Book7看板 Dragon Sword Saga7 〜Ⅶ.-1〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第7巻『ドラゴン・マスターと竜』 ~


剣月青ライン  Ⅶ.『消えたバスター・ブレード』 妖精青アイコン1 ~ 大事なもの ~  剣月青ライン マグマ

 マグマの流れる谷から、ベビードラゴンが上昇し、崖の一角に着地する。  熱のこもった、岩の地面の上だった。  ドラゴンから降りたケインは、抱えていたマリスを地面に降ろすと、ベビーは翼を たたみ、休むように座った。  マリスは、崖からマグマを覗き込み、へたへたと座り込んでしまった。 「マリス、大丈夫だったか? 怪我してないか? 」  茫然としているマリスに、ケインが、後ろから声をかける。 「バスターブレードが……! 伝説の剣が……消えた!? 」  マリスが、信じられない様子で呟いた。  ケインは黙って、自分の左手を見つめる。 「あたしのせいだわ……あたしが手を離したりしなきゃ……」 「いや、俺が、掴み損なっただけだ。しかも、こんなことは信じられないけど…… 剣の方から、俺の手をすり抜けるようにして……消えたんだ」 「慰めてくれなくていいわ。きっと、あたしが使ってたからよ。正統な持ち主じゃ ないあたしが、ずっと借りてたせいで、巨人族が、バスター・ブレードを取り返しに 来ちゃったのよ! 」 「だとしても、いいんだ! マリスが助かっただけで! 」  ケインは強く言うと、後ろから、マリスを抱きしめた。  マリスの瞳が大きく開かれ、そのまま動けないでいた。  どくん……どくん……  二人の鼓動が、響き合う。 「慰めてなんかいない」  ケインが、穏やかな口調で、続けた。 「バスターブレードは、砂漠で落とした時に、あのまま気付かなければ、巨人族に 回収されてたと思う。あの時、マリスが、危険を冒(おか)してでも取り返してくれた おかげで、今まで使えたんだ。それだけでも、ラッキーだったんだよ。だから、…… もう、いいんだ」 「……よくないわよ。あの剣は、ケインのお父様の形見なんでしょう? 大事な剣 だったのに……ごめんなさい。あたし、謝っても、謝り切れないわ……」  彼女の声から、その瞳に涙が滲んでいるのが、ケインにはわかった。 「そのことだけど……」  ケインは、誰にも聞かれないよう、マリスの耳に、口を近付けて、言った。 「実は、レオンは、生きてるんだ。彼を狙うヤミ魔道士たちを欺くためと、俺自身、 彼をあてにせずに、強くなるために。……黙ってて、ごめんな」 「……そうだったの? 」 「だけど、例え、レオンの形見だとしても、マリスを失うことに比べたら……。もし、 ……もしも、伝説の剣とマリス、二つを同時に選べないんだとしたら……? どちら かを救えると、それが神の意思だったとーーあの状況が、まさにそうだとしたら?  俺が、きみを見捨てると思うか? 剣なんかよりも、人の命の方が大事に決まってる。 ましてや、それが、……マリスなら、なおさらだ。剣とマリスだったら、俺は、間違 いなく、マリスを選ぶ。剣なんかなくたって、きみを護ってみせるから……! 」  ケインは、逸る鼓動を抑えようと思わなかった。  マリスに聞こえても、構わなかった。 「もう、王女じゃないのなら、言ってもいいか? 迷惑かも知れないけど……きみを 想う気持ちは、もう止められそうにない。マリス、きみが好きだ。どうしていいか わからないくらい、どうしようもないくらいに……! 」  言葉が、勝手に出ていた。  抱きしめる腕に、力がこもる。  マリスの頬が赤らんでいくのは、マグマの熱さのせいだけではなかった。  紫水晶の瞳がさらに潤んでいくのも、身体がかすかに震え、強張(こわば)っていく のも。  彼女には、覚えがあった。  彼が、時々見せる笑顔には、包み込むようなやさしさがあった、と。  彼女を心から心配していることも、気が付けば、側にいたことも。  すべては、見返りを期待しない、彼女を想う心を抑えながらの行動であったのだと。  思い起こせば、これまでも、彼の表情や、素振りから、感じ取れないことはなかっ たはずだった。それを、はぐらかしてしまったこともある。  何も言えないでいるマリスが、そのまま動けずにいると、ケインが腕の力を緩めた。 「ごめん。こんなこと言われたって、困るよな? きみの中には、セルフィス王子が いるのに……。俺の一方的な想いだから、……気にしないでくれ」  ケインは手を放すと、彼女から離れた。 「……ありがと」  消え入りそうな声で言うと、マリスは、目尻を拭ってから、振り向いた。  ケインとは目を合わせず、俯(うつむ)いている。 「始めの頃、あたし、助っ人が欲しいだけって言ったけど、……旅で知り合った人は、 口先ばかりで、いざという時は、あたしの圧倒的な力に恐れを成して、逃げ出してた。 あたしも悪かったんだと思うけど、本当に、あたしを見てくれて、好いてくれる人 なんか、いなかった。だから、あたしは、寄って来る男よりも、ただヴァルのように、 任務遂行で、あたしを守ってくれる方が、信じられたの」  マリスは、顔を上げた。 「だけど、……あなたは違うって、わかるわ。だから、……迷惑なんかじゃないの。 ケインの気持ちを聞いて、あたし……」  もう突っ張ねる必要はないのだ。  マリスの中では、閉ざしていたものが、開放された。 「嬉しい。誠実なあなたなら……いつも側にいてくれて、助けてくれたあなたなら、 ……信じられる……! 」  ケインの心臓が、大きく鳴った。 「命を助けられたのは、俺の方だよ。魔空間に、マリスが来てくれなかったら、 俺こそ死んでた。いつも助けられてるのは、俺の方なんだ」  ケインは、一呼吸おいてから、改めて言った。 「きみの側にいられるだけで、俺は、いつも幸せな気持ちになっていたんだ。本当だ」  頬を染めた二人は、見つめ合った。 「……もしかして、……さっきのスグリさんとのやり取りで、ケインが動揺していた のは、あたしが人間よりドラゴンを好きだと思って、ただびっくりしていたわけじゃ ……? 」  ケインの頬がカッと染まり、への字口になる。 「……嫉妬……してた」  マリスは目を丸くした。 「おかしいよな? ドラゴンにヤキモチ妬くなんて」  ケインは、少し照れたように笑った。 「でも、スグリさんにだけじゃない。会ったこともないセルフィス王子にも、ジュニ アを奴隷にした時も、クリスとWデートした時も、……いつだって、俺は、妬(や)い てた。マリスを、ベアトリクスまで、送り届けなきゃいけない立場なのに、……本当 に、それが出来るのか、だんだん自信がなくなってきて。抑えようと思っても、きみ を見るたびに、話をするたびに、想いは強くなるばかりで……」  彼の、想いを抑える表情を見ているうちに、マリスの心が、きゅんと、締め付けら れた気がした。 「あたしが、スグリさんに、その……生命エネルギーを注いだのは、あなたを助けに 行きたかったからよ。彼らの唯一の子孫ベビーをお借りするのに、それなりの対価を 払わないといけないと思って。あなたを助けるためなら、相手がドラゴンだろうと、 誰だろうと、……きっと、同じことをしたわ。それは、単に戦力だけじゃなくて、 あたしは、あなたのことを、……人として、大事な人だと……あなたを、なくしたく ない、と思ったから。だから、魔空間に入るなんて、本当は怖かったけど、あなたの ことが心配で、いろいろ考えてる暇なんて、なかった」  言いながら、マリスは、自分でも驚き、戸惑っていた。  解けた糸を巻き取るように、マリスは、ゆっくりと、自分の想いを、手繰(たぐ)り 寄せていった。 「あたし、ケインのことを……ただの、頼れる人以上に……思っていたみたい」  俯(うつむき)ながら、頬を紅潮させていくマリスの、思いがけない応えに、嬉しさ がこみ上げて来たケインだったが、「だが、真に受けてはいけない」と、強くストッ プがかかる。  彼女の操る武道には、男には見抜けない演技の力もあるということを、彼はよく 知っていたのだ。 「本当に……? 武遊浮術(ぶゆうじゅつ)愛技、使ってるんじゃないのか? なんか、 すごく……綺麗なんだけど」  ケインのセリフに、マリスは吹き出した。 「演技なんかじゃないわよ。……本心よ」  潤んだ紫の瞳と、はにかんだ表情は、演技ではなく、彼を受け入れているようだっ た。  ケインの瞳は、愛おしく包み込むように、マリスを見下ろす。 「……好きでいても、いいか? 」  マリスは頬を染めたまま、頷いた。  互いの鼓動が聞こえてくる。  蒼い瞳が、心の中を探るように、近付く。  紫の瞳は、逃げなかった。 「そばにいて。あたしを護って」  それは、マリスが、初めて口にした言葉であった。  それまで、護る側であった彼女は、自分から護って欲しいと言うことはなかった。  そんなセリフを言うことは、屈辱ですらあるように見えた。  それほど、今は、彼の実力を認め、信頼してくれていると、彼には受け取れた。 「ああ。ずっと、そばにいる……! 」  ケインは、この上なく愛おしい気持ちでいっぱいになり、マリスを抱きしめた。  二人は、そのまま動かなかった。  時が止まってしまったかのように。  感動を噛み締める二人には、満たされた時間であった。  マグマの熱さも手伝って、熱に浮かされたように、何も考えられなくなっていく。  どこからともなく起きた白い風が、二人を取り巻いた。  それには、気が付かない。  長い間、二人の周りを吹いていた白い風が、くるくると勢いを増したと思うと、 「それは、ダメだよ」  ゴツッ!  聞き覚えのある声の後、鈍い音がした。  白い風は止んだ。  と同時に、ケインが、いきなりマリスに覆い被さり、倒れ込んだ。 「きゃっ! ど、どうしたの!? 」  マリスが驚いて、起き上がろうとする。  そのすぐ横には、拳二つ分ほどの石が落ちていた。 「まさか、あの石が、どこからか落ちて来て……!? ケイン、大丈夫!? 」  ただならぬマリスの声に、座っていたベビードラゴンも立ち上がり、不思議そうな 表情で、様子を見に、よちよちと歩いてくる。 「ケイン、しっかりして! あっ、やだっ、こんなとこに、大きなコブが! 」  手探りで、ケインの後頭部に膨らんだコブを探し当てたマリスが、ふと見上げると、 宙に浮かんだ吟遊詩人の姿が目に留まった。  マリスが見つけたのは、まぎれもなく、例の美少年の姿をした、吟遊詩人を名乗る 者であった。 「ちょっと! 吟遊詩人の人! やっと出て来たわね? あなたには聞きたいことが いっぱいあるけど、今はケインを助けてよ。あなた、ケインの味方なんでしょう? 」 「……僕は、認めない」 「えっ? なに? 」  吟遊詩人は静かに、マリスを睨むように見下ろすと、ふいっと消えてしまった。  知らないうちに、石も消えている。 「なんなの、あの人!? ……仕方がないわ、ベビー、手伝って」  なんとか身体を起こしたマリスは、気絶しているケインを、ベビードラゴンに乗せ ると、その後ろに跨がり、地上へと浮かび上がって行った。


剣月緑ライン剣月緑ライン剣月緑ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン