Book8看板 Dragon Sword Saga8 〜Ⅵ.-2〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第8巻『古代の魔法』 ~

剣月青ライン  Ⅵ.『領域の番人』 妖精青アイコン2 ~ 黒い狼ーーダーク・ウルフーー ~  剣月青ライン

「魔力を増強するこのネックレスさえあれば、俺の魔法能力は、お前並みか、それ 以上となる。毒攻撃を受けたお前は、回復に、少々時間がかかる。その間に、俺は、 得意の召喚魔法を、じっくり唱えることが出来るってわけだ。戦っている相手には、 下手に同情なんてするもんじゃねえなあ。なあ、ヴァルドリューズ? 」  ダグトが、笑い声を張り上げた。  毒の攻撃を受け、紫色の混じった血液が、流れ出る脇腹を押さえながら、ヴァルド リューズは、ダグトを見据える。  全快するには、まだ時間がかかる。 「俺は、相手に同情なんてしないんでな。遠慮なく、唱えさせてもらうぜ」  ダグトが言い終わるとともに、ヴァルドリューズは大きく飛び、距離を取った。  ぼやぼやと、ダグトの頭上に、暗雲が立ちこめる。  黒い、邪悪な気配を漂わせる不吉な雲は、膨れ上がると、徐々に、四つ足の獣の ような形を帯びていき、大きなウシほどもある黒い生物へと変化していった。  全身を真っ黒な長い毛に覆われ、獰猛な牙を剥き出し、燃えるような赤くつり上が った目が、らんらんと輝いている。 「黒狼(ダーク・ウルフ)か」  ヴァルドリューズが、呟いた。  ダグトは薄笑いを浮かべた。 「魔界の狼だ。死肉が好きだというのは、ただの伝説であって、本来は、生きた肉の 方を好むようだ。こいつに対する恐怖心だけで、死んでいった人間もいるほどとは、 貴様も知っていよう」  狼の狂犬めいた、血走った目が、ヴァルドリューズを、じっととらえている。 「さあ、行け、ダーク・ウルフ! 存分に、ヤツを甚振(いたぶ)ってくるがいい! 」  ダグトが手を振り上げると同時に、黒狼が駆け出した。  一瞬にして移動し、ヴァルドリューズに食いつこうと牙を突き立てるが、直前に 彼の姿が消え、離れたところに現れる。  だが、狼の数倍も鼻の効くダーク・ウルフは、彼の逃げる方向へ、ひょん、ひょん と、姿を消しては現れながら移動し、獲物を追跡する。 「はっはっはっ! どうしたヴァルドリューズ? 傷はまだ回復しないか? ヤツは、 お前の血の匂いを追って行ったぞ。貴様ですら、その『イヌ』の恐怖の前には、逃げ るしかないのか? 」  ダグトは、満足そうに笑った。 「……ここは、いったい……? 」  痩せて、年老いた執事は、目を覚ました。  館の調理場と思えるところに、給仕と一緒に、縛られているのに気が付く。  丸々と太った給仕の男も目醒め、辺りをきょろきょろと見回した。  調理場の景色は、まったく変わり果てていた。  壁はボロボロに崩れ、天井は吹き飛んでしまったのか、そこは、闇夜の中の廃墟で ある。  辺りは、激しい戦闘の跡となっていた。  二人は、自分たちを縛っている縄を解くと、立ち上がり、ぼう然と立ち尽くした。  ガルルルルル……!   獣の唸り声に振り返ると、二人は悲鳴を上げた。  ヒトよりも大きく、ウシほどもある巨大な黒い狼が、鋭い牙を剥き出し、唾液を 垂らし、恨みのこもったような赤い眼で、二人を見ていたのだった。 「うわああああ! 」  給仕が小さな目を、これ以上開かないほどに見開き、恐怖のあまり逃げ出した。  巨大狼が瞬時にして飛び上がり、丸々太った足に喰わえ付く。 「ギャアアアアアア! 」  給仕は気も狂わんばかりに、叫び続けていた。  狼は、彼の膝の裏を押さえつけると、ふくらはぎに、がぶりと深く牙を食い込ませ、 肉を抉(えぐ)った。  給仕の絶叫が、屋敷を通り越し、森にまで届くほど、鳴り響いた。 「……あ、あわわわ……! 」  執事は、腰を抜かしてしまい、冷静な判断など出来る状態ではなかった。  自分の身を守ることすら思い付かないらしく、ただただ目の前の恐怖に身体が すくんでしまった。  狼は、給仕の片足を食いちぎると、ペタンと座り込んでしまった執事へと、目を 向けた。  『次は、お前がこうなる番だ。逃げるのではないぞ』と脅しているように、執事に は思えた。  給仕は、激痛と恐怖の中を彷徨(さまよ)っていた。  仰向けにされると、黒狼に腹を悔い破られ、自分の内蔵までもが、引っ張り出され、 食われていくのを目の当たりにするはめとなった。  人の体内に、これほどまでの血液が流れていたのかと驚くほど、辺りは錆びたよう な、生臭い血の海となっていた。  狼の口の周りや、鋭い足の爪も、牙も、給仕の血で、赤黒く染まっていく。  給仕は息も絶え絶えに、思わず呟いた。 「……なんで俺が、こんな目に……? こいつは、いったい……」  それが、彼の最期の言葉であった。  狼が、心臓に食いついたのだった。  大柄な男の身体は、あっという間に肉を削られていき、無惨な屍となった。  それを、目を反らすことも出来ずに、見ていた執事は、突然、苦し気に、胸を押さ え、ばたっと倒れた。  狼が、くんくん匂いを嗅ぎながら近寄るが、執事は、ピクリとも動かない。  恐怖のあまり、心臓が停止し、そのまま息絶えてしまったのだった。  死んだ人間には興味がない狼は、給仕の剥き出した骨をバキンと折り、二本の前足 で抱えて、しゃぶり出した。あたかも、食後のデザートのように。 「ちっ、ヴァルドリューズよりも、美味そうなヤツを見付けちまったか」  現れたダグトが、舌打ちする。それほど、悔やんだ様子はなく、むしろ、満足気に、 ダーク・ウルフを眺めていた。 「ダーク・ウルフ、もういいだろう。早く、空間に逃げ込んだヴァルドリューズを 探せ! 」  ダグトが、すーっと、ウルフの目の前に降り、腕を組んで見下ろす。  ウルフは、ピクッと耳を立て、気配を探っている。  そのうち「ウウウ……! 」と唸り声を出して、宙へ飛び上がり、姿を消した。 「ヤツは空間も自由に行き来出来る。逃げても無駄だぞ、ヴァルドリューズ。ヤツは お前を食うまで追うのを諦めないハイエナだ。フハハハハハハ! 」  ダグトが高笑いしていたその時、 「ギャン! 」  奇妙な悲鳴とともに、気配を感じたダグトの顔色が、さっと変わった。 「……くっ! 」  ダグトはマントに身を包むと、素早く飛んで移動した。  そこへは、何もない空間から、黒い塊が、ぼたっと落ちたのだった。 「ギャワワワアアアン! 」  それは、銀色の炎に全身を焼かれている、黒い巨大狼であった。  その背後に、ヴァルドリューズが姿を現し、何の感情も浮かんではいない瞳で、 静かに見下ろしていた。  狼は悶え苦しみ、地面でのたうち回るが、炎を消すことも、振り払うことも出来ず に、しばらくすると、炎ごと、シュボンと消滅してしまったのだった。  ダグトが、ギリギリと奥歯を噛む。 「貴様……! 」  ヴァルドリューズは平然と、ダグトを見る。 「私がグルーヌ・ルーの知識を得て編み出した銀の炎は、闇の使者を容赦なく、 焼き尽くす。魔界の生き物を召喚しても、私には効かぬ」  全快した彼は、もう脇を押さえてはいない。  ダグトは悔しさに、奥歯が割れるほど噛み締めていた。 (やはり、こいつを倒すには、ただの召喚魔法じゃだめた! 古代魔法しか……! )  だが、実のところ、ダグトも古代魔法のことを、詳しく知るわけではなかった。  白いゴーレムを呼び出すことは出来たが、それが、もともとは、何のためのものか、 魔道士の塔でもわかってはいない。  だが、彼は、白いゴーレムを召喚することが出来た。出来てしまったため、古代 魔法を使う特権を授かったようにも思っている。  未知の領域ではあったが、どんな結果になろうと、彼は、この魔法で、ヴァルド リューズを倒す以外はないと思った。  ダグトは目を閉じ、精神を集中させた。  ヴァルドリューズの方も、彼がいよいよ古代魔法を使うことは予想でき、その様子 をじっと見据える。  戦い始めは、ダグトに古代魔法の呪文を唱えさせないよう、絶え間ない攻撃を仕掛 けていたヴァルドリューズでもあったが、彼も、自分の回復と銀の炎の攻撃で、魔力 を消耗している。  吟遊詩人から授かった、彼の髪で作られたブレスレットが、古代魔法からヴァルド リューズを守っていたことを頼りに、ダグトが召喚する間の僅かな時間であっても、 自分の魔力の回復に当てようと判断したようであった。  呪文を唱え終えたダグトが、叫ぶ。 「出(い)でよ、ホワイト・シャドウよ! 」  ダグトの姿が、ゆらっと、蜃気楼のように揺れた。彼の前に、透明の物体が出現 したとわかる。  白いゴーレムではなかった。  透明のものは、ゆらゆらと動いていたが、そのうち、白い半透明の布のように、 一纏(ひとまと)まりになり、ひらひらと舞う。それが実態であるようだ。  古代の魔法は、やはり、ヴァルドリューズのように、魔物と戦ってきた者でも、 目にしたことのないものだった。  ダグトは、白い大きな霧の集合体を、ヴァルドリューズに向かわせた。  白い霧は、ヴァルドリューズを包む。  手で払おうと、呪文を使おうと、追い払うことは出来ない。  だが、ヴァルドリューズの左手首にはめたブレスレットのせいか、霧の方も、完全 に、彼のことを飲み込むことはなく、戸惑うよいに、周りをうろうろしているだけだ った。 「ちっ。やっぱり、効かねえか」  ダグトが、憎々し気に舌打ちし、別の魔法を唱える。  白いゴーレム、白い霧を始め、白くても魔物めいたものが、次々とヴァルドリュー ズを襲う。  が、はやり、効果は同じだった。 (ちくしょう! どうあっても、俺には、貴様を倒すことは、出来ないのか!? )  ダグトの心の中には、再び、焦りや悔しさが渦巻いてきていた。  一方、ヴァルドリューズの方は、ダグトの攻撃の中にあっても、ブレスレットに 守られながら、古代魔法とは、そして、その古代魔法を躱してしまう、あの吟遊詩人 の正体とは何か、を考えていた。  人間ではないと、彼は言っていた。  それでは、古代魔法は、人間ではないものには、効果がないのか?   周りに漂っている、古代魔法によって召喚されたものたちは、魔界から呼び出され たものたちと違い、邪悪な気配が感じられない。魔の世界に引きずり込もうという 情念が感じられないからこそ、恐怖感も、また違ったものとなる。  この白いものたちには、異物を追い払おうとする念は感じられても、相手の滅亡 までは、望んではいないように思える。  ヴァルドリューズには、ただそのように感じられた。  そして、吟遊詩人ーー  吟遊詩人を名乗るわりには、吟遊詩人とは程遠い身なりであった。  華奢で、中性的な雰囲気をまとう男、薄い衣をはおり、茶色の皮紐を巻き付けた サンダルを履いていた。  マリスの話にも聞いたことがあった。獣神サンダガーが、彼女の意識の中に現れる 時に、そのようなスタイルであったと。  人間からすると、言い伝えにある、神話に登場する神々のイメージだったが、 どことなく、ミュミュの衣とも共通しているようにも見えた。  彼の記憶では、妖精、特に、ニンフは、人間と共存することもあるが、時には、 神とも接点がある。限りなく、神話に近い話であったが。  彼は、吟遊詩人を、神か、その一種ーーそのような類のものだろうと、仮定した。  そのなりからだけではなく、彼の使う回復魔法も、普通の白魔法とは違う感触で あり、もしかしたら、自分たちの使う魔法と、原理が違うのかも知れないと考えた からであった。  ダグトは、使える古代魔法は、ほとんど試してみたものの、一向に、ヴァルドリュ ーズに効く様子はない。  焦った彼は、最後の手段として取っておいた、四つ目の魔法に、挑戦するしかなく なった。  それは、魔道士の塔も解読途中のものであり、まだあやふやな部分が多い。召喚 魔法であるのか、攻撃魔法であるのかも、わからない。ダグト本人も、試したことの ない魔法であった。 「だが、やるしかあるまい。ヤツを倒すには……! 」  ダグトは、覚悟を決めると、呪文を唱える。  ヴァルドリューズの冷静な瞳が、じっと見据えている。  呪文を唱えるダグトの周りに、透明な風が起こった。  それが、徐々に勢いを増していき、規模も膨張していく。  はっと、ダグトの目が見開かれた。 「……おかしい。今までと、何かが違う!? 」  困惑したダグトの表情を、吹き荒れる風の中から、垣間見たヴァルドリューズの 目が、細められる。  風は、ダグトの周りだけでなく、範囲を広げ、巻き込み、ぐるぐると舞っている。  葉や木の枝、崩れた壁の破片なども舞い上がっていった。 「……う、……うわあああ! 」  とうとうダグトの身体までもが、宙に舞い上げられた。  ダグトは、完全に術の制御が出来なくなっていた。  ヴァルドリューズは、一瞬考えてから、飛び上がり、ダグトを包む風の中へ、 突入していった。


剣月緑ライン剣月緑ライン剣月緑ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン