Book4看板 Dragon Sword Saga4 〜Atogaki〜

アールヌーボーライン  〜 あとがき 〜    アールヌーボーライン

かがみ透  読んで下さった方、ありがとうございました。いつも、大変嬉しく思って おります。  仕事のピークが来て、思うようにUP出来ませんでしたが、なんとか、 4巻完了出来て何よりです。  この巻では、元原のままケインの一人称で通そうと思ったのですが、Ⅶ話 だけは、三人称になってしまいました。  5巻からは、やっぱり、また三人称に戻そっかな。  初登場の魔界の王子、ドMの彼と、ドSのマリスは、結構お似合いかもです。  彼が加わったことで、謎は解明されるのか、たいして変わらないのか。  不気味な妖怪領主、倒してもらってスッキリしましたが、ケインとミュミュ の凸凹コンビ、付き合い長いはずなのに、なぜいつもあんななのか。  今回のケインは、あんまりカッコよく決められず、本人も不本意だったこと でしょう。……が、あんまり気にしてなさそうな?   代わりに、サンダガーが、ちょっと大人でした。頼りになりました。  だが、次またどう出るか??  本編初の◯◯シーンが、意外な組み合わせだったことに、当時の自分自身も 驚いていました。恋愛感情はなかったので、どうってこともないんですが……。  次回5巻では、普通の街に行くようです。  『魔道士の塔』重要人物も出てきます。   ベアトリスの追手も出てきます。  ライバル対決あります。  遊んでます。  そうそう、ちらっと、外伝のお知らせもしておきます。  外伝第2弾は、『光の王女』マリス編です。  国の話も絡むので、2巻分になってしまうと思います。  本編と同時進行かな。  予告は、こんなところでしょうか。  さて、今回は、あとがき特別編としまして、バヤジッドを呼びます。  作中最後に、お約束のバヤジッドが出て来なかったので、ここで。  ついでに、ケインも呼んできました。 ケイン「こんにちは。よろしくお願いします。……って、俺ってついでなの?  主人公なのに? しかも、いつの間にか、エプロンしてるし! 」 ※木の魔道士バヤジッド、エプロン姿で登場。 バヤジッド「えー、皆さん、お久しぶりです。本日このコーナーを担当させ て頂く事になりました、バヤジッドでございます。どうぞ、よろしくお願い 致します! 」 ※ケイン、つられてペコッと頭を下げる。 バヤジッド「聞くところによりますと、あとがきに書くことがあんまりない 時に、このように、講座を開くこととなり、その記念すべき第一回目を、 このバヤジッドにお任せして下さるということでして、わたくしも、 まだまだ未熟な魔道士ですが、皆々様には、わかりやすく、ご説明していき、 日常の生活に、少しでも役に立てて頂こう、という主旨で、始めさせて頂き とうございます。それでは、メモのご用意は、よろしいでしょうか? 」 ケイン「あのー、いったい、なんの……? 」 ※と言いながらも、ケイン、椅子に座る。 バヤジッド「まず、料理編から参ります。おうちに突然のお客様がいらし た時、残り物でも、あっという間に、おもてなし料理となってしまう、 簡単な調理法を、お教えしましょう」 ※ケイン、ふんふん頷きながら、メモを取る。 バヤジッド「残り物とは、なんでも結構ですよ。卵焼きでもいいし、野菜 炒めでもいいんです。  それらを寄せ集めてきて、☆☆☆☆☆の呪文を唱えます。  すると、(実演している)はいっ、このように、豪華なサラダバーの セットが出来上がりました! 」 ケイン「サ、サラダバー!? 」 バヤジッド「おもてなし料理は、応用がききますので、皆さん、思い付い たものを、それぞれ試されると、よろしいかと思います。  やり方次第では、サラダバーをカウンターバーにしたり、ジパング という国にあったようにイロリなどにしてみるのも、楽しいかも知れま せんね。  お料理の方は、このくらいに致しまして、お次は、簡単な洗濯術に参り ましょうか。  おショーユなどをこぼしてしまったり、知らない間に出血していたり などして、お洋服についたシミ――」 ケイン「……それ、こわくない? 」 バヤジッド「これらは、同じ種類のシミ抜きでは、落ちないんですよ」 ケイン「ほー」※メモを取る。 バヤジッド「そんな時はこれ! (実物が出る)これに限ります!   乾いたスポンジにとり、汚れた部分をちょっとこすれば、これこの通り!  どんな繊維の奥まで染み込んだシミであろうと、こんなに簡単に取れて しまうんです!   原材料はヒミツ、製造元はバヤジッド、つまりわたくしとなっており ます。  今すぐお電話下さい。電話番号は、♠♥♦♣ー☆□△○。  なお、時々、回線が混雑していて、つながらない場合がございます。  その時は、諦めて、このシミ抜きのことは忘れて下さい」 ※ケイン、椅子から落ちる。 バヤジッド「それでは次に、誰でもできる簡単な天気予報です」 ケイン「ころころ変わるなぁ」 ※と言いながら、椅子を直し、メモを取る。 バヤジッド「『ネコが顔を洗ったら雨が降る』というのは、もう有名な お話ですね?  しかし、『ゐゑヰヱドリが叫ぶと雨が止む』というのは、意外に知られ ておりません」 ※ケイン、床に俯(うつぶ)せている。そばには、ペンが転がっている。 バヤジッド「また、ネズミやヘビの大群を見かけた時は、天変地異の 前触れとは有名な話ですが、魔物の大群が現れた時は、この世の終わり だと言います」 ※ケイン、起き上がれないでいる。 バヤジッド「それでは、今回の講座は、ここまでとさせて頂きます。 『生活の知恵講座』担当講師は、わたくしフェルディナンドのバヤジッド で、お送りさせて頂きました。それでは、皆さん、またお会いしましょう! 」 ※バヤジッド、フェイド・アウト…… ※ケイン、のろのろと立ち上がって、椅子を直す。 ケイン「そういえば、4巻最後にバヤジッドが出て来なかったと思ったら、 こんなところに……  しかも、ちゃんと、いつものように、フェイド・アウトしてった……」 かがみ「生活の知恵講座、皆様方のお役に立てられれば、幸いです」 ケイン「そんなもん、役立てられるか!? おもてなし料理の呪文って、 なに? 魔道士にしか出来ないし、しかも、おもてなし料理でサラダバー 出すって、どーゆーこと? カウンタバーでもいいとかって、家具出して どーする!?   スポンジでこするなんて、シミ抜きじゃないし! 電話って、この世界 ないし、テレフォン・ショッ◯ングか!? しかも、電話がつながらなか ったら、諦めろって、商売っ気ないの??   最後のは天気予報なのか? 魔物の大群が現れた時は、この世の終わり って、なんだよ、それ!? 」 ※ケイン、ぜーぜー呼吸を乱す。 かがみ「……お疲れ」※ポンと、ケインの肩に手を置く。 ケイン「俺、ホントはツッコミ役じゃないのに……」 かがみ「というわけで、初回講座は、これでおしまいです。 ほぼ、原文のままで、ケインがリニューアル版は性格ちょっと変わって しまったので、なんだかボヤけたツッコミになってしまいましたが。 次回講座は、あるのかないのか未定です」 ケイン「要するに、気が向いた時ってこと? 」 かがみ「それでは、皆さま、次回また! 」 ケイン「よろしくです」※ペコリ                               2012.7.27                          (あ、土用の丑の日だ!)


アールヌーボーライン 契約羽ペン アールヌーボーライン Indexボタン Backボタン Nextボタン BACKボタン◀BOOK4最終話へ  NEXTボタン▶BOOK5へ  *外伝へはIndexページから