Book8看板 Dragon Sword Saga8 〜Ⅱ.-1〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第8巻『古代の魔法』 ~

剣月青ライン  Ⅱ.『さかさまの森』 妖精青アイコン1 ~ さかさまの民 ~  剣月青ライン

 ダグトは空間を渡っていた。してやったり、という笑みを浮かべて。  懐から、取り出したのは、丸い結界の中に閉じ込めた妖精であった。 「ヴァルドリューズのヤツは、別の次元に飛ばしてやった。それくらいでは、死には しないだろうが、二度と抜け出すことの出来ないところにだ。安心したか? 」  意地の悪い男の声に、中の妖精は、噛み付くように捲(まく)し立てるが、声はもれ ていない。  ダグトは妖精を再び懐に入れ、飛ぶ速度を上げた。  それから、降り立ったのは、ある暗い建物の中であった。  重々しい鉄の扉を開け、カビ臭い回廊を通っていく。  まるで、廃墟の中だ。  数ある扉が、回廊の両側に並ぶ。  奥に、うっすらと、灯りがこぼれている部屋があった。  その部屋に入り、扉を閉める。  部屋の入り口には何もないが、さびれた館からは想像もつかないほど、そこは、 綺麗に整えられた、まるで貴族の住む部屋であった。  再び、懐から、妖精の入った球を取り出す。  指を鳴らすと、妖精を囲んでいた膜は消えた。  ミュミュは、きょろきょろと辺りを見渡した。 「……ここ、どこ? 」  か細い声で、尋ねる。 「俺の屋敷だ。貴様は、ここで暮らすのだ」 「暮らす……って? 」 「ヴァルドリューズが生きてあの次元から出ることは、容易ではない。しばらくは、 ここで暮らせ。永遠に……かも知れぬがな」  くっくっくっと笑いを押し殺すダグトを、ミュミュが、キッと睨みつける。 「だっ、だれが、あんたみたいな悪い魔道士なんかと、一緒に住むもんか!  バカッ! 変態! ロリコン! 」  あらゆる罵詈雑言で罵倒するミュミュを無視し、ダグトが、いきなりミュミュの 背にある羽を、二つとも掴んだ。 「なっ、なにするのっ!? 放してー! 」  じたばた暴れるミュミュの身体を、ダグトは、もう片方の手で捕まえる。  彼の手は、何のためらいもなく、掴んでいたミュミュの羽を引きちぎった。 「ぎゃーっ! 」  ミュミュが泣き叫んだ。 「痛いじゃないのさーっ! いきなり、なにすんのーっ! 」 「これで、空間を渡ることは出来まい」  じろっと一睨みひたダグトは、ミュミュを鷲掴(わしづか)みのまま、部屋の奥へ ずかずかと進んでいくが、掴まれているミュミュにしてみれば、たまったものでは なかった。 「うわ~ん! そのまま歩くなーっ! 放せ、バカー! 」  ミュミュにとっては、ものすごい振動であった。  頭はガンガン響き、目は回り、それでも、泣きながら、罵ることはやめなかった。 「おとなしくしてろ。まったく、やかましい妖精だ」  うんざりしたようなダグトは、更に奥の扉を開ける。 「ここにいろ」  ミュミュを扉近くにあったサイドボードに放ると、ダグトは、扉を閉め、もと来た 方へと戻っていった。 「うっ、うっ……、ヴァルのお兄ちゃん、ケイン、……カイル、……クレア、…… マリス……」  背中の痛みは当然、不安に押しつぶされそうになったミュミュは、しくしくと泣き ながら、旅の仲間たちの名前を呼び、俯せていた。 「……誰? ……誰かいるの? 」  部屋の奥から、声がする。  ミュミュは顔を上げ、手で目をこすりながら、声のした方を見つめた。  布が床にこすれて、引き摺るような音がする。  壁の向こうから現れたのは、人間の女であった。  女は、浅黒い肌をしていた。長いウェーブしたつややかな黒髪、黒い宝石のような、 切れ長の瞳。  胸元の開いた白いドレスを着ているが、貴族の姫君という感じではなく、やさしい 雰囲気の中に、凛々しさも兼ね備えていた。  ミュミュの良く知るマリスやクレアとは違う人種であった。  どちらかというと、ダグトやヴァルドリューズのような、東洋系の人間であり、 年齢も、彼女たちよりも上に見える。  ミュミュは背中の痛みも忘れ、その女の神秘的とも言える不思議な美しさに、 しばらくみとれていた。  一方、女も、妖精などという馴染(なじ)みのないものに、出会ってしまい、言葉を 失っていた。  だが、次第に、ミュミュを無害な妖精であると判断したのか、にっこりと微笑んだ のだった。 「どうしたの? どうやって、ここへ来たの? 」  やさしく言いかけて、女は、すぐに口を噤んだ。  ミュミュの背の、羽のあったあたりからは、透明の体液が流れていたのだった。  女には、なんとなく状況がつかめた。 「ダグトね? まったく、ひどいことするわね」  独り言のように呟いた彼女は、気の毒そうに、ミュミュを見た。 「こっちへ、いらっしゃい。傷の手当をしましょう」  女は、ミュミュの乗っているボードに、そうっと、てのひらを上に向けて、近付け た。  ミュミュは、どこかまだ警戒している様子だったが、女が安心させるように微笑ん でいるのを見ると、そろり、そろりと、差し出されたてのひらに乗った。  女は、ミュミュを大事そうに抱えると、部屋の奥へと、連れていった。  ヴァルドリューズは立ち上がり、辺りを見回した。  白いゴーレムの姿は、そこにはないが、その場所も普通ではないことが一目瞭然で あったため、安心するわけにもいかない。  足元には、木の根と思われるものが、うねうねと押しのけ合いながら、地面を覆い 尽くす。  ひっきりなしに生えている樹木は、すべて地を這う。  葉も枝も、何もかもが、地面の上にあり、歩きにくい。  魔道士であるヴァルドリューズには、飛んでしまえば関係のないことであったが、 得体の知れない場所では、いつ敵に出くわしてもいいよう、なるべく魔力を消耗させ ずに歩く方が得策だ。  試しに、時空を移動する時の呪文を唱えるが、何も起こらない。  『光速』の呪文は通用し、少しだけ飛んでみた彼だが、どこまで行っても同じよう な景色ばかりで、果ては見えない。  魔力を無駄に使うことをやめた彼は、この場所が、いったい何であるのかと、出口 を探しに歩くことにしたのだった。  進めば進むほど、ここがおかしなところだということがわかる。  地面に向かっているのは、植物ばかりではなく、時折見かける小動物までが、奇妙 な格好でいるのだった。  トカゲのような、尾の長い、足の生えた動物は、なぜか腹を上に向け、ひっくり 返った格好で歩いていた。  毛の生えた動物たちも、下の方に頭部があり、その上に胴体があり、手足が何本も あった。逆立ちをしているかのようだ。  このような中に長時間いれば、自分の方が逆さになってしまったような感覚を覚え ることだろう。 「お前さん、人間かい? 」  振り向くと、大きなコウモリが、逆さになって、飛んでいた。  ヴァルドリューズが黙っていると、コウモリが口を開けた。 「お前さんに聞いてるんだよ。あんたは、人間なのかい? 」  しわがれた、人間の年寄りのような声で、コウモリは再び尋ねる。 「そうだ。人間だ」  ヴァルドリューズは、どことなく、人間界で見るものとは違う造りのコウモリを、 観察した。 「気を付けなよ。生身の人間で、この森に迷い込み、生きてここから出られた者は、 滅多にいないんだからね」 「ここには、魔物でも出るというのか? 」 「キエーッ」  コウモリは、一声鳴くと、大きな折れ曲がった黒い羽を、バタバタと振り、答えた。 「ここには、魔物なんていやしない。だけど、あれをご覧」  コウモリが顎で指した方向には、白骨が生々しく転がっていた。  明らかに、人間の骨である。  このような場所に足を踏み入れる可能性があるのは、空間移動の術を使えるほどの 上級魔道士である。白骨化した死体は、まぎれもなく、自分と同等の魔道士であった と、彼にはわかった。 「……お前さん、あんまり怖がってないみたいだね」  コウモリは、不思議そうに、ヴァルドリューズを見上げた。 「知っていたら教えて欲しいのだが、『ここ』の出口はどこだ? 」  彼の静かな青い瞳を見つめてから、コウモリは答えた。 「ないよ。あったとしても、人間には、通り抜けられないね」 「なぜだ? 」 「なんというのかね……、人間には、この『さかさまの森』から抜け出す抗体みたい なものはないんだよ」 「入ることは可能でもか? 」 「人間からすると、理不尽なことかも知れないが、ここでは、ごく当たり前のこと。 その証拠に、我々ここの住人は、ここから別の次元に行くことはできない。世の中に は、不思議な世界もあるもんだ」  人間の年寄りのようなコウモリの口調には、親しみ易さも感じられるが、それを 気に留める間もなく、彼の頭の中では、あらゆる思いが行き交っていた。 (さかさまの森ーーここが、ヘイド殿の言っておられた迷いの森か。ダグトは、私を 永遠に、死ぬまで、この森に閉じ込めておこうというのか? ) (ミュミュは大丈夫だろうか? 泣いていた。ダグトにいたぶられていなければいい が……)  そして、彼は、ずっと旅を続けている紫色の瞳を持つ少女を、ふと思い浮かべた。 (マリス……、元気でいるだろうか? お前を守ってやらねばならないというのに、 私は、このようなところにまで来てしまった。帰るには、思ったよりも時間がかかっ てしまいそうだ。私のいない間に、無茶をしていなければいいが……) (ケインがいれば、残された彼らは、きっと大丈夫だろう。今は、なんとしても、 ここから脱出し、ミュミュを救出しなくては)  ヴァルドリューズは地面にあぐらをかいて座ると、目を閉じた。 「おいおい、お前さん。どうしちゃったのかね? 」  コウモリが驚いている。 「無駄に魔力を使うわけにはいかない。今のうちに、魔力を高めておくのだ」  コウモリは、一声鳴いた。 「へーっ、随分落ち着いてるんだねぇ。だけど、それもほんとに今のうちだけだよ。 白骨があるのは、ここだけじゃない。あっちの方にもいっぱいあるんだからね。皆、 あんたと同じような格好をした人たちで、中には、あんたのように、そうやって座り こんでた人もいたけど、そのうち、発狂してしまったんだよ。ああ、発狂してしまう のは勝手だけどね、その時に、人間の使う妙な術を乱発しないでもらいたいね。よく いるんだよ。手から火を出したり、雷を出したり。あんたは、死ぬ時は、ひとりで、 ひっそりと死んでおくれよ」  コウモリの声も、もう耳に入らないのか、ヴァルドリューズの瞑想は、既に始まっ ていた。 「ふん、さすがに、この程度では、あまり動揺していないか」  真っ暗な部屋の中で、酷薄な細い目が笑う。  ダグトの自室である。  覗いている水晶球に移ったのは、さかさまの森にいるヴァルドリューズであった。 「あそこを自由に行き来できるのは、人間では俺だけだ。このまま、あそこで発狂 させてやってもいいが、ヤツの精神力では、それもいつのことになるかわからん。 俺は気の短い方なんでな。悪く思わないでくれよ、ヴァルドリューズ」  くっくっくっと笑い声をもらすと、彼は水晶球に向けたてのひらに、ある念を送っ た。 「ギャーッ! ギャーッ! 」 「グオオオオオオッ! 」  遠くから聞こえる、さかさまの森の住人たちの、尋常でない叫び声に、ヴァルド リューズは目を開けると、すぐさま、飛び立った。  まず、彼の見たものは、地面に点在する、動物の死骸であった。  巨大なものに踏み付けられたように、奇妙な格好でつぶれている。  その死骸の転がった先には、人間の背丈ほどもある、黒い獣のような毛を生やした、 丸い球が、浮かんでいた。 「モンスターか。このようなところで」  ヴァルドリューズは、目を細めた。 「おお、あんた、来たのかね! 」  横には、さきほど話をした逆さのコウモリが、バタバタと羽を羽ばたかせ、血相を 抱えている。 「ここには、モンスターは、いないはずではなかったのか」  コウモリには見向きもせず、毛で出来ているかのようなモンスターから、目を離さ ずに、彼が尋ねた。 「そうなんだけどさ、あいつは、突然現れたんだよ! みるみるうちに、動物達に 体当たりしていきやがったんだ! 」  キエーッと、コウモリが悲鳴のような声を上げる。 「ここでは、魔法がどこまで効くかはわからぬが、試してみるか」  ヴァルドリューズの身体が、ふわっと浮き上がり、黒い球のモンスターの前に、 舞い降りた。  モンスターの正面には、大きな紅いひとつ目があった。その周りから全体に、黒く 長い毛をなびかせている。  その瞳が、まばたきをするように、一瞬閉じてから、開いた時であった。  目の玉からは、赤い業火が、ヴァルドリューズ目がけて飛び出した。 「ギエーッ! 」  さかさまコウモリが叫ぶ。  だが、炎が消えると、何事もなかったような、無表情なヴァルドリューズが現れた ことにますます驚き、何度もまばたきをした。 「どうやら、ただのモンスターのようだ」  ヴァルドリューズは静かに言うと、片方の手を挙げた。  そこから、ひゅうっと、何かの矢が飛び出し、モンスターを貫いた。  目玉モンスターは絶叫すると、墜落し、しゅぼんと消えた。 「ああっ、あんたっ! こっちにも来たよっ! 」  コウモリの甲高い声に、ゆっくりと振り返ると、後方には、人の倍もある半獣人の 姿があった。  頭の両側に角の生えた獣の顔と、足の間にある胴体は、人間のようだ。  半獣人は、発達した筋肉の手腕を、力任せに振り回し、さかさまの動物たちを襲う。  ヴァルドリューズは高速で移動し、モンスターの目の前に現れ、掌を向けた。  ガオオオオオオ!  一声嘶(いなな)くと、半獣人の身体は、こなごなに吹き飛んだ。  モンスターは、他の場所でも次々と現れては、無抵抗な動物たちを嬲(なぶ)り、 木々を引きちぎるなどして暴れていた。


剣月緑ライン剣月緑ライン剣月緑ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン