Book7看板 Dragon Sword Saga7 〜あらすじ・登場人物〜

brackデコbar
goldデコline
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

goldデコline brack下デコbar マップ・ロッド 剣布青

† あらすじ †

普段はよろず屋、実は二つの伝説の剣を持つ、傭兵ケイン・ランドールは、 穏やかで無欲な彼を、伝説の戦士と信じて付いていく妖精ミュミュを連れ、 旅をしていた。 道中、魔法剣を持つ傭兵カイル、巫女で今は魔道士を目指すクレアと出会い、 不思議な魅力を放つ男装の美少女戦士マリスと、 相棒の謎めいた魔道士ヴァルドリューズの旅に同行する。 大国ベアトリクス王国の出身であるマリスは、大魔道士ゴールダヌスの命により、 東方の魔道士ヴァルドリューズと共に、獣神『サンダガー』を呼び出し、 魔物の吹き出す次元の穴を潰してまわる旅をしていた。 マリスとヴァルドリューズの目的は、 最終的には、復活する魔王との対決も考えられるのか――!? マリスは、伝説のゴールド・メタル・ビーストの化身『獣神サンダガー』を、 守護神に持つという稀な人材であるのが災いし、追われる身となる。 ケインは、伝説の剣を、彼女を守ることに役立てようと決心したのだった。 ヴァルドリューズが、さらわれたミュミュを追い、 ケイン、マリス、カイル、クレアの四人が残った。 人間を魔物化した強化人間を作り出した暗黒秘密結社は、 『デモン教』と名乗り、 小さな町から少しずつ人々に浸透していった。 反抗する者は町から追い出され、目をつけられた四人。 唯一『治療』等の白魔法が使えたクレアが重傷を負ってしまい、 マリスも怪我に倒れる。 ドラゴン・マスター・ソードを造った神から送りこまれた使者が近付き、 ヤミ魔道士にケインがバスター・ブレードで応戦。 カイルの機転とケインの実力で、なんとか危機を乗り切る。 『デモン教』といよいよ最終対決という時、偶然現れた黒い騎士団マリリンの 登場により、決着は着かず。 一行は、マリリン、クリスと別れ、ケインの求める魔石があるかも知れない ドラゴンの谷に、向かうのだった。 剣布青

† 登場人物 †

ケイン(18)……………………………二つの伝説の剣を持つ戦士               本職は傭兵で、普段はよろず屋 マリス(16)……………………………失踪中のベアトリクス王国王女               剣と武浮遊術を操る白魔道士の少女 カイル(20)……………………………魔法剣を持つ女好きな傭兵 クレア(18)……………………………元巫女で魔道士見習いの少女          †     †     †      吟遊詩人……………………………………ジャスティニアスの使者   ジャスティニアス【神】………ドラゴン・マスター・ソードを造った神 サンダガー【神】…………………マリスとヴァルドリューズによって               召喚される雷獣神          †     †     †      ハッカイ ………………………………ケインの元傭兵仲間 リョウ …………………………………ケインの元傭兵仲間 ミリー …………………………………ケインの元傭兵仲間でリョウの妻 レオン …………………………………バスター・ブレードを手に入れた戦士               ケインの師匠で父親                         †     †     †      スグリ【竜】…………………………ドラゴンの谷に棲む竜族 ボルボ【魔】…………………………高位魔族 リリド【魔】…………………………高位魔族          †     †     † ヴァルドリューズ(24)………マリスの相棒。上級黒魔道士 ミュミュ【妖精】…………………ケインと旅をしてきた子供のニンフ ジュニア(1170)【魔】………封印されていた魔界の王子


剣月紫ライン剣月紫ライン剣月紫ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン  

剣魔法陣