Book3看板 Dragon Sword Saga3 〜Ⅴ.−1〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第3巻『砂漠の謎』 ~

剣月黄ライン  Ⅴ.『砂漠に潜むもの』  〜 1 〜  剣月黄ライン

 オアシスで水浴びをし、軽く(?)食事を摂った後、本来の目的である次元の穴の あるらしい砂漠に向かう『白い騎士団』一行である。  ぎらぎらと照りつける日差しは変わらずであったが、それまでの砂漠と違い、 オアシスから近いせいか、背の高い植物や岩などの日を避けられるものがあり、 通行人にとっては非常に有り難い。  ある程度日が落ちるまで、一行は木陰で休憩することにした。  影になっているとはいえ、気温は高い。ごろごろと岩が転がっている岩は、冷たく とまではいかないが、座ることは出来る。  岩の上に俯せていたカイルが、何やらごそごそとやり始めた。  そうして、白いベストのポケットから取り出したものをしゃぶる。オアシスで見つ けた干物や、果物の皮を乾燥させたものだ。  紙巻き煙草は、とうに尽きてしまったので、口が淋しくなると、そのようなものを かじるのだった。 「それ、なあに? 」  ミュミュが目敏(めざと)く見付けると、カイルにぱたぱたと寄っていった。 「シッ! オアシスで、こっそり買っといたんだよ。みんなには内緒だぞ」  彼は、周りに気付かれないよう、そっとミュミュに、萎(しお)れた木の皮を手渡し た。  両手でそれを受け取ったミュミュは、その茶色く干涸びたシワシワの物を、じーっ と見ていたかと思うと、思い切って、カプッと噛み付いた。 「にがーい! 」 「お子様には、わかんねえ味なんだよ。いらないんなら返せよ」  伸ばしてきたカイルの手の甲をペチッとはたいて、『皮』を口にくわえたまま、 ミュミュはふーっと飛んで行き、内緒だと言われたばかりにも関わらず、ヴァルド リューズにそれを見せていた。 「ねえ、ヴァル、次元の穴って、どの辺なの? 」  赤い東方系の衣装の上から白い甲冑を着たマリスが、岩の上に腰掛けたまま、 顔だけヴァルドリューズを向いた。 「この辺りにあったのだが――おかしなことに、消えている」 「ええっ!? 」  何事かと、皆も一斉に二人に注目する。 「消えてるって……どういうことよ!? 」 「先日見た時は、確かにこの辺りにあったのだが、……消えているとしか言いようが ないのだ」  ヴァルドリューズの静かな碧眼は、暑さの中でさえ、涼しげに語る。 「本当だよ。ミュミュも、この間は確かに見たけど、もうなくなっちゃってるんだよ」  萎びた木の皮をしゃぶりながら、ミュミュがヴァルドリューズの肩に止まる。  皆で、顔を見合わせる。 「なくなったって――次元の穴って、移動したり、消えたりするものなのか? 」  と、不思議そうなケイン。 「……なんとも言い切れないわね。今までは、そういうものではないと思っていたけ れど……」  マリスも首を傾げる。 「……ただ――」  ヴァルドリューズは言いかけるが、すぐに口を噤(つぐ)んだ。 「ただ――なに? 」  マリスが、慎重な面持ちになる。 「……『魔』の気配はずっとしている。……用心に越したことはないだろう」 「『魔』の気配――! 」  クレアが真剣な表情で耳を澄ませる。 「私には、よくわかりませんが……」 「見えるところではなく、『見えないところを探って視る』のだ」  無表情な碧眼がクレアを見下ろす。  彼女は、再び精神を集中させた。 「……今度は、感じるわ。どこかで……魔物というよりは、……なんていうのかしら、 うまく言えないけど……とにかく、異様な気配を感じるわ。近くなったり、遠くなっ たり――どういうことなのかしら? 」  クレアは言葉を一旦区切ってから、さらに慎重な様子で続けた。 「『ここ』のようで、『ここ』ではないどこか――それに、この感じは、なんだか ――」  言いかけて、突然ふらっと倒れかけたクレアの身体を、とっさにヴァルドリューズ が受け止めた。 「無理をするな。まだ体力が完全に回復していないのだ」 「す、すみません……」  オアシスを出て以来、クレアの体調は良くない。顔色も悪かった。 「一足先に、クレアを連れて、この先の村に行こうと思うのだが」  ヴァルドリューズが、クレアを抱きとめたまま、マリスに言った。 「その方がいいみたいね」 「そんな……! 私だけ、そういうわけにはいかないわ! それに、そんなことを したら、ヴァルドリューズさんの魔力の消耗が激しくなるばかりです! 」 「ミュミュに回復してもらうから、大丈夫だ」 「で、でも……! 」  ヴァルドリューズがクレアを抱き上げると、皆の目の前から二人の姿は、ふっと 消えた。 「……行っちゃったぜ? 」  放心したように、カイルが、二人のいた場所を見る。 「ミュミュがクレアを回復してあげれば良かったんじゃないか? 」  宙にぷわぷわ浮かんでいるミュミュに、ケインは言った。 「やったよ。魔力も体力も復活させたけど、クレアの調子はよくならなかったんだよ」 「……大丈夫なのかな? 」 「大丈夫だと思うわ」  ケインが呟いたのを受けて、マリスが答えた。 「多分、クレアの調子が悪いのは――」 「ああ、そうか! そういうことか! 」  マリスが言いかけるのを、カイルが、ぽんと手を打って遮った。 「なに? なんだって? 」  カイルは、ケインに得意気な顔になってみせた。 「鈍いなあ、ケインは。『月の物』が来たんだよ。前に聞いたことがあるんだけど、 女の魔道士は、そういう時、魔力が一時的に弱まるらしいんだ。女って大変だよな」  それを聞いて、ケインも、魔道士だった女の子から、そのような話を聞いたことが あったような気がした。 「なんだか大変なんだな、女の人って」 「そういう時に、普段以上のパワーを発揮する人も、稀(まれ)にいるらしいわよ」 「お前なんか、そうなんじゃないの? 」カイルがマリスをからかった。 「そうかも知れないわね」マリスも笑う。 「ほんとに大丈夫なのか? クレア」  しばらくして戻ったクレアは、幾分顔色が良くなっていて、元気も少しは戻ったよ うだった。 「村で薬を飲ませてもらったら、すぐによくなったわ。『砂漠病』といって、貧血に 似たような症状で、砂漠ではよくかかる病気なんですって」 「……誰だよ、月の物なんて言ったのは? 」  ケインが小声で言うが、カイルもマリスも、素知らぬ顔をしている。 「薬はしばらく必要なんだけど、魔物をバシバシやっつけるために、早く治すよう 頑張るわ! 」  ピンクのワンピースを着て、長い髪を下ろした彼女の、フェミニンな出で立ちには 似つかわしくないセリフであった。それが微笑ましく、皆は思わず笑う。 「男ばっかの傭兵団と違って、女の子がいると、場が華やかになっていいよな」  カイルが、にこにこして言う。 「あら、今までだって、一緒だったじゃない」  そう言ったマリスに、カイルが指を立て、「ちっちっ」と舌を鳴らしてみせた。 「甲冑着て少年騎士振る舞ったヤツと、かしこまった神官服の巫女さんよりも、東方 から来た謎めいた美少女戦士二人組の方が、神秘的でカッコいいじゃないか! これ で、やっと、このメンバーにも色気が加わったぜ! 」  喜んでいるカイルを、クレアは複雑な表情で睨んでいたのだが、美少女と言われた 手前、怒るに怒れないでいた。  マリスの甲冑姿や、クレアの神官服も好感を持っていたケインも、今のマリスの 赤いパンツスタイル(上に甲冑を着てしまってはいるが)や、クレアのピンクのワン ピース姿は、確かに目の保養になると思った。


 
砂漠の魔

「それで、さっき言ってた『魔』の気配っていうのは、近くに魔物の存在があるって ことなの? 」  マリスが、ヴァルドリューズに尋ねる。 「『魔』と言っても、魔物の発するものとは、また違うようにも取れる。だが、明ら かに、『魔』の存在も感じられる」  いつもの無表情で、彼は返していた。 「どういう意味なのか、はっきり言ってくんない? 」  ヴァルドリューズを見るアメジストの瞳が、いくらか歪められた。 「悪いが、そのようにしか言いようがないのだ」 「じゃあ、魔物の気配と、それとは別の得体の知れない気配の二つが、感じ取れるっ てわけね?  「大きく言えば、そういうことだ」  少しの間、マリスは腕を組んで考えていた。 「……今までになかったケースね。もしかしたら、……ちょっと厄介なことになるか も知れないわね……」  マリスとヴァルドリューズ以外、様子のわからないケインたちは顔を見合わせてい た。  皆、彼女の次の言葉を、聞き漏らすまいと待つ。  いつもの大胆不敵な笑みが、彼女の顔に浮かぶ。 「いるには、いるのだったら、誘(おび)き出してやりましょうか。ヴァル、『サンダ ガー』よ」 「ええっ!? こんなところで!? 」  ヴァルドリューズ以外、一斉に青ざめていた。 「何も現れていないのにか――? 」  ヴァルドリューズでさえ、いくらか呆気に取られているような反応だったが、マリ スは人差し指を立て、片目を瞑ってみせた。 「何も見えないからこそ、『サンダガー』で『あさる』のよ。そこらへんを、手当た り次第ね」  誰一人、二の句が告げられずにいた。 「幸い、砂漠で、辺りには壊れるようなものは何もないわけだし、ここんとこ呼び出 してやってないから、『あいつ』もストレス溜まってるだろうし、小出しにしてやら ないと制御のコツも忘れちゃうかも知れないし――ね? 」 「それって、『サンダガーで暴れ回る』――ってこと? 」  マリスは、にっこりとケインを見た。 「さすが、ケイン。察しがいいじゃない」 「……なんて大雑把(おおざっぱ)な……! 」  ケインとクレアは、頭痛を覚える。  単に彼女が暴れたいだけのようにも見えるが、万が一、本当に、獣神サンダガーの 召喚魔法で、『彼』を操るコツを忘れられてはかなわない。彼女が制御に失敗すれば、 この世は、サンダガーの暴走により、どのようなことになってしまうものやら。  そう考えると、誰も、真っ向から否定も出来なかった。 「なるほど。悪くはない」 「でしょう? 」  沈黙の中での、ヴァルドリューズとマリスの会話であった。 「おいおい、お前らさあ――! 」  カイルが言いかけるが、ヴァルドリューズが構わず続けた。 「だが、それならば、サンダガーを召喚するよりも、もっと簡単な手がある」  ヴァルドリューズが、改めてマリスを見て、一言、発した。 「脱げ」  驚いたのは、皆の方であった。  ケインとクレアは思わず、冷静なヴァルドリューズと、そのようなことを言われて も、平然としているマリスとを見比べていた。  カイルなどは目を輝かせている。 (おい、お前は、何を期待してるんだ? )  ケインが、カイルの隣で横目になる。 「……なるほどね」  マリスは納得すると、何気なく、甲冑を脱ぎ始めた。 「カイル、俺たちは席を外そうぜ」  カイルの首に腕を回し、ケインはマリスから背を向けるが、カイルは思いっきり 仏頂面(ぶっちょうづら)になる。 「なんでだよ? 」 「……そこで、そういう言葉が出ること自体、おかしいだろ? マリスは、仮にも、 ベアトリクスの王――」  言いかけて、ケインは留まった。マリスの身分のことは、彼らは知らないのだと 思い出したのだ。 「ベアトリクスの王――何だって? 」  カイルが怪訝そうな顔になる。 (まずい! )  ケインは、慌てて取り繕う。 「……だから、その……『ベアトリクスの王太子付きの護衛』だったんだしさ、 それに、彼女は貴族だろ? あんなんでも、一応は『姫』なんだからさ、その……」  カイルの眉が、への字に寄っていく。 「それがどうしたんだよ? 護衛だったんなら、とりわけ身分の高い貴族ってわけ じゃないんだし、見ちゃいけないなんて、誰が決めたんだよ」 「だって、紳士は、そんなことするもんじゃないじゃないか! 」 「俺は別に紳士じゃねーもん! 」 「お前ってヤツは――! 」 「見るなって言われてもいないんだから、いーじゃねえか! 」 「わー! バカ! 見るなー! 」  ケインの腕を振り解いたカイルが、マリスを振り返った。  が、そこには、もう彼女の姿はなく、白い鎧だけが地面に転がっていた。 「何してるのよ、二人とも。マリスなら、もう行っちゃったわよ」  クレアが言った。 「魔力を抑えていた甲冑を外すことによって、魔物に、マリスの魔力を探知させ易く したのよ。そうやって魔物を誘き出したところで、『サンダガー』を呼び出す―― そういう作戦だそうよ」  クレアが説明した。 「それならそうと言ってくれよ。紛らわしい言い方しやがって……! 」  カイルが、ヴァルドリューズに横目で文句を言うが、彼の方は全く取り合わず、 そっぽを向いている。 「なにかんちがいしてんの? バカじゃないの? きゃははは! 」  ミュミュがケインとカイルの頭の上を笑いながら、ぐるぐる回っている。ケインは 羞恥心に顔を赤らめて下を向き、カイルは特に取り繕おうともしなかった。 「……ちょっと待て、じゃあ、今マリスは甲冑も着けずに、ひとりで砂漠をうろつい てるってのか!? 剣もまだないのに? 」 「そう言えば、そうだわ」  ケインの疑問に、クレアが頷く。 「ここの砂漠では魔力を読み取りにくいって、言ってたよな? もし、マリスが魔獣 に出会っても、居場所を突き止めるのに時間がかかるんじゃないのか? いくらマリ スが鍛えてるからって、素手で魔獣と向かい合うことにでもなったら――! 」  ヴァルドリューズは、そう言うケインを、いつものように静かに見下ろす。 「たかが偵察だ」 「魔物が姿を表すのを、待てばいいじゃないか! 」 「いつ現れるかわからない魔物を、ただじっと張ってるだけじゃあ、それこそ能が ないじゃないか。また食料や水が尽きちゃうかも知れないんだしさ」  ヴァルドリューズの代わりに、ケインにはカイルが答えていた。 「だったら、せめて、ヴァルがマリスの近くで見張ってるとか……。魔物が現れたら、 すぐに出て行けるように、魔力の届く範囲で、援護してやれば」  ケインは、以前、アストーレの山でもそうだったように、ヴァルドリューズに対し ての視線が、徐々に睨むように変わっていくのが、自分でもわかった。それと同時に、 彼に対する、疑いに近い思いも、徐々に顔を出す。  だが、それには介さず、ヴァルドリューズは続けた。 「もう少し、クレアの回復を待った方がいいだろう。薬が効くまでは、彼女をやたら に動かさない方がいい。さきほども言ったが、マリスは単に偵察に行っただけなのだ から」  ヴァルドリューズは、心配そうに彼を見上げるクレアに、静かに頷いていた。 (いつも慎重なヴァルが、なんで今は……? ホントに心配いらないと確信している のか、それとも、他に理由があるとすれば……)  その先を考えたケインは徐々に胸騒ぎを覚え、いても立ってもいられなくなった。 「マリスは、どっちへ行った? 」  低い声で尋ねたケインに、一瞬ビクッとしたクレアは、マリスの向かって行った 方向を指差す。 「マリスを援護してくる。ヴァルがいなくたって、魔獣くらい俺が倒してやる! 」  ケインは、キッとヴァルドリューズを睨むと、ダグラに飛び乗り、走らせた。 「ケインのヤツ、何ムキになってんだろうな」  僅かに、カイルがそう言っているのが聞き取れたが、その後は、ケインにはダグラ が砂を蹴る音しか耳に入らなかった。


剣月黄ライン剣月黄ライン剣月黄ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン