Book8看板 Dragon Sword Saga8 〜Ⅲ.-1〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第8巻『古代の魔法』 ~

剣月青ライン  Ⅲ.『廃墟のアジト』 妖精青アイコン1 ~ 人質生活 ~  剣月青ライン

「お食事の時間です」  生気のない、ミイラのように痩せこけた老人が、呼び鈴を鳴らして告げた。  食事と聞いて、ミュミュの表情が、パッと華やいだが、老人は付け加えた。 「お食事は、ラン・ファ様の分しか、ございません」  途端に、がっかりして、ミュミュはうなだれた。 「私の分をわけてあげるわ。ミュミュちゃん、一緒に行きましょう」  ダグトに背中の羽をむしり取られてしまった妖精は、飛ぶことも出来ないので、 ラン・ファに手伝ってもらいながら、嬉しそうに、彼女の肩に乗った。  さびれた廊下を、老人の後をついて進んでいくと、灯りのもれた部屋に着く。  部屋には、既に、ダグトが来ていた。  ラン・ファの豪華な部屋とはほど遠く、そこは何の飾りもなく、ただ長いテーブル がひとつあるだけだった。  テーブルの上には、ダグト用の燭台、距離を隔てて向かい側には、ラン・ファ用に もう一台、燭台が置いてある。  長いテーブルの端と端に、向かい合って、ダグトとラン・ファが食事を始める。  ダグトの皿には、ごく少量の食べ物しかなかった。代わりに、小さな飴のような、 黒い錠剤が、杯に数粒あった。  魔道士の中には食事を摂らず、栄養分や魔力を高める効果のある、このような錠剤 で済ませてしまう者も多い。魔法道具を扱う正規の魔導士協会でも、売られていた。  そして、その横にある杯には、魔道士が飲むのを許された唯一の酒、薄めのカシス 酒が注がれていた。  比べて、ラン・ファの食事は、豪勢なものであった。  トリを丸ごと香草で焼いたもの、いろいろな果物や木の実をふんだんに使った サラダ、黄金豆のスープなど、まるで、貴族の食卓のようであった。 「すごぉ〜い! こんなにすごい食べ物、ミュミュ、アストーレに行った時以来だ よー! 」  ミュミュは目をきらきらさせて、テーブルの上を、ちょろちょろと歩き回り、皿の 中のものを覗き込んでいた。 「ちっ。まったく下品な妖精だ。それは、ラン・ファのために作らせた食事だ。お前 の分はないと、何度言えばわかるのだ」  ダグトが睨む。  ミュミュは、びくびくと恐れをなして、ラン・ファの腕の後ろに隠れてしまった。 「毎日毎日、こんな豪勢な食事をさせられ続けたら、ブタになっちゃうわ。私を太ら せる気? ミュミュちゃん、良かったら食べて」  ラン・ファはダグトに軽く悪態をつくと、ミュミュにも食べ易いように、肉や野菜 を切り分けた。  彼女に勧められるまま、ミュミュは、そろそろと食べ物に手を伸ばすが、やはり、 ダグトを恐れているのか、視線を気にしながら、テーブルの上の、ラン・ファの胸元 近くで脚を伸ばして座り、遠慮しがちに食べ始めた。 「おいしい? 」  ラン・ファが尋ねる。 「うん、おいしい! 」  ミュミュが答えると、ラン・ファは、にっこり微笑んだ。  この三日間は、常に、このような調子であった。  ラン・ファについていこうとする度に、ミュミュは追い払われそうになるのだが、 そんな時は、決まってラン・ファが助けるので、ミュミュはラン・ファの行くところ には、どこにでもくっついてまわり、そのおかげで、食事にも入浴にも与(あずか)る ことができたのだった。  始めのうちは、邪険にしていたダグトも、自分には決して見せることのないラン・ ファのやさしい笑顔が、垣間見られることから、ミュミュがそこにいることも、 さほど悪くはないと思うようになっていったのだが、根がひねくれていたため、常に ミュミュに意地悪をしてしまうのは、仕方がなかった。  ミュミュの方も、この三日間、ダグトや外のモンスターたちに怯えながらも、楽し く過ごしていた。  異次元に飛ばされてしまった、ヴァルドリューズのことも気がかりではあったが、 きっとなんとかしてくれるだろうと、彼を信じてもいれば、時々淋しくなることが あっても、ラン・ファが慰めてくれ、それまで旅したいろいろな国のことや、東洋に 伝わる子供向けの物語など、ミュミュの知らない珍しい話をして、楽しませてくれた ので、ミュミュはすぐにラン・ファが大好きになったのだった。 「ミュミュちゃんは、中原のアストーレにも、行ったことがあるの? 」  ラン・ファが尋ねると、ミュミュは、嬉しそうな顔になった。 「うん! ちょうどお祭りやってたんだよー。カイルと一緒に見に行ったんだけど、 町娘がワラワラいっぱい寄ってきて、カイルは、そっちと遊びに行っちゃったから、 ミュミュね、つまんなくなっちゃって、ひとりでプラプラしてたの。そしたらね、 ケインとクレアがデートしててね、ネックレスを買ってあげてたから、ミュミュにも ちょうだいって言って、アンクレット買ってもらったのー」  ミュミュは、左の足首にはめた、人間の小指用に作られた、銀色の指輪を、自慢げ に指さしてみせた。 「素敵じゃない! いいものをもらって、良かったわね」  ラン・ファが微笑む。 「ほしい? 」 「あら、ミュミュちゃんが、ケインくんからもらった大事なものなんでしょう?  私がもらうわけには、いかないわ」  ミュミュは首を横に振った。 「別にいいよ」 「でも、ミュミュちゃんは、ケインくんにとって、大事なヒトなんじゃなかったの?  この間、そう言ってたじゃない? 」 「でもね、それはね、ミュミュが妖精だから。妖精は、勇者に付くものなんだって。 ミュミュ、ケインのことも好きだけど、一番好きなのは、ヴァルのおにいちゃん! 」 「まあ! そうだったの? 」  ラン・ファが驚いてみせた。  すると、いきなりダグトが音を立てて椅子から立ったので、ミュミュがびっくり して、ラン・ファの胸の中に駆け込んでしまった。  ダグトは、ぎらぎらした目で、ミュミュを睨んでいたが、何も言わなかった。 「どうしたのよ、ダグト? いきなり立ち上がったりして。ミュミュちゃんが怖がっ ちゃったじゃないの」  何事もなかったように、そのまま食事を続けるラン・ファをも、じろりと睨む。  ダグトは、三日前に消息を絶ったヴァルドリューズの行方を、未だ見つけられない でいることに、苛立っていた。その時、彼をさかさまの森から連れ出した、謎の少年 にもである。  この休養期間中に見つけられなかったのは、かなり手痛いことであった。  予定では、とうにヴァルドリューズを倒してしまっていたはずなのだから。  今日から、またしばらくは魔道士の塔に勤務しなければならず、そうなると、これ までのようにヴァルドリューズの探索には、なかなか時間を割いてはいられないのだ った。 「くだらないことばっかりペラペラ喋りやがって、このうるさいお喋りなチビが!  見ろ、もう時間になってしまったじゃないか! 」  ダグトは、ひとりで腹を立てて、部屋を出ていった。  執事の痩せた老人が、出口まで見送りについて行くが、その老人にまで怒鳴り散ら している声が、ドア越しに聞こえてきていた。 「……ふ、ふ、……ふえ〜ん! 」  ミュミュが泣き出した。 「よしよし。怖かったわよね。可哀想に」  ラン・ファは服の中に隠れているミュミュを手に乗せ、やさしく撫でた。 「多分、あいつは、ヴァルドリューズを見つけられなくて、イライラしてるんだと 思うわ。それに、しばらくは、魔道士の塔に通う日が続くわ。それは、こっちに とって好都合よ」 「う、……うん、うん」  ミュミュは泣き止み、ラン・ファに何度も頷いた。 「給仕と執事は魔物じゃなくて、普通の人間を、ダグトが魔法で洗脳したの。多分、 普通の黒魔法で。給仕は二日に一回買い出しに、町まで行くから、その時がチャンス よ。脱出の下準備が出来るかも」  ラン・ファの予想通り、給仕のまるまる太った、執事とは正反対の男が、館を出て 行くのが窓から見えた。  ラン・ファは部屋を出ると、調理室を通り抜け、忍び足で回廊に出た。ミュミュは、 ラン・ファの肩の上に、ちょこんと座っている。 『確か、そこの部屋だったわ、以前、首飾りがしまってあったのは。もう少しという ところで、ダグトに見つかってしまったけど』  ラン・ファは、ミュミュにしか聞こえないよう、黒魔法の『心話』で話しかけた。  昼の間は、差し込む光によって、館の中も、多少は明るい。銅でできた数ある扉に は、それぞれ違った模様が刻印されていた。  冠の柄が彫られた扉の鍵穴から、ラン・ファが室内を覗いてみる。  古びた椅子の上に、無造作に、布がかけられ、ちょっとした装飾の小箱が置かれて いる。小箱からは、連なった青い石が、はみ出していた。  ラン・ファは、その青い石を見つめると、部屋から離れ、今度は、水瓶の柄の部屋 を覗く。  呪術道具がいくつか並べられ、奥の壁には、赤い玉石と装飾のある剣が、立て掛け られていた。  その後、何事もなかったような顔で回廊を進み、再び調理室を通って、ラン・ファ は、自分の部屋へ戻っていった。 「見たでしょう、ミュミュちゃん。冠の部屋の宝石箱には、私のネックレスが、水瓶 の部屋には、剣があるのよ」 「うん。ミュミュも見たよ」  ラン・ファは、少し真面目な顔になって、ささやいた。 「あの二つさえあれば、ミュミュちゃんの羽が治らないうちでも、なんとかここを 脱出できるわ」 「じゃあ、今、取りに行くの? 」 「いいえ、まだだめだわ。あの二つの部屋の扉には、ダグトの結界が張ってあるの。 触れただけで、探知されちゃうわ」  ダグトと聞いて、ミュミュは、ぶるっと身体を震わせた。 「じゃあ、どうすればいいの? 」 「それはね……」  ラン・ファが言いかけた時であった。 「ラン・ファ様、湯浴みの支度が整いました」  執事の声が、部屋の外から聞こえる。 「まったく、朝と夜に湯浴みなんて……。優遇してくれるのは有り難いけど、なんか 押し付けがましくてね。ダグト本人も、一日二回も湯浴みをするのよ。あの潔癖性に は、時々うんざりしちゃう」  ラン・ファが本当にうんざりした顔で、ミュミュに肩をすくめてみせた。 「その割りには、このおうち、古くて汚いよね。さっきの宝物のお部屋とか、ろうか とかには、クモの巣だってあったし。おねえちゃんの部屋と、ごはん食べるところと、 お風呂は綺麗なのにね」  ミュミュが執事に聞こえないよう、ラン・ファの耳元で、こっそり言った。  ラン・ファも、こっそり、ミュミュの耳に返した。 「ここは単なる廃墟だったんだと思うわ。モンスターのいる森の近くに住むなんて、 普通はイヤよね? この館は、あいつの病んだ精神の現れなのよ。だから、ボロボロ なの」 「きゃははは! 」  ミュミュは腹を抱えて笑っていた。  執事は振り返りもせずに、そのままゆっくりと浴室へと、二人を案内していった。


剣月緑ライン剣月緑ライン剣月緑ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン