となると、多少の魔法は披露(ひろう)しなければならないけれど ね」 「……検定……ですか? 」  クレアに、ラン・ファが、にこりとうなずく。 「上級の魔道士を目指す者たちが受ける魔道士検定、その前に、見習いを卒業して、 一人前の魔道士となるための認定試験もあるわ。任意だけど、魔道士の塔や、魔法 関連商品を扱う魔道士協会で働きたい人、魔道士の塔の後ろ盾で、医者や魔法アイ テム屋などを経営したい人にとっては、通らなくてはならない関門ね」  クレアは、目を見開いた。 「お医者さん、アイテム屋さん……? 」  魔法に携(たずさ)わった仕事をしている店や商品には、必ず魔道士協会の印が必要 なことは、クレアも承知している。 「もし、クレアちゃんが、単なる魔道士見習いではなく、その上を目指すのだったら、 ……例えば、魔法アイテム・ショップを開きたいとか、お弟子さんを取りたいとか、 占い師になりたいとか、巫女だった経験から白魔法を生かして、魔道士の医師に なりたいとか、そんな風に思うんだったら、魔道士協会に相談に行って、それなりの 試験を受けることになるの」  クレアは、しばらくラン・ファの顔を見つめていたが、ふと視線を落とした。 「私、そんなことまで考えたこと、ありませんでした。今は修行中の身ですから、 皆の足を引っ張らないよう、なんとか早く一人前になろうって、そればかりで……」 「もちろん、今は、それでいいのよ。一人前になった時に考えても、遅くはないの だから」  しばらく考えてから、クレアは口を開いた。 「でも、やっぱり、目標を持った方がいいと思えて来ました。マリスは魔物退治、 ケインは正義の道、カイルはチャランポランに生きる……皆、それぞれ目標があって、 旅をしているんですもの」 「チャランポランって、目標なのかしら? 」  ラン・ファは苦笑した。 「ただ一人前の魔道士になるというだけではなくて、その先も考えておいた方が、 よりはげみにもなるような気がします。ラン・ファさん、ありがとうございます。私、 自分の目標も、これから考えていきます」  クレアは、ラン・ファに対して、少し素直になれた気になった。 (ヴァルドリューズさんが、ラン・ファさんや私のことを、どう思っているかなんて いうことよりも、私が自分の足で、ちゃんと歩いて行くことを考えなくてはいけない んだわ。私は、私の目標を見つけなくちゃ……! )  クレアの黒い瞳は、木もれ日を受け、きらきらと輝き出した。  それが、単なる光の反射でないことは、ラン・ファにはわかっていた。  ラン・ファは、微笑ましく、クレアの横顔を見つめていた。  それから、ほどなくして、二人は、辺りの何者たちかの気配に、気が付いた。  ちらほらと、木の陰から二人の動向をうかがうような影ーー山賊である。 「……ざっと三〇人足らずってところかしら」  ラン・ファがつぶやくと、クレアは、表情を引き締めた。 「お姉ちゃん方、こんな淋しい森を通って、どこへ行きなさるんだね? 」  ひどいあばた顔の男が、不潔そうなボサボサ頭をかきながら、酒のツボを片手に、 よたよたと、二人の前にやってきた。  クレアは、見るのも汚らわしいといった顔で、男をにらみつけた。 「おいおい、その目付き、傷付くなあ。そんなに、オイラが汚いってのかい? 」  男は、にやにやしながら、頭をかいていた手を腹へ持っていき、同じようにボリ ボリとかいた。  その頃には、他の山賊たちは全員姿を現しており、薄気味悪い笑いを浮かべ、 値踏みするように、二人をじろじろと観察していた。  クレアは、我慢ならなくなって、言い放った。 「おどきなさい、山賊ども。さもなくば、あなたたちのような、人に迷惑をかけても なんとも思わないような人たちは、この私が、成敗いたします! 」  さっと、両手を、山賊に向け、構える。 「ほおっ? このお嬢ちゃん、おもしろいこと言ってるぜ! 」 「成敗って、どうやんのか、見せてもらおうじゃないか! 」  山賊は、ゲラゲラと笑った。  クレアが呪文を唱えようとした時だった。  ラン・ファが、さっと軽く手を横に振った。  すると、山賊たちの身体は、何かに弾かれたように、吹っ飛んでいき、地面や木々 に叩き付けられた。  悲鳴を上げる間もなく、強く身体を打ち付けられた彼らは、情けない呻き声を上げ ながら、「いったい、今のは何だったんだ!? 」と、口々にした。  驚いたクレアは、ラン・ファを振り返った。 「あんな人たちを相手にしたところで、剣のサビにもならないわよ」  ラン・ファは何事もなかったような顔で、クレアにそう応えた。  クレアは、口をポカンと開けていたが、すぐに、興奮して言った。 「ラン・ファさんて、魔法戦士だったんですかっ!? 」  ラン・ファは、返答に困ったように、クレアを見た。 「まあ、そういうことになるのかしら。魔力を増強する首飾りを、ダグトに取られ ちゃったから、今は、この程度の魔法しか使えないんだけど」  クレアは、両手ぎゅっと組んだ。 「私っ、そういうのに憧れてたんです! だから、ヴァルドリューズさんに魔法を 習うだけじゃなくて、護身の意味もあったけれど、ケインにも剣を習っていたんです。 決めました! 私、ラン・ファさんのような、かっこいい魔法戦士を目指します! 」  ラン・ファは、クレアの勢いに、まばたきをした。 「あ、あのね、クレアちゃん、そんなこと、今から決めなくても……」 「いいえっ、私、魔法戦士になりたいんです! 」  瞳を一層かがやかせるクレアを見ているうちに、ラン・ファは、「ま、いいか」と、 思ったようだった。


草ライン草ライン

 町外れの細長い塔にたどり着いたラン・ファとクレアは、あまり印象の良くない、 大きな鉄格子の門をくぐった。  途端に、黒いマントをはおった、やせこけた魔道士が、空間から現れた。 「如何様(いかよう)か? 」  表情のない目に、平淡な、魔道士特有の口調だ。 「私は、東方の戦士コウ・ラン・ファにございます。魔法を使用する許可は、既に 頂いておりますが、この度は、これから魔道を学ぶことになった弟子の登録に、 やって参りました」  ラン・ファは、にこやかに、門番であるその魔道士に告げた。  すんなりと門を通ることが出来た二人は、装飾のある重い鉄の扉を開け、室内へ 入っていった。  入り口近くにある、木のカウンターの中にも、黒ずくめの魔道士が、愛想のない 冷たい目で、二人を待ち受けていた。  ラン・ファが同じ話をすると、カウンターの下から書類を取り出し、羽根つきペン を置き、おもむろに説明を始めた。  クレアが、名前や出身地などを、書類に書き込むと、簡単なペン描きの肖像画を 書類に添えるため、画家のいる部屋へと案内された。  二人は、魔道士の後ろにつき、回廊を進んでいく。  クレアは、ずっと緊張しっぱなしであった。  ヴァルドリューズが本当の師匠だと見破られる心配はなかったが、魔道士の塔には、 重々しい空気を感じずにはいられなかった。厳かとも受け取れるが、クレアの慣れ 親しんだ教会や神殿とは違う、陰湿(いんしつ)さをはらんでいるためだった。  狭い回廊を抜けると、天井が二階まで吹き抜けになっている、八角形のロビーに 出た。


ステンドグラス床

 周りは、ほとんどが窓で囲まれ、ステンドグラスを通して、光が差し込む明るい所 であり、陰気くさい魔道士の集まるところには、とても見えない。  そのロビーから四方に、狭い回廊が続いている。そこから先は、関係者のみと断り があったため、ラン・ファはロビーのいくつかあるソファのひとつに腰かけ、クレア を待つことになった。  ラン・ファと別れて、少々心細い思いをしているクレアは、そのまま魔道士に 連れられ、狭く暗い回廊を通る。  その壁の片側には、ステンドグラスのロビーとは打って変わった、重々しい木の扉 が、一列に並んでいる。  扉には、ひとつひとつ、召喚獣や魔法陣など、魔道関連の彫刻がなされていた。 (ここには、いろいろな魔力を感じるわ。白魔法の修行の場である、神殿の神聖な 雰囲気とは、まったく違う。攻撃魔法や召喚魔法が主の黒魔法を扱っているところ だもの、ちょっと、おどろおどろしい雰囲気が感じられなくもない……)  だが、クレアの緊張は、そればかりではなかった。未知な世界への介入という 期待感もあった。  画家のいる何番目かの扉に、クレアは通された。  画家は、魔道士ではなく、普通の人間であった。  肖像画が出来上がり、その他の手続きが終了するまで、クレアとラン・ファは、 そのまま魔道士の塔のロビーで、しばらく待った。 「クレア・フローディア。そなたを、コウ・ラン・ファを後見人とした魔道士見習い と定める。魔道の力を、悪しきことに利用することなく、しっかりと修行に励むよう」  その威厳のある老魔道士に、クレアが、魔道士の塔の印が刻印された、紫色の石の ブローチをもらったのは、ほとんど夕方になりかけていた頃であった。  手数料として金貨が必要であったが、それほど金貨を持ち合わせていなかった クレアの代わりに、ラン・ファが、持っていた宝石を差し出した。  遠慮するクレアに、彼女は、「ダグトからもらったものだから。何かの役に立つと 思って、持っていただけだから、いいのよ」と微笑した。  クレアは恐縮しながら、何度も礼を言った。  二人は、塔の隣にある小さめの建物へ行くと、ミュミュや皆への土産に、菓子の 袋詰め(一見、魔法とは関係がなさそうではあったが)を選んでから、ようやく 魔道士の塔と魔道士協会を、後にしたのだった。


草ライン草ライン

「吟遊詩人さん、待ちくたびれていないかしら? 」  気が気でない様子で、クレアが、街まで急ごうとするが、ラン・ファは、とりわけ 急ぐつもりはないのか、歩く速度を変えなかった。  街のにぎやかな部分に入り、二人は、食堂兼酒場を見つけると、軽い木の扉を 押し開けて、入って行った。  ざっと眺めてみたところ、テーブルには、あの美少年の姿は見当たらない。 「吟遊詩人さん、確かに食堂にいるって、言っていたのに……」  クレアが心配そうにラン・ファを見るが、ラン・ファの方は、特に困った様子も なく、じっと店内を見渡していた。  奥の方で、人が数人、野次を飛ばしながら酒を飲んでいるあたりを、二人は注目 した。  なにやら歌声のようなものが、聞こえてくる。  ラン・ファもクレアも不思議に思い、それとなく、その方向へ、近付いて行った。 竪琴ライン 『教えてグレムリン〜  醜(みにく)い、醜いグレムリン〜  お前はゴブリンそっくりだー  なんで、そんなに似てるのかー?   ゼンマイじかけをいじくって  イタズラするのが大好きさー  灯(あか)りや、からくり、なんでもぶっこわすー  町中、魔物が溢れ出すー  人間たちは追いやられる  助けてカミサマ!   日の光よ、我らをお救いくださいー!   朝日が昇ると、奴らは、あっけなく死んでいったー  ああ、助かった!   その瞬間!   人間たちは、日の光なんて  どうでもよくなったのさ〜』 竪琴ライン  数本の弦が張られた、木製の楽器をじゃらじゃらと演奏しながら、声を張り上げて 歌っていたひとりの少年がいた。  茶色い皮の三角帽子に、皮の服。  その格好には見覚えのない少年ではあったが、「もしかして……」と思い始めた時 から、クレアとラン・ファの表情は、引きつっていったのだった。 「うるさいぞ! どれもこれも、後味の悪い唄ばっか、唄いやがって! 」 「もっとマシなもんはないのか! 」  誰ひとりとして、喜んでいる客などは、いなかった。 「おい、そこの吟遊詩人、悪いけど、いい加減、出て行ってくれないか。いったい 何時間、うちの店にいるんだ」  料理を運ぶ従業員が、嫌そうな顔で、少年に文句を言った。 「だって、僕、人と待ち合わせているんだもの。もう少し、ここで待たせてくれても ……あっ! 」  少年は、ラン・ファとクレアに気が付き、手を振った。 「なんだ、きみたち、随分遅かったじゃないか! こんな知らないところで、僕、 ひとりぼっちで、ずっと淋しかったんだよー! 」  吟遊詩人は、ホッとした笑顔で、クレアたちの方へと、人混みをかき分けてやって 来たのだが、二人は逃げるようにして、店を出て行ったのだった。 「今日の出来は、なかなかだったなぁ! 風刺をきかせられたし」  吟遊詩人は、いつもの薄い衣装ではなく、先ほどの弦楽器を背負った、典型的 吟遊詩人のスタイルで、機嫌良くペラペラと、ラン・ファとクレアに、喋り続けて いた。  そんな彼を、クレアは、じろじろと、横目で見回していた。 (そういう一面もあったのね。ケインの知り合いって、ハッカイさんたちみたいに いい人に限らず、……変わった人もいたのね)  彼女がそのようなことを考えているとは露知らず、吟遊詩人は、まるで、皆の ところへ戻るのが嬉しいとでもいうように、機嫌はとうに直り、森の奥で、二人を 自分の近くへ招くと、三人の姿は、瞬時に消えたのだった。


剣月紫ライン剣月紫ライン剣月紫ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン