Book7看板 Dragon Sword Saga7 〜Atogaki〜

アールヌーボーライン  〜 あとがき 〜    アールヌーボーライン

かがみ透  ここまで読んでくださった方、ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。  六巻の終わりには、次回は、「ミュミュを救助に行くヴァルと、宿命のライバル であるダグトとのバトルです」と書きましたが、違いました。  原文通りの順番で、ドラゴンに会いに行く話になってしまいました!   予告と違って、大変申し訳ありません。m(_ _)m  次回こそ、「ミュミュを救助に行くヴァルと、宿命のライバルであるダグトとの バトル」になります! (^_^;  ヴァルの外伝みたいな感じです。  当時のあとがきを参照します。  ケインの外伝に出て来た、傭兵仲間たちのその後ーー皆、結婚して子供が生まれて いたーーから始まったこの7巻は、『ガンバ』してしまいました。  TV版ガンバの原作である『冒険者たち』(/斉藤敦夫)では、オオミズナギドリ の皆さんが、ノロイ率いるイタチ軍団に、卵を全部やられてしまいます。  オオミズナギドリは夫婦一組で、一生にひとつしか卵を産まないのだと。だから、 ゴールド・ドラゴンの運命よりも、もっと悲惨。寿命だって、ずっと短いわけで。  さすがに、それでは救いがないからか、TV版では、また来年卵を産む、とか言っ てたような?   彼らは、イタチに対して怖じ気付いてはおらず、ガンバたちと協力して、イタチ との戦いに挑んでいました。  その際に、ネズミたちを一匹ずつ背に乗せて飛ぶ場面もあり、それにならって、 今回の戦いでは、ケインたちをドラゴンに乗せてみました。  ゴールド・ドラゴンのスグリとは、オオミズナギドリのリーダー・ツブリと、 わざわざ似せました。  ちなみに、ドラゴンの名前は、自然のものから名付けました。  イサナは鯨の古称です。  ミュミュがいないので、ペット的な存在として、代わりにベビードラゴンを登場 させ、自分自身が喜んでいました。こういう緊張感を崩すキャラがいないと、逆に 書けないことが、よくわかりました。(^_^;  強くてカッコいいイメージのドラゴンを腑抜けにしてしまったのには、自分でも がっかりしていたのですが、ドラゴンが勇敢さを取り戻したのは、意外にも、クレア の力でした。  はっきり言って、今回の戦いは、クレアの魔法が復活するか否かに、かかってまし た。  まだか、まだかと随分引き延ばしてきましたが、その甲斐あって(?)クレアが防御 結界を張れた時は、当時の書いていた自分自身が感動して、目が潤んでしまいました。  と、こんなこと書いてました。  ドラゴンから何かアイテムをもらったり、能力をもらえたりすると、ゲームみたい になってしまうので、あえて、そうしませんでした。  しかし、「また会う時まで! 」と言ってます。  単なる挨拶なのか、もしかしたら、再会するのか。  戦いの他には、大きな事件がありました。バスター・ブレード紛失という。  最後まで読めば、行方はわかるのですが。  それと、もう一つ、主人公とヒロインがいい感じに。初めて会った時から、マリス に惹かれていたケインでしたが、やっと想いを打ち明けます。  元の原稿では、ケインの性格が違って、もう少し、王道のヒーローに近いキャラで、 失いそうになって初めて自分の気持ちに気付き、マリスにチューしてしまう。  マリスの方は、心の準備が出来ておらず、戸惑うんですが、今のケインは、マリス の気持ちの方を優先にするタイプなため、ぎゅーするだけで充分なようです。  セリフも、随分変わり、元原とは違い、彼女への想いがはっきりしていた今の ケインは、誠実に、マリスに愛を語ってました。  そして、マリスも、元原では、ケインの記憶がなくなった場面で、すれ違いがあり、 ぶん殴ってましたが、こちらも、元原よりは人間丸くなってますので、殴りはしませ んでしたし、ケインの評価は、既に高そうでした。  なんだか、書いてるうちに、そうなっていきました。  セルフィスに惹かれていただけあって、もともと彼女は、やさしい人が好きなの かも知れません。  だが、邪魔が入りました。これは、一緒です。  ただし、一言セリフ入れました。  吟遊詩人は一体何者なのか? なぜ、邪魔をしたのか?   それは、妖精の国に向かう時にわかります。まだちょっと先です。  外伝一巻の前半主人公レオンも出てきました。  今後も、本編にも、外伝のキャラクターと、エピソードが、絡んでいきます。  詳しく知りたい時は、外伝もどうぞ。(^_^)/  読まなくても、本編だけでも話が通じるようにはなっています。(^_^)  それでは、今度こそ、次回はヴァル編になります!   ミュミュを連れ戻さないと、妖精の国に行かれないようですので。  どうぞ、よろしくお願いいたします。m(_ _)m                                2014.6.1.


アールヌーボーライン 契約羽ペン アールヌーボーライン Indexボタン Backボタン Nextボタン BACKボタン◀BOOK7最終話へ  NEXTボタン▶BOOK8へ  *外伝へはIndexページから