Book4看板 Dragon Sword Saga4 〜Ⅰ.−2〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第4巻『魔界の王子』 ~

剣月黄ライン  Ⅰ.『砂漠を越えた村』 妖精緑アイコン2 ~ よろず屋 ~  剣月黄ライン

「キルワオシグイソイアオジョシェウサイ! 」 「サボらないで、しっかり働くように、だって」  一人目のジャグの言葉を、ミュミュが訳した。  ミュミュの説明によると、どうも、あの長老の前に出来た長蛇の列の、ひとりひと りの仕事を手伝い、そこで集めた資金を、すべてメシ屋に払うというものだった。  しかも、食べた分プラス迷惑料込みで。  当然、メシ屋の壁も、俺たちが直すのだが、それは賃金はもらえない。  しかも、人質代わりに、クレアとヴァルの二人が捕らえられた。  ヴァルは、いつもの黒ずくめの魔道士スタイルではなく、オアシスを過ぎてからは、 ずっと、俺とカイルとお揃いの、白い膨らんだズボンと、ベストにターバンという、 東方でも西寄りの格好だった。  なんとなく、彼らジャグにとって、危険な人物と思われたというよりは、俺たちの ことを三人兄弟(全然似てないのだが、ジャグからすればヒト族はそう見えたのかも) で、長兄を人質に捕っておけば、弟たちは真面目に働くと思ったらしかった。  もうひとりの人質である、壁を壊した張本人のクレアは、充分、危険人物だったの だろう。  ということで、俺、マリス、カイル、その髪の中に隠れているミュミュ——は、 ただの通訳なので——、三人で働かなくてはならなくなったのだった。  その小人の家畜小屋――といっても、トリを始めとした小動物くらいしかいないが、 そこの掃除だったから、まずはラッキーだった。 「そうじなんか、したことないわ」  マリスは、先が三つ又に分かれている道具を、不思議そうに眺めている。 「それで干し草をそっちにどけてくれ」  動物たちを蹴飛ばさないよう気遣い、地面を箒(ほうき)で掃きながら、俺は言った。 「カイル、桶に水を汲んできてくれるか」 「なんで? 」 「なんでって、動物たちに水と餌をやるんだよ。その隙に掃除すれば邪魔じゃないだ ろ? 」 「ああ、なるほどな! 」  ヤツは、ぽんと手を打った。 「へー、ケインて、手慣れてるのね」 「ほんと、ほんと」  マリスもカイルも感心してくれていた。 「いくさのない時は、よろず屋だからな。家畜小屋の掃除から用心棒まで、悪いこと 以外は、たいていなんでも引き受けてたんだ。カイルだって、そうなんじゃないの か? 」  マリスはお姫様だったから、当然掃除なんかしたことはなかっただろうけど、 カイルは俺と同じく傭兵なんだから、いくさがない時は別の方法でカネを稼いでいた はずだ。 「俺は、ケインみたいに地道な方法で稼がなかったからな。用心棒くらいはやった ことあるけど、こんなこと、したことねえよ」 「じゃあ、どうやって食べてたの? 」  ミュミュが、カイルの髪の中から顔を覗かせた。 「女のヒモ」  ヤツは、けろっと答えていた。  どうせ、そんなこったろうな……。 「後は、博打かな」  ……ロクなこと、してないなー。 「俺、賭け事には強い方なんだぜ。それに加えて、この美貌だろ? 女がしょっちゅ う寄って来たもんだったけど、この村には、そんな女たちは、いそうもないしなー。 この俺が、違う意味で肉体労働とは……」  彼は、情けなさそうに、汲んできた水を桶に入れた。 「ふ~ん、バクチねえ……」  マリスが、ぶつぶつ言いながら、何か考え込んでいた。 「そうだわっ! この村にもバクチ屋があるはずよ! カイルがそこで稼いでくれば いいんだわ! 」  マリスの目は輝いていた。 「おいおい、いくら俺だってなあ、こんな得体の知れない種族どものバクチなんか、 知るわけねえだろ」 「覚えればいいじゃない」 「お前なあ、簡単に言うけど、いくら天才のこの俺でも、そんなモン――」 「じゃあ、あたしがやってくるわ」  は!?   おいおい、お姫さんてばっ。キミはいったい――?  「マリス、お前、バクチなんか――? 」  驚いている俺とカイルを交互に、彼女は見た。 「夜になったら、あたし、ミュミュと行ってくる」 「そんなことしないで、地道に働いた方がいいんじゃないか? 」 「ケインは地道に働いてて。そうだ、地道斑と冒険斑に分かれましょう! 」  何を言うんだ、何を?  「あ、俺、それ賛成! 当然、冒険班ね」  カイルが即座にマリス側についた。  おのれ、お前ら、そんなに掃除がイヤか!? 


緑草ライン

 その後、金もなく、寝床もないので、皆が帰るまで、俺はひとりで野宿の準備を していた。  クレアやヴァルは、見張り小屋にいるので、俺たちとは、寝る時も別行動だ。  結局、人質の方がいい暮らしをしているように思えなくもない。  ジャグ族から分けてもらったいらないボロ布を、草むらに敷いていると、マリスと カイルがミュミュを連れて戻って来た。  全員、がっくり肩を落としている。 「ありゃあ、ダメだな」  カイルがボロ布の上に、どかっと腰を下ろした。 「あんなののどこが面白くて、皆やってるのかしら? 」  二人の話によると、俺たちの知っているような、動物の皮を乾燥させて作ったもの に絵の描かれたカードゲームだとか、動物の牙で作ったサイコロだとかを使う、一般 的なゲームと違って、誰が一番遠くに石を投げられるか競ったり、木の上から葉を 一枚落とし、地面に落ちた時に表か裏かなどを当てるとか、そんな原始的なものばか りだったらしい。  二人とも、見るだけ見て、帰って来たのだ。 「だから、そんなことやめろって言っただろ。これでも食べて、もう寝ようぜ」  俺は、さっき作った、木の実と根っこを、大きめの葉に包んだものを、二人に渡す。 「これは、どうしたの? 」と、マリス。 「石を集めて竃(かまど)を作って、火で燻(いぶ)したんだ。こうすれば、食べられる って教わって。金がないなら、自炊しかないだろ? さっきの家畜小屋の主人が、 竃作りを教えてくれたんだ」  マリスもカイルもミュミュも腹が減っていたらしく、がっついて食べていたので、 すぐになくなった。 「ご馳走さま。ありがとう! 食堂の食事よりも、美味しかったわ」  マリスが、尊敬したような眼差しを、俺に向けた。  ちょっと、ドキッとした。 「明日は、ケインを見習って地道に働くわ」 「えーっ! ……しょうがねえなー。じゃあ、俺もそうするか」  マリスに続いて、カイルも、不満そうだったが、明日こそは、真面目に働いてくれ るようだ。


緑草ライン

「グエンソイネイサオイグリ! 」  朝早く、昨日とは別のジャグ族に起こされると、さっそく、鍬(くわ)に似た農具 を手渡された。  そんなものを持って農作業、と言われると、どうしても甦(よみがえ)ってしまう、 変な思い出があるが、それを頭から振り払って、作業に打ち込むことにした。 「あたし、農作業なんか、したことないわ」  マリスが言った。 「だけど、掃除よりは、こっちの方が面白そう」  彼女は喜んで土を掘っていたのだが―― 「なんで、そんなに深く掘ってるんだ? 」  後ろで土を掘り返していたカイルの声がして、振り返ると、彼女は、膝が埋まる くらいにまで深く地面を抉(えぐ)っていたのだった!  「あーあ、何やってるんだよ。そんなに掘って、どうするんだよ」 「えっ? だって、まだ食い物が出てこないから」  カイルがコケた。 「……あのなあ、俺たちは種を植えるんだよ? 食い物は、これから育てるの」 「なんだ、そうだったの……」  ちょっとがっかりしたみたいだったが、彼女は、それ以来、見よう見まねで土を 掘り返し出した。  王女だったせいか、そういうところは世間知らずらしい。  やっぱり、ほんとに王女だったんだな、と改めて思った。 「土木作業か。ガサツな貴様にはお似合いだな」  通りすがったダイが、マリスに向かって、ふふんと笑った。  この日は、クレアとヴァルも加わっていた。二人は、ずっと店の修理をさせられて いたのが終わり、俺たちと一緒に、数十人のジャグ族と共に、開拓工事を手伝って いる。  目の前の、ごつごつとした岩々を砕き、領土を広げるのだという。  クレアは、ここまでの肉体労働などやったことがないので、一番軽い道具を持たせ、 隣で、俺がやり方を教えている。  ヴァルは、魔法を使ってしまえば簡単なのだろうが、黙々と作業している。  カイルは、ぶーぶー文句をたれ、マリスは、なんだか面白がってやっていた。  そんなところへ、例の二人組が現れたのだった。 「日頃の行いが悪いから、そういうことになるのだ」  ダイが、マリスのブーツ跡もくっきりの顔で、バカにしたように笑う。  こいつは、いつも何かと俺たちにつっかかってくるのだが、今は、相手にしている 場合ではないので、無視して作業を続ける。 「可哀相に。あなたがたのその手は、そんなことに使っていいものじゃない」  クリスが、ツルハシを握っているマリスの手を、やさしく包み込み、目をじっと 見つめる。  キザな奴だ。 「だったら、代わって」  表情も変えずに、マリスが言うと、クリスの顔は、「ひっ! 」と引き攣った。 「か、代わってあげたいのはやまやまなんだけど、そうしたくとも出来ないところが、 世の中の、理不尽なところなんだぁ! 」  クリスは、自分の理不尽さを世の中のせいにして、遠くの山に向かって「ああ! 」 と嘆いた。 「せいぜい頑張るのだな」  ダイは、俺たちに、またまた見下した笑いを送ると、さっさと行ってしまった。  しばらく経つと、俺の隣で、クレアが地面に座り込んだ。 「大丈夫か? 」  手を止めて、俺は、クレアを覗き込む。  砂漠を越えたとは言っても、この場所も日の光を遮る木なんかは近くに何もなく、 日は暮れてきていても、気温は平地に比べれば高い。  彼女の顔は青ざめ、冷や汗が滲んでいた。 「まだ身体が完全に治ってなかったのか」 「治ったと思っていたのだけど……」 「無理するな」 「でも、私のせいで、皆が……」 「クレアのせいじゃないよ。他の村に行っても、どうせ資金集めしなくちゃならない んだからさ。しばらく、向こうで休んでいなよ」  俺を見るクレアの大きな黒い瞳が、じわっと潤んだ。 「ごめんなさい……結局、いつも皆に頼ってしまって……本当に、ごめんなさい」  といって、クレアはぽろぽろ涙を零し、俺たちから少し離れたところに腰を下ろし た。 「ミュミュ、また体力を回復してやれよ。お前の魔力みたいなモンは、ヒトと違って 減らないんだろ? 」  カイルが、肩に乗っているミュミュに言うと、小さい妖精は、クレアの方へと飛ん で行った。 「店を修理していた時は、砂漠病は完治していたようであったが……病気にしては、 少し長過ぎる」  俺の隣で、ヴァルが呟いた。魔道士独特の、いつもの平坦な口調で。 「今まで、あまり休む暇がなかったから。何日か、安静にさせた方がいいのかな? 」  俺も、ちょっと心配になって、ヴァルにそう言った時、ちょうどミュミュが戻った。 「クレアの体力は、ちゃんと回復してたよ。魔力は弱まってたけど」  俺たちは、首を傾げた。  マリスは聞こえてなかったみたいで、ひとりガツガツ岩を砕いている。  クレアがサボってるとは思えないし、……また新たな病気にでもかかったのかな?  「それにね、ミュミュ、クレアの体力を回復しようとした時、なんかヘンな感じがし たよ。普段のクレアの魔力の感じと、違う感じが、ちょっとだけしたような気がする」  またまた俺たちは、首を傾げることになる。  ヴァルは、工具を置いて、クレアに寄って行く。 「ちょっとー、あんたたち、何サボってんのよ。真面目にやれって、あたしが怒られ ちゃったじゃないの」  ツルハシをぶんぶん振り回しながら、マリスがやってきた。 「ヴァルとクレアは、何してるの? 」  片膝をついたヴァルは、クレアの額に、てのひらを翳(かざ)している。  俺は、ざっと成り行きを説明した。 「ふ~ん……どうしたのかしらね? 」  後ろ髪引かれるように気にしながら、マリスは、もとの位置に戻って、またガツ ガツやり始めた。  掃除の時と違って、こういう乱暴な作業(?)は、性に合っているらしい。  しょっちゅう暴れていないと気が済まないという、またまた王女にあるまじき性質 の彼女は、こんなことでストレス解消できてしまうのだろうか?   おかげで、ここのところ、俺とは格闘の特訓をせずに済んでいた。  ヒヤヒヤものの攻撃を受けなくて助かるが、ちょっと淋しい気もする。 「チウセウギソエイウアヲイウシ! 」  監督役のジャグに怒られ、ヴァルもクレアも戻り、再び俺たちも岩掘りを再開した。  だが、間もなくして、クレアが、ツルハシを降ろして、耳を澄ませる。 「……なにか……なにか聞こえるわ……」  彼女の隣にいるヴァルに、目で訴えてみるものの、彼は、首を横に振る。 「私には、何も聞こえないが……」  意外だった。  ヴァルにも聞こえないというのに、彼女は、いったい何を感じ取っているんだ?  「あちらの方から、聞こえてくるわ」  ジャグのひとりが掘っている岩の辺りを、クレアが指さす。 「どうしたの? 何が聞こえてるの? 」  不審に思ったマリスも、手を止める。 「わからないわ……だけど、……なんだか、何かを訴えているような……神秘的な、 何かを、感じるわ……」  クレアは、半分上の空のような言い方だ。 「どうやら、なにかあるみたいね。よしっ! 」  マリスは、クレアの指さした方に行くと、そこを掘っていたジャグに、身振り手振 りで交渉する。周りには、他のジャグたちも集まってくる。 「ちょっと、離れてちょうだい」  ジャグたちにそう言うと、手でコンコンと岩を叩く。 「この辺なら、いけそうね」  そう言ってツルハシを置き、マリスは、手にアイアン・ナックルを握った。  ツルハシも、もちろん王女様の小道具とはかけ離れていたが、今握っているものも、 負けず劣らず、王女のアイテムではない。 「……まさか……? 」  呆れて言葉にすることは出来なかった俺を横目に、マリスは、「その通り」と、 にっこり微笑んだ。 「『武遊浮術(ぶゆうじゅつ)究極奥義』で、ここらへんを破壊するわ」  やはり、またしても、無茶を言い出すのだった!  「やめとけよ! 拳がイカレるぞ」 「大丈夫よ」 「俺が、マスターソードの術で壊すから! 」 「ここの連中、きっと魔法なんか知らないわ。驚かれて、これ以上悪者扱いされるの は、もうごめんだわ」  彼女は、自分の倍ほどもある岩の前に立ちはだかった。  深く息を吸い込み、吐き出すと、拳を覆う鋭い突起のついた鉄の塊を、右手で握り、 一度、岩に向ける。  もう一度、岩に向けた時には、マリスの拳は、見事、目の前の岩を砕いていた。 「こ、これは……! 」  マリスの砕いたところは、中が空洞になっていて、その中央には、人間と同じ大き さの、ヒトを象(かたど)ったものが、建っていたのだった!   岩を削って造られたもののようだ。  頭からすっぽり布を被り、身体には、薄布を巻き付けている。 「これだわ! 私に訴えかけていたのは」  側でわいわい言っているジャグを押しのけて、クレアが、その像の前に進み出る。 「ゴシツッティジヤナ! 」 「モラ! 」 「ヤナ! 」  ジャグ族が、口々にそう叫び、像に向かって跪き始めた。 「これは、ジャグ族の拝んでいる女神の像みたいだよ」  ミュミュが、カイルの髪の間から顔を覗かせて言った。 「ついこの前、このへんで大きな地震があって、その時に、岩が落っこちてきて、 この女神像が埋もれちゃったんだって」 「その地震て、もしかして、俺たちが地割れに巻き込まれて、地下帝国へ落っこちた、 あの時かな? 」  俺が皆を見回すと、皆も頷く。 「災いから、村を守ってくれるとして、古くからジャグ族が祀(まつ)ってきた女神像 らしいわ」  女神像に触れながら、クレアが言った。 「なんで、そんなことわかるの? 」  マリスが、うさん臭そうに、クレアを見て言う。 「私、突然、彼らの言葉がわかるようになったみたいなの」  俺たちは驚いて、一斉に、クレアに注目した。  彼女の顔は、さっきの具合の悪かった時と違って、血色も良かったし、表情も晴れ 晴れとしていた。 「体調もよくなってきたし、作業を続けましょうか」  そう言って、クレアが再びツルハシを持ち上げた時、跪いていたジャグたちが、 慌てて、彼女の周りに集まり、ツルハシを取り上げ、一変して、敬っているかのよう に、彼女に向かって、平伏(ひれふ)したのだった!  「なんだ、どうしたんだ? 」  俺とカイルは、きょろきょろとそれを見直していた。  クレア本人も驚いていたが、やがて、困ったように、眉を寄せて、俺たちに言った。 「……どうやら、私を、……その女神か何かだと思って、いきなり崇め出したみたい なの」 「ええっ!? 」  わけがわからず、俺たちは、ツルハシを持ったまま、茫然としていた。


剣月黄ライン剣月黄ライン剣月黄ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン