Book8看板 Dragon Sword Saga8 〜Atogaki〜

アールヌーボーライン  〜 あとがき 〜    アールヌーボーライン

かがみ透  ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。  そして、お疲れ様でした。m(_ _)m  ヴァルの外伝のようでもあったこの8巻は、いつもと違って、ちょっとシリアス 気味でした。  解決したというより、課題を出された感じ?   大丈夫だ、ヴァル!   キミなら出来る!   そう! 丸投げです! (笑)  悪役には悪役の生い立ちがあり、言い分があり、ああなってしまったには、どんな 人生を送ってきたのか、すべて理由があると思うのです。  ダグトは、実は、淋しがり屋だったんですね。  誰かに、認めてもらいたかったという思いが強かった。  過去を書いてみると、努力家ではあったのは充分わかりましたが、ねじくれてしま った。  生い立ちは、詳しくは書きませんでしたが、望んでいないのに道場に住み込みに なった、と思っているようでしたので、淋しさは既に始まっていて、普通に親と同居 していただけでも、彼の人生は、もう少し違ったものになったかも知れません。  ですが、弱い心は、いつかは悪い方向に現れてしまう。  強い心であれば、どんな環境においても、切り抜けて行くのでしょう。  強い心とは、周りに、自分の理解者がいればこそ育つもので、理解者とは、まずは 『親』でしょうか。または、兄弟姉妹、友達、先生などの他人でも。  もうひとり、一見、人間が出来ていそうだったヴァルドリューズ。  彼は、随分、無気力な子供でした。  欲もまったくない。  これはこれで、危険な子供だ。  あやうく冷たい機械のような人間になるところでした。  外伝2『光の王女』で、マリスと、サンダガーの特訓をしている時、その非情さに、 マリスが逃げ出したくなるほどでした。  しかし、動物には好かれていて、本人も動物好きではあったので、根っからの冷酷 人間ではなかったらしかったのですが、人に対しては、心を閉ざしていた。  ダグトは、このような部分に自分と共通項を感じ取ったのか、或は、彼に惹かれ、 憧れていた? 実は友達になりたかった? ーーのかも知れませんが、素直に自分を 出せる人ではなかったのと、なんでもかんでも「なんか気に入らない」で済ませ、 自分の気持ちを分析しないでいたため、変に『執着』という形になってしまった。  ヴァルドリューズも、正義の心があったというよりは、理性が強かったように思え ます。「これが正しいと思ったからやる」ではなく、「そうするのが最善の策ならば、 しなければならない」のように。  だから、彼には、ケインが自分の頭で考え、「正しいと思ったからやる」場面を 目の当たりにして、マリスとともに魔物退治の旅に出た自分と、結果は同じであって も、いきさつは、まったく違ったものに思えたのでしょう。  ケイン、カイル、クレアは、自分の意志で、旅に同行することを選びました。  それだけでも、ヴァルは、彼らを、自分で考えることの出来る人間だと、尊重して いるのではないでしょうか。  それと、ラン・ファ。  彼女との出会いが、まずは、ヴァルに変化をもたらしました。  ですが、一緒に旅をしていない。  理由は、『光の王女』で。  そのうち、本編でも明らかになるかも? ……ですが。  今後は、ご一行の子供たちを温かく見守るお父さん役に、なってくれるといいです。  そうそう、この8巻では、ラン・ファが本編初登場しました!   ヴァルはあんまり喋らないし、ダグトは陰気だし、魔道士たちも重苦しく喋るし、 セリフ自体が少ないものだったので、当時は、筆がなかなか進まなかったようです。  そんな中で、ミュミュやラン・ファが、心を和ませたと、あとがきにありました。  自分からは脱出することを考えず、ただ助けを待っているミュミュだけよりも、 自分で道を切り開こうとするラン・ファがいて、話がもったようです。(^^;  そのラン・ファも、幼い頃は、両親と離れ、意外と苦労していたみたいでした。  ですが、ひねくれず、だからこそ、人の痛みがわかる人に。  彼女は、身も心も強く育ったんですね。両親と離れていても、実は絆は深かった?  自分を認めてくれる師匠がいたり、友達がいたりしたからが大きかったかと。  ミュミュも、これまでになかった一面を見せていました。  ケインと組むと、なにかと失敗の多い彼女でしたが、今回は頑張りました。  今後も、成長していってくれるといいです。  えっ? それだけ?   その他の登場人物や注釈です。  魔道士の塔に出て来たドーサーーダグトに伝達をしていた人ーー彼は、以前 トアフ・シティーで、スーちゃんたち黒い騎士団とバトル中に現れ、ヴァルと マリリンちゃんを、ヤミ魔道士だと言って、とっ捕まえようとしていた人です。  覚えてなくても話は通じるので、ご安心ください。  ダグト、始末書を書かされてましたね……。  『心話』の魔法で、ドーサに悪態もついていた。しょうもないです……(^0^;  魔道士の名前というのは、過去にいた魔道士から取ったものだったのですね。  だから、皆、本名は別です。  ダグトの本名『ティエ・ジエン』は、当時はなかったので慌てて考え、『鉄』『強』 から連想しました。  『光の王女』のあとがき(おまけの方)にも書きましたが、ヴァルの本名フェイ・ ロン=飛龍、ラン・ファ=蘭華です。  そして、ここにも出て来た吟遊詩人。謎の人。  正体は、第一部終了(10巻くらい? )にはわかります。  それでは、ここで、なんとなく、ケインを呼んでみましょう。 ケイン「あのー、『なんとなく』で、呼ばないでもらえます? 」※眉間にシワ 作者「いやあ、『あとがきにキャラクター出す』って、予告しちゃって。過去の あとがきにケインが出てたから。でも、今回は、いらなかったかもな〜」 ケイン「ひどくない? 」 作者「まあまあ、現在連載中の作品には、本編にも外伝にも出て来てないので、 久しぶりってことで。主人公だって、忘れられないようにさ! 」 ケイン「この8巻連載中に、新作UPしてたよな? 新作って言っても、『Dragon Sword Saga』より先に出来た話らしいけど。最近、その恋愛コメディー「カクテ ル・バー『J moon』」の方で、俺の素になってるキャラだという『奏汰』を書いて るもんだから、それで満足しちゃって、俺のこと忘れてるのは、作者の方じゃない の? しかも、俺自身が今、記憶喪失(一部)だし。それって、忘れまくりだろ? 」 ※三白眼になって睨む 作者「いやいや、きみのことは、水面下で書いておりますよ〜! ああ、最近は、 止まってるけど」 ケイン「やっぱり、書いてないじゃないか! しかも、水面下って? (>_<)」 作者「大丈夫、本編はこれからだけど、ちゃんとUPするってば! それでは、 あとがきに戻って……。当時、読者になってくれていた友人のひとりが、『少年 ヴァルが食べていた辛いスープが美味そうだ! 』と言って、そこから、勝手に 独自のメニューを考えてくれました。ついでに、それを載せておきます。ああ、 ヴァルの飲んでいたスープ(チゲみたいなのだったかな)とは、違いますので。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆東洋鍋(ラータン鍋)☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ★材料:鶏、豚バラ、野菜、えび、ねりもの(おでんの具、つくね、つみれなど) ★調味料:黒胡椒、鷹の爪、ねぎの青いところ      トリガラスープ、日本酒、ゆずポン酢、ナムプラー、      レモン汁、豆板醤(多め) 《作り方》  大きめの鍋に水を適当に入れ、だし袋に入れた黒胡椒、鷹の爪をと、ねぎの青い ところも一緒に浸し、火にかける。  沸騰したら、肉類、えびを入れる。  材料に火が通ったら、野菜、ねりものなども入れてしまい、あくを取る。  その後、だし袋とねぎは取り出す。  後は、調味料を加えていき、必ず味見をする。  好きな味になったところでやめる。  お好みによって、うどんやおもち、ゆで卵を入れるのもよい。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ケイン「どんな味になるのか、まったく見当付かないんですけど? 」 作者「当時、その友人が材料を入れ、味付けは、作者だからって私がやらされた。 ちなみに、その友人は、料理経験があまりなさそうだったので、味見が怖かった。(^^;」 ケイン「闇鍋!? 」 作者「みたいな(笑)。でも、意外に、美味しかったかと。辛いの好きな人は、豆板醤 で調整してください。当時は、ティースプーン山盛り3杯入れた記録が……。最後は、 作る本人の舌だけが頼りという」 ケイン「無責任なレシピだね。(^0^;」 作者「全体的に、トリガラベースの鍋で、酸味もあり、スープの色は白っぽい茶色で した。友人が勝手に考えるには、ラータンには、赤と白のスープがあり、風を引いた 時などは、赤のスープがいいのだと。上記は、『白のスープ』で」 ケイン「それで、『赤のスープ』は? 」 作者「『赤のスープ』には、トマトとショウガを入れ、調味料は洋風にしたが、 なぜか中華風の味になったらしい」 ケイン「赤いスープのレシピは、……ああ、あった! 白ワインやコンソメ使ってる けど、トリガラスープも使ってて、具材は赤と同じだからか? 」 作者「ですかね? なんか、小説の創作から、そんなことまでしていたようです。 (^∇^;」 ケイン「……腹が減ってたの? 」 作者「かもね(^_^; それでは、本編は、次回9巻に。半分くらいは、外伝2『光の 王女』の前半舞台だったベアトリクス王国の話とか、他の人の話の予定。本編初の、 ベアトリクス編です」 ケイン「ってことは、セルフィス王子が初登場!? 」 作者「そうです! 側付き魔道士ギルシュは、前に、砂漠編で、ちらっと出たか。 本編では謎のベアトリクス、あちらでは、今、どうなっているのでしょうか?  そして、行方不明中の重要人物も登場。『彼』は、今、何をしているのか?  その前に、外伝カイル編『トリック・オア・トリート』の続きも書こうかな」 ケイン「俺の出番が、どんどん遠ざかっていく……」※遠い目になる。 作者「それでは、今後とも、どうぞ、よろしくお願いいたします。(^∇^)/」                                2014.12.31.


アールヌーボーライン 契約羽ペン アールヌーボーライン Indexボタン Backボタン Nextボタン BACKボタン◀BOOK8最終話へ  NEXTボタン▶BOOK9へ  *外伝へはIndexページから