Book8看板 Dragon Sword Saga8 〜Ⅱ.-2〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第8巻『古代の魔法』 ~

剣月青ライン  Ⅱ.『さかさまの森』 妖精青アイコン2 ~ 白いゴーレム ~  剣月青ライン

 さかさまの森の住民たちは、唐突なモンスターの襲来に戸惑い、混乱し、逃げ回っ ていた。  どれほどヴァルドリューズが、素早くモンスターを消し去ろうと、どこからとも なく湧いてくるため、きりがなかった。 「一体、どうしたことだね!? この森では、迷い込んだ人間どもが、勝手に死んで ゆくことはあっても、それ以外は平和だった。それが、どうして、いきなり別の次元 に棲むこんなモンスターどもが、現れるんだい!? 」  ヴァルドリューズの側を飛び回っている逆さコウモリが喚く。 「おそらく、ダグトの仕業だ」  抑揚のない口調で、ヴァルドリューズが答える。  その間にも、黒いオオトカゲを数頭倒し、次のモンスターへと光速で向かう。 「ダグトって……、ああ、そう言えば、ひとりだけ、ここを行き来できる人間がいた のを思い出したよ! そいつのことかい? 」 「おそらく」 「あの人間は特殊だよ。なにか、護符(アミュレット)のようなものを持っているの かも知れないね! 」  コウモリは、一声鳴いてから続けた。 「そいつが、いったい、なんだって、この森に、モンスターを仕向けたんだい?  ワシらは、あやつには、なんにもしてないじゃないか」 「お前たちにというよりも、ヤツの狙いは、この私だ。このように、モンスターを 仕掛けて、私の魔力を減らそうというのだろう」 「ギエーッ! 」  背後から、コウモリにかじりついた、鋭い牙を持つ魔ガラスを、ヴァルドリューズ の放った光線が、撃ち落とす。 「ああ、あんた、助かったよ! 」  礼を言うコウモリには見向きもせず、ヴァルドリューズは、モンスター退治を続け た。 「なあ、あんた、そのダグトってやつが、あんたの魔力を減らすために、こんなこと をしてるんだとしら、あんた、それがわかってて、なんでわざわざ、こんな魔力を 消耗させるようなことをしてんのさ? 」  コウモリは、ヴァルドリューズの速度に、なんとか遅れをとらないよう、ついて いく。 「奴は、私が『ここ』から抜け出せない限り、このようにモンスターを送り続ける ことだろう。残念ながら、今はまだ抜け出す方法は見つからない。魔力が消耗するの がわかっていても、私が原因で、本来関係のないここの住民が巻き込まれ、虐殺され るのを、黙って見ているわけにはいかないだろう」  ダグトは、きっと、自分を弱らせてから、強力なモンスターを送り込んでくるに 違いない。そして、とどめは、対抗呪文のない、古代魔法とやらをぶつけてくるのだ ろう。  そう推測する彼であったが、何の感情も現れていない表情で、ひたすらモンスター たちを消滅させていった。 「相変わらず、涼し気な顔しやがって」  ふん、とダグトは、鼻で笑った。  水晶球には、さかさまの森でモンスターを次々と倒していくヴァルドリューズが 映っていた。 「奴の呪文の発動の速さからすると、唱えなくともできる魔法は、かなり多い。悔し いが、それは、俺以上かも知れない」  暗闇の中で、水晶球に近付くダグトの顔が、青白く照らされる。 「だが、貴様は、俺には勝てん。勝てぬのだ! 」  ダグトが球を囲む仕草をし、呪文を唱え終えてから、言った。 「白き古代のゴーレムよ、さかさまの森へ、向かうがいい」  水晶球全体が、白く光った。  ダグトの小さな笑いは、大きく、豪快な笑いへと転じていった。  さかさまの森は、燃えていた。モンスターの吐く炎によって。  ヴァルドリューズは火を消しながら、湧き、溢れる魔物を、消滅させる。  その近くには、逆さまのコウモリが、ずっとついてきていた。 「まったく、キリがないね! 」  コウモリが喚く。  ヴァルドリューズは冷静な表情のまま、モンスターを攻撃し続ける。 「ダグトが何か送ってくるとすれば、そろそろだろう」 「なんで、そんなことが、わかるんだい? 」 「奴とは、付き合いが長いのでな」  ヴァルドリューズの目の前のモンスターが燃え、消滅すると、前方に景色の歪みが 起こった。  布を中央でひねり、よじれたところから、割れたガラスを通して見たように、 向こう側の景色は歪んで見える。  そのようにして起こった空間のひずみから、透明の風が吹き込むと、それが徐々に、 倍ほどもある人間の形を帯びていった。 (やはり、古代魔法で来たか)  碧い、切れ長の瞳は、細められた。 (一か八か、試してみるか)  ヴァルドリューズは、すでに呪文を唱えていた。  前方にいる透明な物体は、彼の予測通りの白いゴーレムへと、変貌していく。 「うわあ! 今までと違うヤツが出て来たよ! 」  コウモリが、ギャーギャー叫びながら言った。  ゴーレムの動き出すのと、彼の呪文の発動は、同時だった。  突き出された彼のてのひらからは、銀色の炎が噴き出した。  それは、彼が、魔神グルーヌ・ルーの知識を得て編み出した、邪悪なものに致命傷 を与える力を持つ、銀の炎ーーシルバー・フレアーーであった。 「グウウウウ……! 」  銀の炎の衝撃に押し出されたゴーレムが、呻き声のようなものを上げるが、炎は、 ゴーレムの身体を素通りしてしまったように、白い怪物には、穴ひとつ開いてはいな いのだった。 (効かぬか……! )  普通の人間であれば、この場合、舌打ちや、落胆などの反応を見せるところだった が、例の如く、彼の表情は、一向に変わってはいない。  ゴーレムは、彼に向かい、走り出した。  石で出来た人形の見た目からは、想像もつかないほど、素早い動きだ。  ふいっと、ヴァルドリューズが移動し、ゴーレムとは離れたところに現れる。  ゴーレムは方向を変えるが、捕まえる寸前で、彼の姿は移動するのだった。 「あ、あんた、どこに行くんだね!? 」  コウモリが必死に付いて行こうと、翼をばさばさ言わせているが、 「ついて来るな」  ヴァルドリューズの返事に、その場に留まり、どうしていいかわからず、おたおた としていた。  もっとも被害の少なそうな場所を、探りながら、ゴーレムを自分に引き付けている ヴァルドリューズの姿は、すぐにコウモリの視界から消えた。 「ふふん、そうやって、少しでも時間を稼ぎ、対策を練ってるってわけか。体力と 魔力の消耗を早めるだけだというのに」  暗闇で水晶球を覗き込む、青白い顔は、にやにや笑っていた。 「お前の黒魔法は、そのゴーレムには効かんのだ。それがわかった時でも、そんな 涼しい顔は、していられるか? 」  ダグトの脳裏には、故郷にあるラータン・マオの宮廷が、浮かんだ。  宮廷魔道士たちが、一丸となって、ヴァルドリューズを襲った時、彼は、まったく の無抵抗であった。 「あの時ですら、お前は、苦しさに悶(もだ)えたりはしなかった。死を覚悟した、 安らかな表情さえ、見せていた」  ダグトは奥歯を噛み締めると、再び、水晶球を見る。 「俺は、そんなものが見たいわけではない。ただでは殺さん。お前には、人としての 尊厳など、最後まで与えぬわ! 」  残忍な輝きを放つ瞳が、暗がりの部屋の中で、鋭く光った。  さかさまの住民のいない場所へ来たものの、ゴーレムの攻撃を防ぐ手立ては、 ヴァルドリューズにはなかった。  ただひたすらよけているのみである。 (呪文が効かないとなると、後は、グルーヌ・ルーを召喚するしか……! )  それは、最も危険な方法であった。  彼が、これまで魔神を召喚したのは、知識を得るのみであった。魔神そのものを 召喚し、暴走させずに、思い通りに操ることは、誰にも不可能であった。  ふいに、ゴーレムの姿が消えた。  ヴァルドリューズが気配を察し、よけた時には、遅かった。  ゴーレムの石の腕に、がっしりと捕まっていた。 「くっ……! 」  碧い瞳が、僅かに歪む。  冷たい石の腕が、ヴァルドリューズの身体をしめつける。  骨が軋むのを感じる。  だが、どの呪文も、ゴーレムには効き目がない。  ましてや、力でかなうわけはなく、振り解こうにも、びくともしない。  ごきん、と軋みを上げていた、どこかの骨が、とうとう折れた。  さすがに、ヴァルドリューズの瞳が、僅かに苦痛に歪む。額からは、冷や汗が流れ 出した。  さっそく回復を試みるが、不思議なことに、自分にかけた回復呪文すら効かない。 (ゴーレムによる傷さえも、回復不可能か)  もう手立てはない。  危険ではあるが、魔神を召喚するしかない。  そうヴァルドリューズが覚悟した時であった。 「それは、やめた方がいい」  どこからか、声が聞こえて来たと思うと、しめつけていた石の腕の感触が、急激に 解け、彼の身体は、どさっと地面に落ちた。  苦痛の中、片方の目だけで、辺りを見回すと、ゴーレムが離れたところに見える。  いったい何が起こったのか。  魔神を召喚してはいない。それどころか、何の呪文も唱えては、いないはずであっ た。  ヴァルドリューズにはわからなかった。それは、ゴーレム自身もそうであったのか、 瞬時に逃がしてしまった獲物を探しているのか、戸惑った様子が見えた。  起き上がろうとするが、身体が言うことをきかない。  やがで、ゴーレムが離れた地面に横たわるヴァルドリューズを見付け、喰らいつく ような勢いで迫る。  次は、このように運良く逃げられる気はしなかったヴァルドリューズが、覚悟を 決めた時だった。  ゴーレムの動きが止まった。  ヴァルドリューズとゴーレムとの間に、何かが突然現れたのだった。  白い衣を羽織った、華奢な男だった。  男というには、語弊(ごへい)があるほど、艶(なまめ)かしい姿だ。  ヴァルドリューズの聞いた声は、この人物だと、彼は直感した。  肩まで伸ばした薄い茶色の髪と同じ色の瞳が、ゴーレムに、にやりと笑いかけた。 「おや、この僕を攻撃しようというのかい? お前ごときが、そんなことしていいの か? 」  まだ二〇歳にも満たないほどに見えるその少年は、腕を組み、石の人形を見据えた。  ゴーレムは、戸惑った様子を見せていたが、突き出した両腕をだらりと下げ、動か なくなった。 「さ、お前には、用はないよ。もうお帰り」  少年がそう言うと、ゴーレムの姿は、ぼやぼやと消えていき、完全に景色の中に 溶け込んでしまった。  少年は、即座にヴァルドリューズを抱えると、一瞬にして消えた。 「畜生(ちくしょう)! もう少しというところで……! いったい、何者なんだ、 あいつは! 」  水晶球を覗いていたダグトは、怒りをあらわにして喚いた。 「俺の呼び出したゴーレムを、簡単に引っ込めやがった! 魔道士の塔には、あんな ヤツはいなかったはずだ。おのれ……、どこの魔道士だ!? 」  ダグトは、悔しさに、思わず拳を握り締め、地団駄を踏んだ。


草ライン草ライン

 空間を渡り、ヴァルドリューズと少年は、とある野原に来ていた。 「……お前は……」 「シッ、喋らないで」  呻くように尋ねたヴァルドリューズを、少年は草むらに横たえると、てのひらを 向けた。  白っぽい穏やかな光線が、ヴァルドリューズの身体全体に行き渡る。 (回復魔法とは、少し違う……? )  しばらくすると、ヴァルドリューズの身体は、もとの通りに復活していた。 「危ないところだったね。間に合って、良かったよ」  少年は、にっこり笑った。  ゆっくり起き上がると、ヴァルドリューズは、改めて、彼を見た。  年の頃は、十五、六であろうか。白く透き通る肌に、チェリー色の唇、薄茶色 (ライトブラウン)の髪ーーどれを取っても、全体の色素が薄く、身体付きも華奢で ある。  一緒に旅をしてきたマリスと、なんとなく似た、中性的な感じもある。  だが、マリスの方は、王女であった割りには、もう少し頑丈そうに見え、彼と並べ れば、マリスの方が、よほど強そうに見えてしまうほどだと、ヴァルドリューズは 思った。 「お前は、何者だ? 」 「きみの味方だよ」  そのいたずらっぽい中にも、少々コケティッシュな趣のある微笑み方も、彼には、 マリスを連想させた。 「あのゴーレムは、古代魔法によるものだった。現在の魔道では対抗するすべはまだ 見つからないと聞いていたが、なぜお前には、封じることが出来たのだ? 」  少年は、ひょいっと、近くの岩に腰かけて、足を組んだ。 「『古代から呼び覚まされたもの』だったからこそ、あのゴーレムには、僕のオーラ がはっきりとわかった、とも言えるね。わかれば、ゴーレムは、僕には逆らえない。 彼には、自分を召喚した主人よりも、僕の存在の方が大きかったんだよ。なぜか、 わかるかい? 」  少年は、人差し指を立て、真顔になった。 「僕はね、……人間じゃないんだよ」  ヴァルドリューズの表情は、特には、変わらなかった。 「あれ? 今、僕、とっても重大なことを打ち明けたんだけど、……全然驚いてない んだね? 」  拍子抜けした少年は、まばたきをした。 「さかさまの森から他の次元に移動する抗体を、人間は持ち合わせてはいないと聞い ていたのでな」  ヴァルドリューズの口調は、普段の抑揚のないものだった。 「そ、それにしたってさ、もうちょっと驚いてもいいんじゃない? だって、人間 じゃないってことはさ、いろんなことが考えられるじゃないか。ああ、かと言って、 魔族じゃないからね」  少々プライドが傷付いたのか、幾分、少年はむきになっていた。対するヴァルド リューズは、冷静なままであった。 「この世には、人間の形をしてはいても、そうでないものも多い。私の周りには、 妖精や、魔界の王子もいたのでな」 「そっか。それじゃあ、僕のことも、そんなに不思議ではなかったんだね」  女性的な少年は、改めて、ヴァルドリューズを見直した。 「実はね、きみに、お願いがあるんだよ」 「聞いている暇はない」  にべもなく断られた少年が、苦笑する。 「ずいぶんなことを言うねえ。僕は今、きみの命を助けてあげたんだよ? その命の 恩人の頼みが、きけないって言うのかい? 」 「悪いが、そういうことだ。助けてもらったことには、感謝はしているが」 「感謝しているようには見えないなぁ」  少年は、からかうような瞳を向け、岩の上で、脚をぶらぶらさせた。 「とっても困っている人たちが、いるんだけどなぁ。きみなら、そんなに時間は かからないと思うんだけど、ダメかなぁ」 「だめだ。悪いが、他を当たってくれ」 「そんな……聞くだけ聞いてくれたって、いいじゃないか」 「本当に時間が惜しいのだ。どうしてもというなら、私の方の用事が済んでからに してもらいたい」  少年は肩をすくめた。 「そんなに急がなくても、あの妖精のお嬢ちゃんは大丈夫だよ。とって喰われたり なんかしないってば」  ぎらり、と静かに、ヴァルドリューズの目が光った。 「そんな怖い顔しないでよ。僕は、何でも知ってるんだってば。だから、僕の頼み さえ聞いてくれれば、あのとらわれの妖精のいる場所まで、連れていってあげるから さぁ」  ヴァルドリューズの瞳が油断なく、少年を見つめる。 「まだ僕を信用しないの? しょうがないなぁ」  少年は、ぴょんと岩から降り、真面目な表情になった。 「今言ったことは本当だよ。すべての魔力を支配する神ジャスティニアスの名におい て、誓うよ」 「……!? 」  ヴァルドリューズの瞳が、見開かれた。  彼なりにも、衝撃を受けたようであった。


剣月緑ライン剣月緑ライン剣月緑ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン