Book9看板 Dragon Sword Saga9 〜Ⅱ.-2〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第9巻『時の歯車』 ~

剣月紫ライン  Ⅱ.『女王誕生【後編】』 妖精紫アイコン2 ~ 犠牲と希望 ~  剣月紫ライン

 ギルシュは、焼け野原に立ち尽くしていた。  黒焦げになった木々、くずれた石造りの建物の残骸。  つい一日前に見た光景とは、変わり果てていた。 「……バルカス殿」  呼びかけてみるが、何の応答もない。  ここに着く前から、胸騒ぎがおさまらない。 「バルカス殿! 国王陛下! 」  念で探るとともに、大声で呼びかけ続けた。 『……ギル……シュ……』  微かな念をとらえ、その方向に向かい、精神を集中させた。 「……あそこか! 」  ギルシュは、浮かんで移動し、焦げた木々をどけた。  そこには、バルカスと思えるものの、無惨(むざん)な姿があった。 「バルカス殿! 」  ボロボロのマントに身を包んだ、以前とは見分けもつかない程に、やせ細って しまったバルカスを、ギルシュが抱え込んだ。 『……来たか、ギルシュ……』 「はい、俺はここです、バルカス殿。いったい何が……!? 」 『……お前が、今、抱いているのは、私の抜け殻だ。私の魂は、消滅しつつある……』  ギルシュは、困惑した。 「な、何を言ってるんです? バルカス殿が、消滅だなんて……」  だが、事実、バルカスの声は、彼の本体から聞こえていなかった。  ギルシュの顔から、さあっと、血の気が引いていく。 「……まさか……! 」 『そうだ。あやつが……大公妃のヤミ魔道士が、ここへ来たのだ』  バルカスを抱いたまま、ギルシュは、精神を研ぎ澄ませるが、他に魔道士らしき ものや、国王の気配なども、感じることは出来なかった。 「それでは、国王陛下は……! 」 『陛下は、奴には、殺されていない』 「では、どちらに? 」  バルカスの念は、一瞬途切れたが、返ってきた。 『……それは、あやつですら、わからなんだ』 「どういうことです? 」 『……陛下は、私の結界でお守りしていた。だが、相手の魔道士の力は、私を超える ものであった。……私が戦いに破れ、結界ももたなくなった頃、突如、驚くべきこと が起こったのだ』 「驚くべきこと? 」  ギルシュは、遠くなってきた念を、必死にたぐり寄せるように、精神を集中させた。 『……あのお方が、……陛下を、お連れしたに違いない……! あのヤミ魔道士で すら、追うことは出来なかった……! 』 「あのお方って、いったい誰のことです? 」  ギルシュが強い口調で尋ねる。遠くなったり、近くなったりしながらも、バルカス の念が、やっとのことで、ギルシュに届く。 『……見ることは出来なかった。だが、強く、白い波動を感じた。……あれは、 白魔法を極めた者に、相違ない……! そう、あれこそは、まさしく……! 』 「えっ、誰ですって? 」 『……ギルシュ、後を頼む。……陛下を、……マリス様を、一刻も早く、このベアト リクスに……』  念は、一気に遠ざかった。  ギルシュには、最後まで聞き取ることが出来なかった。 「……バルカス殿! バルカス殿! 」  必死に呼び続けても、もうバルカスの念は感じられなかった。 「……そんな……、バルカス殿……! 」  ギルシュの青い瞳からは、涙が溢(あふ)れ出した。 「いやです! 逝(い)かないでください! 俺ひとりで、どうやって……! 」  ギルシュは、バルカスだったものを抱きしめて泣いた。  間もなく、しゅううっと黒い煙に包まれたバルカスの遺体は、黒いマントの残骸 だけを残し、消えていった。  ギルシュは、その場に、泣き崩れた。


アンティーク・ラインアンティーク・ラインアンティーク・ライン

「そんなことが……」  城に戻ったギルシュの報告に、セルフィスも胸を痛めた。 「マリスを探してくれそうな人たちも見付かったのに、大きな犠牲までが、出て しまったなんて……」  ぼう然としているギルシュに、セルフィスは、それ以上の言葉はかけられず、 ギルシュの肩に、そっと手を添えた。  その時、ギルシュのマントの中から光るものに、目が留まった。 「その箱は、どうしたの? 」  ギルシュの方は、セルフィスに言われて初めて、自分が、宝飾品をちりばめた箱を 持っていたことに気が付いたようだった。 「……ああ、これは、確か、バルカス殿の遺体の下から、出て来たもので……」  それさえも、記憶があいまいであるかのような、答え方だ。  セルフィスは箱を受け取ると、灯りにかざしてみたり、周りをじっくり見るなど して、箱を調べていた。 「何か、結界のようなものが張ってあるね」 「……そうですか……」  ギルシュは、上の空だった。  セルフィスは、そんなギルシュを気の毒そうに見つめてから、箱をそのまま調べて いたが、ふいに顔を上げた。 「……どうやら、これは、代々王家に伝わる聖杯みたいだよ」 「へっ!? 」  放心していたギルシュも、一気に正気を取り戻した。 「これを持っていることは、この国の王である証なんだ。代々王家に伝わる聖剣と 首飾りは、母が既に持っている。残りは、聖杯だけだった。それだけは、陛下が記憶 を無くされてから、バルカスが守っていたんだ。戴冠式では、この聖杯で、新国王は 祝杯を上げる。これは、間違いなく、マリスのお父様、ベアトリクス国王陛下のもの だよ! 」  ギルシュは、ただただセルフィスの顔を見つめていた。頭が混乱していて、まだ 回転していないようだ。  セルフィスが、てのひらを箱に向け、念じる。 「だめだ、開かないよ。きっと、僕じゃだめなんだ。何か、結界が張ってある。 白魔法みたいだけど、おかしいなぁ。代々王家に伝わる宝にかける結界は、身内なら 開けられるはずなんだ。僕だって、陛下の甥であって、血族のうちなんだから、聖杯 の箱の結界程度は、本来なら、開けられないことはないんだけど……」  セルフィスが、いくら結界を解こうと念じても、箱は、頑固に閉じたままだった。  ギルシュは、はっとした。  ようやく、彼本来の頭の働きが、甦ってきたようだった。 「国王陛下の結界であれば、公子様でも、エリザベス大公妃でも、開けることが できる。公子様にも出来ないということは……! 」  いきなり立ち上がったギルシュに、セルフィスは驚いた。 「ど、どうしたんだい? ギルシュ、突然……」  ギルシュは、興奮を抑えながら、口を開いた。 「バルカス殿は、おっしゃった。よく聞き取れなかったが、陛下をお助けしたのは、 まさしくマリス様の産みの母君、ジャンヌ様に違いない! 彼女が、箱に、結界を しかけたんだ……! 」  目を見開くセルフィスに、ギルシュが改めて視線を向けた。 「公子様、彼女は生きていたんです。陛下は、ジャンヌ様に守られて、どこかに いらっしゃるに違いありません! それに、聖杯さえ、こちらが持っていれば、 マリス様が戻られた時に、きっと役に立ちます。彼女の実の子であるマリス様で あれば、この結界も解けるはずです! 」  ギルシュの熱い言葉に、セルフィスの顔も、次第に紅潮していった。 「これで、やっと、希望の光が見えてきたね。頑張ろう、ギルシュ! 」 「公子様! 」  二人は、固く手を取り合った。  暗闇の空には、一筋の月の光が、分厚い雲の合間から、セルフィスの部屋の窓を 照らしていた。


城

 国王の療養していたサリナエ領の城が、召使いの不始末によって、火事で全焼した と発表されたのは、間もなくであった。  国王の遺体は見付からず、行方不明とされ、側付き魔道士バルカスのマントらしい 切れ端は見付かった。  国民のほとんどは、王の生還は有り得ないと、絶望した。  同時に、国王の妹であるエリザベス大公妃が、ベアトリクス王国の女王に即位した。  その際に必要な、代々伝わる王家の、聖杯を受け継ぐ儀式は、聖杯が、サリナエ城 と共に燃え尽きたとされたため、省略された。  冠も、国王の羽織るマントも、新調していた。  すべての儀式は、ティアワナコ神殿の司祭が、執り行った。  母親が女王となった息子セルフィスも、公子から王子へと位が改まり、その儀式も、 合わせて行われた。  女王の側付き魔道士は、本来ならば、宮廷魔道士の中から選ばれていたが、彼女が 新たに雇った外国から来た、少し見映えのいい魔道士を指名したことで、さまざま な波紋を呼んだが、女王は、強引に、重臣たちの反対を押し切った。  ヤミ魔道士ギールのことは、知られることはなかった。  新女王の誕生は、国中で盛大に祝い、セルフィスもギルシュも、儀式や職務に 追われ、人の目も多かったことから、なかなかティアワナコ神殿にいるマーガレット たちと、連絡が取れずにいるうちに、半年が過ぎた。  それは、マリス王女が失踪してから、約一年半が経った頃に当たる。  エリザベスの派遣した魔道士団が、帰国した。  とうとう王女と接触することが出来たという報告が入り、女王と王子、国の重臣 たちが集結した。 「して、ザビアン、マリス姫は、どうしたのです? 」  興奮気味に、エリザベス女王が尋ねた。  宮廷魔道士の長でもあるザビアンは、女王と王子の座る、赤い絨毯の惹かれた壇上 から、下がったところでひざまずいた。  女王の横には、セルフィスが、その後ろには、ギルシュが、ひっそりと立っている。  エリザベス側の後ろには、側付き魔道士である外国人がいた。  絨毯の両側には、国の重臣たち、魔道士たちが、ずらりと並んでいる。  ザビアン率いる魔道士団は、広間の下手(しもて)に立たされていた。 「申し上げます」  ザビアンが、重々しく、口を開いた。  女王もセルフィスもその場にいた重臣たちも、緊張する。 「我々魔道士団は、トアフ領主の治めるトアフ・シティーにて、マリス王女と接触 することができました。姫と旅を続けているという噂の魔道士はおらず、ひとりの 剣士と一緒でした」  ざわざわと、重臣たちが顔を見合わせた。  セルフィスとギルシュは、その男はダンではないだろうかと、考えた。 「魔道士ドロワ、そなたの情報では、マリス姫は、得体の知れない魔道士と二人で 逃亡を続けているのでは、ありませんでしたか? 」  女王は、厳しい口調で、重臣の向かい側に並んでいる魔道士のひとりを睨んだ。 「ごもっともでございます、女王陛下。それは、ヤミの魔道士たちの間でも知れ 渡っているお話にございます。私の情報にいたっては、確かでございますよ」  胸元に蒼い石を下げた、小柄でハチのような顔の男が、妙に、恭(うやうや)しく、 女王にお辞儀をしてみせる。  ひざまずいているザビアンが、じろっと、ドロワを見上げた。 「私の話をお疑いか、ドロワ殿。その時は、偶然おらなかっただけかも知れぬが、 決して、私が、そやつの存在を見逃したわけでは、ございませぬぞ」  ヤミ魔道士であるドロワと、正規の魔道士であるザビアンたち宮廷魔道士が、 睨み合う。折り合いが悪いのは、一目瞭然だ。 「もうよい。ザビアン、そなたの報告の続きを聞きましょう」  女王が、せかすような仕草で、ザビアンに言った。 「恐れながら、マリス王女は、寛大にも死刑にはしないという女王陛下のお言葉にも 耳を貸さず、このベアトリクスへ戻る気はないと、おっしゃいました。その理由とし ては、世界の魔物を退治する旅を続け、多忙であるためと。元宮廷魔道士長ガグラ様 を刺した件は、正当防衛だと。さらに、女王陛下に濡れ衣を着せられたようなことも 言っておられましたが、旅の仲間である上級魔道士や、その剣士の青年と徒党を組み、 この国へ復讐しに攻め込むなどということは、断じてないと誓われました。さらに、 ご自分の王女という身分を放棄するという証明をされました」  途端に、広間は、ざわめく声が充満した。  セルフィスの表情が、わずかに強張(こわば)った。  後ろに控えるギルシュは、特に表情は変わらない。  その中で、女王の瞳は大きく見開かれ、口角が、にやりとつり上がっていく。 「して、そ、その証明とは……? 」  より興奮を抑えて、女王はザビアンを促(うなが)す。  ザビアンは、ふところから巻き紙を取り出すと、女王に差し出した。  ロウで封印された、リボンで巻いてあるその証書を、女王が開いていく。 「そちらが、本物だという証拠は? 」  重臣のひとりが、声を上げた。  ザビアンは、頭を低くして答えた。 「マリス王女ご本人のサインは、王室付き教師と、セルフィス王子殿下であれば、 おわかりになると。そして、王子殿下の側付き魔道士であるギルシュならば、王女 殿下の魔力の痕跡(こんせき)を、嗅ぎ取ることが出来るはずだと、おっしゃいました」  再びざわめく人々を抑え、女王が、まずは王室付きの、マリスの家庭教師であった 者数人に証書を渡した。彼らは、マリスの筆跡であることを認めた。  その後で、セルフィスに証書が回った。  セルフィスが、じっと筆跡を見つめた。  ギルシュは、それを、注意深く見守る。その後は、彼が、鑑定する番である。  広間の人々全員が、息を飲んで、王子の言葉を待った。  王子は、証書から顔を上げると、真剣な面持ちで言った。 「僕も教師の方々と同じく、これは、間違いなく、マリス王女の筆跡だと思います」  おおっと、人々のざわめきが大きくなった。  女王は、安心したように、セルフィスに微笑む。  セルフィスは、ギルシュに証書を回した。  広間は、再び沈黙する。


剣月紫ライン剣月紫ライン剣月紫ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン