Book3看板 Dragon Sword Saga3 〜Ⅶ.−3〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第3巻『砂漠の謎』 ~

剣月紫ライン  Ⅶ.『時空の歪(ひず)みと辺境』  〜 3 〜  剣月紫ライン

 ヴァルドリューズが、草の上に座り、目を閉じている。精神を統一し、ミュミュと カイルの居場所を探っているのだ。  彼にとっては、ミュミュの気配は探知しやすく、魔力ゼロのカイルは、彼の魔法剣 の魔力を辿るということだった。 「どうやら、ミュミュとカイルは一緒にいるらしい。おそらく、彼らは、今、地上に いる」  地中に埋没した帝国跡を、探し回っている最中に、ヴァルドリューズが、地上から 僅かにミュミュの羽音が聞こえたというので、五人は、地上へ脱出作戦を立てること にした。 「マリス」  萎(しお)れたようになっているマリスを、ヴァルドリューズは呼び寄せ、耳打ちす る。マリスは、時々頷いていた。 「サンダガー、今のあなたの力で、そこの『次元の穴』を塞げるか? 」  ヴァルドリューズが尋ねる。  重なり合った時空の歪みから、砂漠に出現していた次元の穴を見つけるのは、地上 にいた時よりも容易(たやす)かった。 「さあな。本来の俺様ならわけないが、今は、『ヒト並み』だからな」  身体の大きさも能力も、人間並みだという獣神は、両手を腰に当てて返した。  出来ないことでも、堂々と威張って言うのが神の尊厳だとでも言わんばかりである。 「では、少しだけ、あなたの魔力を解放する。それくらいは、今の私にも出来そうなので」  ピクッと、サンダガーの眉が動く。 「ほほう、俺様の能力(ちから)を? その次元の穴を塞げば、地上に出られるっての か? 」 「おそらく」 「待ってください! 」  クレアが進み出た。 「私、ヴァルドリューズさんから頂いた魔道書を、無くしてしまったんです。もう 少し、探してみてからでもいいでしょうか? 」 「けっ! 散々探したけど、見つからなかったじゃねえか。魔道書なんかに頼んなく たって、魔法くらい使えるようになれよ」 「そ、それはそうだけど……あの魔道書は、ただの魔道書ではなくて、今は、もう この世に一冊しかないという、チャール・ダパゴの魔道書なの。それも、ヴァルド リューズさんが、私の勉強のために、苦労して手に入れてくださったのだから」  クレアとサンダガーがにらみ合う。 「クレア、悪いが、あきらめてくれ。魔道書なら、他のものも出ている。そのうち、 また手に入れる」  ヴァルドリューズにそう言われ、彼女は引き下がったが、後ろ髪を引かれる思いで いるには違いなかった。 「俺のバスターブレードは、マリスが見つけてくれたから、助かったよ。下手したら、 捕まって、処刑されてたかも知れないのに、俺の剣、一生懸命取り返してくれたもん な。ありがとな」  ケインは、素直に感謝の気持ちを表した。 「別に、あたしは、命張って、ケインの剣を取り戻そうとしたわけじゃないんだから。 みすみす捕まる気なんて全然なかったわよ。連行されてる最中に、どっかで剣奪って、 暴れてやるって思ってたんだから」  マリスは、ツンとそっぽを向いた。  そんな彼女の頬が、うっすら紅潮しているのを見付け、照れ隠しだとわかる。  どこか可愛らしいその様子は、演技――武遊浮術の愛技ではないと、彼には思えた。 「素直じゃないなぁ。お前、もうちょっと本心出した方がいいんじゃないの? せめ て、王子に会っておけば良かったのに」 「よけーなお世話よ」  あえて、怒ったように眉を吊り上げたマリスは、憎々し気にケインを睨むと、ぷい っと獣神の方へ向かった。 (マリスが否定しようがなんだろうが、あの時、彼女は、確かに俺のバスターブレー ドに対する思いを理解してくれていた。もし、ただの伝説の剣だったとしたら、あそ こまで取り返そうとはしてくれなかったかも知れない) 『巨人族に取られちゃうことより、形見がなくなっちゃうことの方が辛いじゃない? 』 (あの言葉が、嬉しかったんだ! )  いつか、バスターブレードの持ち主だったレオンのことを話そうと、ケインは思っ た。  サンダガーに命令しているマリスの、不機嫌そうな横顔を見つめながら、ケインは、 心の中で語りかけた。 (いつか、ホントに全部片付いたら、ベアトリクスに行って、お前を王子のもとへ 送り届けるから。それまで、俺は、お前の剣になろう。お前の戦いでは、必ず頼りに なる剣に、すべてを任せられる剣になってやる! )  ……と、我ながら、格好いいことを思いついたのはいいが、同時に、彼女の無鉄砲 な戦い方についていけるのか、という不安が、すぐさま湧き上ったのだった。 「それじゃあ、いくぜー! 」  サンダガーは元気一杯、不気味な空間の中に出来た次元の穴の前に、仁王立ちに なった。 「時空の歪みの影響で、次元の穴がまた移動してしまうかも知れない。なるべく、 短く決めてくれ」 「わかってるぜ」  ヴァルドリューズには、サンダガーが首だけ向けて頷いた。  まずは、ヴァルドリューズが、サンダガーの力を少しだけ解放するということだ。  彼の掌からは、白い湯気のようなものが沸いて出て、それを獣神に浴びせている。 「よーし、なんか元気が出てきたぜー! 」  サンダガーは、両方の掌を、時空の合間に見える、ぽっかりと開いた、ヒトが通れ るほどの黒い穴――次元の穴――に翳した。  その掌からは、バチッ、バチッと、電気のようなものが走り始めたのだった。  それがまるでどこからともなく集まってくるように、次第に大きな放電となって いくと、やがて、ヒトの頭ほどもある大きな光の球を中心に、かなり広範囲に及ぶ 放電が起こる。  ヴァルドリューズは既に獣神に湯気を注ぐのをやめ、ケインたちのところへ行き、 皆、身体を寄せ合った。 「頑張って、サンダガー! あなたなら出来るわ! 」  マリスが応援する。 「そうよ、頑張って! こんなことは、あなたにしか出来ないわ! 」  クレアも一緒に叫ぶ。  なんだかわざとらしく聞こえたケインであったが、獣神の方はまんざらでもなさ そうに、薄ら笑いを浮かべていた。 「よーし、そろそろいいだろう! 」  既に、彼の身体の半分ほどにまで膨らんだ電光の球は、びりびりと音を立て、風ま でもが、荒々しく吹き荒れる。  ヴァルドリューズが、彼らの周りに、緑色の薄い膜を張る。 「くらえっ! 」  獣神が球を発射させた。光の球は、バチバチと放電したまま、次元の穴に突進した。  強い光の乱射と暴風が巻き起こる!   ヒトサイズのサンダガーとはいえ、ヴァルドリューズの防御結界がなければ人間 などは吹き飛ばされていたに違いない。

 
金光

「はーっはっはっはっ! 俺は、この瞬間を待っていた! 今こそ、地上で大暴れ してやるぜーっ! 」  サンダガーが、揺らめく空間の中で、そう言っているのをケインは聞いた。 「なんてヤツだ! それを狙って、わざとヴァルに、ちょっとだけ術を解かせたの か!? 」  やはり、彼は邪神なのか!? そうケインが思っていると――  ごおおおおおおおおお!   光球の攻撃を受けた次元の穴が、みるみる縮んでいく。  その縮んだ中に、根っこごと抜けた草や木、巨大な岩までもが、勢いよく転がり 込んでいった。 「うぎゃあああああああ! なんだこりゃああああ! 」  獣神の身体までもが、そこに吸い込まれかけた。 「マリス、ヴァルドリューズ! て、てめえら、またハカリやがったな!? 」 「あんたの考えることなんか、最初っからお見通しよ! 人間界を暴走しようったっ て、そうはさせないわ。その勢いに任せて時空を通って、さっさと自分の巣にお帰 り! 」  マリスが勝ち誇ったように言い放った。 「ちくしょう! 覚えてやがれー! 」  いつもの捨て台詞を吐き、サンダガーの姿は見えなくなってしまった。  と同時に、地響きが起きる。  結界の中にいる彼らにも、充分伝わる。  ぼごわあっ!   彼らの立つ草むらの地面の底から、異様な音がすると、ヴァルドリューズの結界は、 地面から浮き上がり、丸い級の形へ変化していった。

 
結界

「どんどん上昇してるわ! 」  クレアが、結界の外を指し示す。  彼女の言う通り、それまでいた砂漠の地下――失われた帝国の、白い迷路のような 壁、草原などが、いっぺんに抜け、舞い上がっているのだった!  「次元の穴が消滅したことによって、砂漠の土地が、元に戻っているのだ」  外から響く轟音で遮られがちではあったが、ヴァルドリューズの隣にいるケインに は、彼の説明が聞き取れた。  まさに、埋没していた土地は、もとあった高さのところまで上昇しようとしていこ うとするのだった。

 
砂漠の神殿

 結界である緑の膜は解かれ、白い石の遺跡が、砂漠の上に忽然(こつぜん)と姿を 現していた。  ケインたちが歩いていた時は暗くてよく見えなかった天井もあり、それを支える 円柱もあり、ところどころ破損してはいるものの、もとは立派な美しい神殿であった ことは一目瞭然であった。  彼らから見ても、数百年以上も前に建てられたことは想像がつく、古い様式で造ら れた、白い石の神殿であった。 「なんて綺麗な……! 」  思わず、クレアが呟いた。  クレアとケインが歩き回っていた白い壁は、神殿と少し離れたところに現れていて、 町の面影がある。 「迷路みたいに、壁であちこち仕切られてたのは、こうして見ると、人が住んでいた 家の仕切りだったのかも知れないな」  ケインの言葉に、クレアが頷いた。  砂漠に突如現れた、地下に埋もれていた古代の建物の数々は、容赦なく照りつける 火の光に照らされ、思わず、解けてしまうのではないかという気にさせる。 「……サンダガーは? 」  マリスの額に手をかざしてから、ヴァルドリューズが、ケイン、クレアに答えた。 「もとに戻ったらしい」 「どうやら、あいつ、脳ミソまでヒトサイズになってたらしいわね」  マリスがころころと笑った。 「神を欺(あざむ)くとは……! 煽(おだ)てて騙(だま)して、次元の穴だけ塞がせて、 もう怒って出て来てくれなくなっちゃわないか? 」 「さあ、どうかしらね」  心配になったケインであったが、マリスは大して気にも留めていないようだった。 「ひえー、なんだこりゃあ? 随分とまた馬鹿デカイもん持って来ちゃったなあ! 」 「カイル!? 」  いきなり天から舞い降りてきた、金髪傭兵が、肩に小さな妖精を乗せて、着地した。 「無事だったか! 」 「おう! 」  僅か半日あまりであったが、ケインとカイルはじゃれ合って再会を楽しむ。  ミュミュは二人の周りをしばらく飛んでから、ヴァルドリューズに頬を擦り寄せた。 「そうだ、クレア、落としモンだぞ」  そう言いながら、カイルが、服の中から、古びた本を取り出す。 「こ、これは……! チャール・ダパゴの魔道書!? 」  マリス、ケインも、クレアの声に驚き、彼女の手元を覗き込む。 「どうやって、これを? 」  クレアが、カイルを見上げた。  大事な魔道書が見つかり、喜ぶ前に、驚きの方が強いようだ。 「地割れに巻き込まれた時に、俺の近くに飛んで来たから、慌てて取っといたんだよ。 大事なモンだったんだろ、それ?   ついでに、ミュミュも近くにいたから、必死で掴んだんだ。ほら、こいついれば、 どこでもいけるじゃん? はぐれちゃっても、みんなのことも探せるしさ」  カイルが、にこにこと微笑みながら説明する。 「カイルってば、乱暴にミュミュのこと掴んだんだよ。ミュミュ、とっても痛かった の」  ミュミュは、両隣にいるケインとヴァルドリューズとに、耳打ちした。 「ありがとう……! 」  クレアは魔道書を大事そうに抱きしめ、瞳を潤ませた。  カイルは、得意そうに笑ってみせる。 「それはいいとして、……あんた、随分さっぱりしてない? 」  マリスが、カイルに顔を近付けて言った。 「ああ、俺たち、この先の村まで行って、一風呂浴びさせてもらってたんだ」 「なんですってぇ? 」  ピクッときた彼らの心の動きを代表して、マリスがカイルの襟元を掴んだ。 「どーゆーことよ? 」 「私たち、あなたたちのこと必死で探したのよ? 魔道書を預かってくれて、本当に 感謝してるけど、私たちのことを探してくれようともせずに、悠長にお風呂なんかに 入ってたっていうの!? 」  クレアもマリスと並び、背後に精神的炎を燃え上がらせた。 「えっ!? いや、そんなことないよ! さ、探したよ、俺たちだって。なあ、ミュ ミュ? 」  カイルが尻込みしながら、ミュミュに訴える。  ミュミュは、ヴァルドリューズの肩に座り、こくこく頷いた。 「ミュミュが『お兄ちゃんたち探そう』って言ったら、カイルが『じゃあ、俺はお姉 ちゃんたち探す』とか言って、村に連れてけって言った」 「わーっ! バカッ! なんてこと言うんだ! 」  ケインが溜め息を吐く。 「お姉ちゃんたち……」  マリスとクレアは、三白眼でカイルを睨む。 「あんた、まさか……お風呂入って、綺麗になって、ついでに綺麗なお姉ちゃんたち と、遊んでたんじゃないでしょーねー!? 」 「私たちのことを探しもしないで、よくもそんなことを……! 」 「なっ、なんにもしてないってば! 綺麗なお姉ちゃんなんか、あの村にはいなかっ たしさ」 「そーゆー問題じゃないっ! 」 「わあっ! 」  カイルは、二人に攻撃されていた。  ぎゃあぎゃあと騒々しい場所から遠のいたケインとヴァルドリューズは、しばらく ぼーっと立っていた。  そんな中、ケインが切り出した。 「あの時、なんでマリスのこと、連れ戻さなかった? 」  彼は、まだ完全には信用し切っていない目で、ヴァルドリューズを見た。  対するヴァルドリューズは、暑い日差しの下であるにもかかわらず、涼し気な目を、 彼に向けていた。 「マリスが、もし、セルフィス王子に会いに行ってしまったら、サンダガーの召喚も、 ゴールダヌスの使命も――もしかしたら、魔王が降臨してきても倒す手段が何もなく なるかも知れなかったっていうのに、なぜ止めなかった? 」  それが、今回の彼の行動で、ケインには不可解に思えた。  降臨した魔王と対決するかまではわからないが、ゴールダヌスの計画は、マリス 抜きでは考えられないもののはず。  ゴールダヌス派ではないというヴァルドリューズは、もしかすると、それを成し 遂げまいとしているのかも知れない、とケインは疑問を抱いていたのだった。 「私には、彼女を連れ戻すほどの魔力はなかったのだ」  意外な返事であった。 「それなら、もっと早く俺に命じることだって、出来たはずだろ? 」  ヴァルドリューズは、少し置いてから、答えた。 「彼女が、王子に会っても、いいと思ったのだ。彼に会うことによって、自分のいた 場所へ帰りたくなってもいいと――戦いから足を洗おうと決めてもいい、とすら思っ た」  ケインの深い青い瞳が、ヴァルドリューズの碧い瞳を、じっと見据えるが、本心か らかどうか、それだけではわからない。 「彼女が戦いから引けば、ゴールダヌスの計画とやらは達成出来ないだろう。むしろ、 そうなった方がいいっていうのか? 」  ミュミュがぱたぱたっと、ケインの前に飛んできて、頬を膨らませた顔で睨んだ。 「ケイン、ヴァルのお兄ちゃんのこと、疑ってるのっ!? お兄ちゃんは、ちゃんと 世界のことも、マリスのことも、考えてるよ。なのに、ひどいよー! 」 「ミュミュ」  ヴァルドリューズは、やさしく手でミュミュを制した。 「ゴールダヌス殿の計画を達成させるのは、マリスの使命であると共に、私の使命だ。 額のこのカシスルビーが証拠だ。これがついている限り、使いの魔道士は、その主人 に絶対服従を誓うのだ。そういうものだ。  同時に、マリスは、いずれ、ベアトリクスに帰るべき人間なのだ。それも、私の 受けた指令でもある。だが、それは『いずれ』であって、『今』ではない」 「『今』じゃないと思うんだったら、なおさら、なんでマリスが戦いから抜けても いいなんて思ったんだ? 」  ケインの質問に、彼は、一瞬、瞳を揺らせた。 「それは、……マリスを、かわいいと思うからだ」  すざざざーっ!   ケインは、思い切り、後退っていた。 「か、かわいい? マリスが? ……お前が? 」  予想外の言葉に、ケインはしばらく混乱していた。  気が付くと、ミュミュが「こらー、ケイン! 失礼だぞー! お兄ちゃんだって、 人間なんだぞー! 」といいながら、ケインの頭をポカポカ殴っていた。 「以前、お前に言われたように、一年も一緒に行動していれば情も湧く。始めのうち は、彼女のことは扱い慣れず、随分苦労したものだが、今では、それほどでもなくな った」  そう打ち明けたヴァルドリューズの瞳は、いくらか和んでいる。 「お前にしてみれば、ミュミュはかわいい存在だろう? それと同じことだ」 「そ、そうか。なるほど、ミュミュみたいな……。世話は焼けるけど、放っておけな い感じの。女としてかわいいっていうより、コドモとか、ペットみたいな……そっか、 そういうことかぁ! 」 「ミュミュは、ペットなんかじゃないでしょー! 」  ミュミュがケインの頭の上に乗っかり、髪をぐしゃぐしゃにする。 「それじゃあ、……信じていいんだな? お前のこと」  上目遣いに、ケインがヴァルドリューズを見る。 「それは、お前の勝手だが、……私は、お前を信じている」  そう言ったヴァルドリューズの碧眼は、どこかやさしく、どこかからかうようにも 見える、不思議な色合いに輝いていた。  その端正な顔立ちも、さらっとなびいた黒髪も、彼の纏(まと)う東方系の神秘的な 雰囲気も手伝って、男のケインでさえ、しばらく見蕩(みと)れてしまうほどであった。 (ずるい。こいつって、結構、ヒトを味方に引き込むの、苦手なようで、うまいかも ……? )  ちょっとだけ、彼のことを信じてみようかという気になった、ケインであった。 エピローグ 「なんか、ダグラはいなくなっちゃったけど、村まではもう少しなのよね? それ じゃあ、出発! 」  マリスが、元気よく拳を上げかけるが、 「あっ、そうだわ。その前に、せっかくだから、散々世話になったこの砂漠に名前を 付けましょう! 」 「はあ、名前ねえ……」  彼女の思いつきに、皆、顔を見合わせる。 「だって、今まで地図にも表記できないところで、埋没してた国だって、こうして 遺跡となって現れてるわけだし。そういうのって、大抵、発見者が名付けるもので しょう? 」  マリスは、自分の思い付きに酔いしれ、うっとりと、白く輝く石壁を、見回して いた。 「正義の白い騎士マリユス・ミラー命名――いいえ、歴史に名を残すんだったら、 本名の方がいいかしらね」  こほんと咳払いをし、彼女は言い直した。 「正義の白い騎士マリス・アル・ティアナ命名、この砂漠の名は……」 「ちょっと待てよ」  カイルが手で制した。 「もう、名前掘られてるぜ」 「なんですって? 」  カイルが壁の一部を指差した。  『この神殿を、「獣神サンダガーの神殿」と定める。  これが存在している砂漠は、「ポペの砂漠」と命名する。  変更したヤツは死ぬ。』  誰が掘ったものかは、一目瞭然である。 「なんなのー? このラクガキはーっ!? あいつ、このあたしを出し抜きやがった わねーっ! 」  自分のことは棚に上げ、マリスは怒り出した。 「ふざけた名前つけちゃって! なにが『ポペの砂漠』よ! ネーミングにセンスの カケラもないわ! 」 「案外、お前といい勝負じゃないか? 」  思わず漏らした言葉を聞き逃さなかったマリスは、ケインをじろっと睨んだ。 「『変更したら死ぬ』だって。不吉だよなー」 「ほんと。これが、神様の考えることかしらね? 」  カイルとクレアも、ほとほと呆れていた。  そのタイミングで、ケインの服のポケットで何かが震え出した。 「どうしたのよ? 」  マリスが、まだ機嫌の悪い顔で、ケインの手元を覗き込んだ。  バヤジッドからもらったペンダントが握られている。  ペンダントを開けると、彼の肖像画が、ぼわーっと実写に移り変わっていった。 「皆さん、こんにちは! お久しぶりです! といっても、まだほんの十日足らず ですけど」  元気のいいヒト離れした声がしていた。  彼は、木の枝分かれしている手で、身振り手振りを交えながら、黒いフード姿で、 ペラペラと喋っていた。 「魔力を妨害する時空の歪みがなくなったおかげで、また交信ができるようになった ようだな」  横から、ヴァルドリューズが言った。 「このペンダントって、向こうからの受信機能もあるのか。しかも、バイブ!? 」  ケインを始め、皆も感心するというより、驚いた。 「いくら交信を試みても、どういうわけか、なかなか出来なかったものですから、 心配しちゃって……。皆さん、大丈夫でしたか? 」 「おう! いろいろあって大変だったけどさ、もう大丈夫だぜ! 」  バヤジッドに、カイルが笑顔で答えた。 「時空が入り組んじゃってて、それで、魔力が遮断されてたらしいんだ」  ケインが付け加える。 「そうでしたが……。なるほど、そういうこともあるのですねえ。……ああ、なるほ ど、そういうことでしたか」  彼は、同じことを繰り返したのち、納得したのか、両手をポンと打った。 「それで、あのー、……私のハトは、そちらに届いたでしょうか? 」  木の魔道士は、遠慮がちに切り出した。  その言葉で、一行は、オアシスを出る時、食料も何もかもが全部揃った後に、彼の ハトが栄養の飴を運んできてくれたことを思い出す。 「そういう事情では、皆さんが、いくら私にお礼の連絡を取りたくとも出来なかった わけですね。いやあ、飴が届いたのかどうか、ずっと心配だったのですが、そういう ことならわかりました。とんだ災難でしたね」 「あ、ああ」  彼らは、曖昧に笑っていた。誰も、彼に礼を言おうなどとは思い付かなかったのだ った。飴をもらったことすら、その場から忘れ去っていたのだから。 「あの、お礼が遅くなって、申し訳ありませんが、本当に、ありがとうございました。 あの飴があって、私たち、非常に助かりました」  クレアが、バヤジッドの顔色を伺うように、笑いかけながら、言った。 「そうですか、そうですか! 今はもう在庫がないんですけど、お気に召したのなら ば、作り次第、またそちらにお届け致しましょうか? 」  バヤジッドは、嬉しそうな声を上げるが、一行は、顔を見合わせた。 「まだ余ってるし、幸い、近くに村もあって、食料には当分困らないと思うから、 しばらくは大丈夫だわ」  マリスが作り笑いで答えた。  満腹感が得られず、彼女に限らず、皆にも、あの飴は物足りなかったのだった。 「そうですか。それでは、また何かあった時にでも。  ……ああ、そうそう。皆さんが紅通りを整理して下さってからというもの、治安が 良くなったおかげで、観光客が増えてきましてね、国内はおろか、なんだか近隣の国 からも注目されてるみたいでして。もしかしたら、これからフェルディナンドは景気 が良くなるかも知れませんよ」  彼は、嬉々として喋っていた。 (だけど、あそこって、ニセ物ばかり売ってなかったっけ? 大丈夫なのか? )  ケインを始め、皆、少々心配にはなった。 「それから、フェルディナンドの宮廷魔道士の代表が、魔道士参謀のダミアス様に、 お礼のために、改めてアストーレを訪問するそうです。皇后陛下もご一緒で、しばら くはアストーレにご滞在なさるようです。多分、こちらは、アストーレの第三王女 アイリス様の花嫁修業もあるのではないかと思われます。もちろん、これは、私の 密かな見解ですが、もしかしたら、姉君である皇后陛下が、王女殿下の花婿を、ぱっ ぱとお決めになってしまうかも知れませんね。私と致しましては……」  そこで、マリスの手が、ケインの手の中にあるペンダントの蓋を伏せた。 (俺を気遣ってる? そんな必要ないのに……)  ケインは無言でマリスを見つめた。 「しかし、モンスコールは野蛮だし、デロスは第一王子なので婿には向かないし、 そもそも決闘の結果、結婚しないと約束されてるし……」  バヤジッドは、閉じられたことに気付きもせず、喋り続けているが、声はフェイド アウトしていき、やがて消えていった。 「中原は、相変わらず、のんびりやってるみたいね。ま、あたしたちとは住む世界が 違うのよ。勝手にやらせておきましょう」 (『住む世界が違う』って、もともとは、お前だって『そっちの人間』だったんじゃ ないか)  何気なくそう言ったマリスに、ケインは思わず、くすっと笑いを漏らした。 (たいしたもんだよ、王女のくせに) 「なに笑ってるのよ? 」  マリスが眉をひそめて、ケインを見る。 「いや、マリスって、やっぱ変わってるなぁって、思って」 「失礼ね。そんなこと言うの、ケインだけだわ」  マリスは少しだけ頬を膨らませた。だが、それほど嫌そうではなかった。  魔力を妨害するものはなくなったことで、ヴァルドリューズの空間移動術が使える ようになった。  一行が一カ所に集まると、周りには、見慣れた薄い緑色の結界が張られていく。  カイルとミュミュが一足先に訪れた村を目指し、彼らは、新たな気持ちで繰り出し たのだった。

 
ダグラ


剣月黄ライン剣月黄ライン剣月黄ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン BOOK3あとがき