Book3看板 Dragon Sword Saga3 〜Ⅱ.−1〜
アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第3巻『砂漠の謎』 ~

剣月黄ライン  Ⅱ.『刺客』  〜 1 〜  剣月黄ライン

 それから、しばらく進み、一行は休憩を取る。  周りは、相変わらずの荒野で、前方にはひどい砂埃が見える。  マリスが予告した通り、そのあたりから砂漠に入るようになる。 「やっぱり、砂漠を通らなくちゃいけないのかしら」  クレアが、不安そうな表情で、ケインに尋ねた。 「どうかな。ヴァル、次元の穴は、どの辺か、もうわかるか? 」  ケインはウマから下りて、木陰で座っているヴァルを見るが、彼はピクリとも動か ない。瞑想に入っているようだ。  邪魔をしてはいけないと思ったミュミュが飛んできて、ケインの肩に止まり、一行 を見回した。 「ミュミュも魔物のいるところくらい、わかるよ。今のところは何もいないみたい。 それに、妖精の力は、人間の魔力と違って減ることはないんだよー」 「だったら、ミュミュ、見てこいよ」  ケインが言うと、彼女は目を見開いた。 「やだっ! 何かあっても、ヴァルのお兄ちゃんは瞑想中だし、誰もミュミュのこと 助けらんないじゃないの! だから、やだよー」 「……あ、そう……」  ケインは、仕方のなさそうに横目でミュミュを見る。  ふと、別の木陰では、カイルが地面に倒れ込んで、呻き声を上げていた。 「どうした、カイル? へばったのか? 」  ケインは、彼に近寄っていく。クレアも、後に続いた。 「……な……んな……おんな……」  彼の呻き声が聞き取れると、クレアは呆れた顔になって、戻って行った。 「……おい……」  ケインも呆れて、カイルの肩を揺さぶるが、俯せたまま、カイルがぶつぶつ言い出 す。 「アストーレを出て、何日経ったっけ? 」 「何日って……、まだ一週間くらいじゃないのか? 」 「一週間!? まだそんなもんだったのか!? 俺はまた一ヶ月以上も経っちまった かと思ったぜ」 「だって、何晩寝たか、思い出してみろよ。そんなに経ってないはずだろ? 」 「そんなもん、思い出したくもねえよ! ごつごつした岩場か、マシなところでさえ、 草むらの上だ。  柔らかいベッドの代わりに、寝袋なんかでスマキになって……それに、もうずっと 女の子とデートしてない。喋ったり、お茶もすらも。こんなことは、いくさ以来だ! 」  ケインは、呆れてカイルを見下ろしていた。 「砂漠になんか行ったら、ますます女が遠のいていく。ああ! いったい、いつにな ったら、町やら村やらに着くんだ!? 」 「あのなあ、俺たちは、次元の穴を探してるんだぞ。町や村を観光しに行ってるわけ じゃないんだから」  ケインは、無理矢理カイルを抱き起こして、座らせた。 「お前もヴァルみたいに瞑想して、煩悩を追い払ったらどうだ? そうすれば、女が いなくても、辛くないだろ? 」  冗談混じりにケインが言うが、彼の耳には全く入っていない様子だった。 「ああ、スーちゃんみたいな刺激的なカッコ見せられると、余計に女(ひと)恋しくな っちゃうよなー。一ヶ月も、この俺が女の子と遊んでないなんて……! 」 「だから、一週間だってば。お前、スーちゃんのこと、あんまりよく言ってなかった じゃないか。露出は抑えてでも、しとやかで、ほのかに香る色気の方がいいって。 まーったく、言うことがコロコロ変わるんだから」  思わず呆れた言葉が、ケインの口をついて出ていた。 「お前さあ、スーちゃんと初めて会った時、なんでマリスがあんなに怒ったのか、 わかるか? 」  すわった目をしたまま、カイルが言った。 「突然何を言い出すんだよ」 「アストーレで、マリスは、マリユス・ミラーって名乗って、少年騎士を装ってただ ろ? 自分から男装してたし、いろんなヤツに男扱いされても、ずっと平気だったの に、なんでスーちゃんには珍しく感情をさらけ出して怒ってたのか」 「それは、スーちゃんが、あからさまに挑発したからじゃないのか? 」  カイルは首を振って、人差し指を立ててみせた。 「俺が思うには、マリスは、自分の女としての自信があんまりないんだよ。だから、 スーちゃんとかマリリンみたいに『女らしい』やつらを見ると、羨ましくて嫉妬しち ゃうんだろう」 「……ひどいこと言うなー」 「あいつだって、スタイルはいいし、色気が全然ないわけじゃないんだけど、どうし ても、女性的っていうよりは、中性的じゃん? 年の割には大人びてるけど、スーち ゃんの色気は、あれは年の功だ。いくらマリスが頑張っても、すぐに身に付くもんじ ゃない。コンプレックスを刺激されたから、あんなに怒ってたんだよ」  カイルは、いつの間にか元気を取り戻していて、生き生きと喋っていた。 (なるほど、ヤツの原動力は、やはり『女』なのか。女の話をしているだけで、こん なに元気が湧いてくるとは)  ケインは、妙なことに感心した。 「それで、お前、マリスとはどうなんだ? 」 「は!? 」  唐突なカイルの質問に、ケインは面食らった。 「トボケるなよ。アストーレでお姫さんと結婚しなかったのは、マリスに惚れてたか らだろう? だから、一緒に旅することにしたんだろう? 」  カイルは、ふざけてケインの首に巻き付き、締め上げた。 「ち、違うってば! 」 「ウソつけ! でなきゃ、なんでアストーレを出て、その上、マリスにくっついて回 ってるんだよ。それって、好きだからだろ? 白状しちゃえよ! 」  カイルは、マリスの素性は知らない。ここで、ベアトリクス王女であることを打ち 明けるのは、彼女の意志ではないのは、ケインもわかっていた。  苦し紛れに、なんとか脱出を試みる。 「カイル、お前こそ、実はマリスが好きなんじゃないのか? さっきからマリスの話 ばかりだし、俺に、こんなにしつこく彼女のこと聞くのが、その証拠じゃないか」  ぱっと、彼の手がケインから離れた。 「な……なんで、わかったんだ!? 」 「なに!? ホントだったのか!? 」  カイルは、ぷっと吹き出し、腹を抱えて笑い出した。 「じょーだんだよ、じょーだん! ああ、おかしー! ケインて、からかうとおもし れーな! また頼むわ! 」  彼は、笑い過ぎて目尻に涙を浮かべながら、ケインの肩をぽんぽん叩いた。  ケインは、口をあんぐり開けたまま、怒る気力も湧かなかった。 「ヴァルが瞑想から戻る前に、あたしも身体を動かしておこうかしら」  マリスが腕を回しながら、ケインとカイルのところへやってきた。 「ケイン、特訓するから付き合って。あっちに木陰がちょこちょこあったの。そこで どう? 」  カイルにからかわれた後で、ケインはカイルの視線が気になった。 「わざわざ場所変えるなんて、アヤシイなぁ~。ホントに特訓かねぇ」  案の定、カイルが口笛を吹いて冷やかす。  マリスは、焦るでも怒るでもなく、にっこり笑ってみせた。 「なんなら、ここでやってみせてもいいし、カイルも一緒に、ケインと二人がかりで かかってきてくれてもいいわよ。その代わり、ここがどうなっても知らないし、ケイ ンみたいに武遊浮術(ぶゆうじゅつ)身に着けてないと、怪我しない保証は出来ないけ ど、それでもいいんなら」  カイルの表情が、冷やかし顔のままで固まった。 「なんで、あたしが毎日特訓してるか、教えてあげましょうか? 『獣神サンダガー』 を召喚するようになってから、やたら食欲が湧くし、一日一回は暴れないとストレス 貯まるのよ。発散しないと、サンダガーのコントロールも、うまく行かない気がする から。  野盗でも魔物でもいればいいんだけど、ここのところ出くわさないし。ケインが相 手なら、あたしも手加減なしでいいから、一番助かるのよ。でも、カイルも協力して くれるんなら嬉しいわ! 是非、一緒にお相手願うわ! 」  マリスが手を合わせて喜ぶと、みるみるカイルの顔が引き攣っていく。 「……頼んだぞ、ケイン。俺の分まで」  ぽんとケインの肩に手を置くと、カイルは、ヴァルドリューズの隣に座り、脚を組 んだ。 「ボクは、ここで、煩悩を追い払うため、瞑想してるので、邪魔しないで。どうぞ他 でやってください」 「だそうよ、ケイン。行きましょ」  唖然としているケインの腕を、マリスは引っ張っていった。  以来、カイルは、二人のことは冷やかさなくなった。  ケインの身体が、大きく宙を舞う! 場所に着いた途端、マリスが一瞬のうちに彼 を背負い投げたのだった。  大きく飛ばされたおかげで、咄嗟に体勢を整えて着地することが出来たケインであ るが、それを待っていたのは、繰り出される突きであった。  それを受け、払いのけ、蹴りも躱(かわ)していく。  一頻(ひとしき)り暴れたのち、マリスは、実に爽やかな笑顔になった。 「やっぱり、ケインだと安心して攻撃出来るから、助かっちゃうわ! 」  彼の方は、彼女の攻撃を、いくらかヒヤヒヤしながら受けていたのだったが、彼に とってもいい特訓であった、と自分に言い聞かせておくことにした。  それにしても、暴れた後で見せる、晴れ晴れとした笑顔を見ると、彼としても、 良い思いをした気分になれた反面、 (やっぱり、マリスって野蛮人だよな。……王女のくせに)  と、思わずにもいられないのだった。 「あそこに行商人(キャラバン)がいるわ。行きましょう」  マリスの指さした方角、砂漠の手前に並ぶキャラバンの群れへと、ウマを進める。  砂漠を渡るには、ダグラという、ウマとは別の動物に乗り換える必要があった。 ウマでは、砂に足を取られてしまい、思う通りには進めず、ウマの疲労も大きい。  ダグラは、ウマと似た外見だが、ウマよりも、首が持ち上がった分、体高が大きく、 尾はトリのようにふさふさと吹き出し、頭にもふさふさの毛が、トサカのように立っ ていた。  足の指もトリのように、三つ、四つに別れ、砂をかき出せる水かきのような、厚み のある砂かきがついていた。  頭から長い白い布を被り、茶色の皮膚をした、西洋とは人種の違う行商人たちは、 ダグラに関しては、リブ金貨よりもウマと交換したがっていたので、一行の乗ってい たウマの分しか手に入らなかった。  キャラバンの出店では、他に、水や食料、日除け用の布や雑貨などが、並んでいる。  日除けの布と食料、大きめの革袋に入った水と、小分け用の水筒などを買い、道案 内人をひとり頼むと、マリスとカイル、クレアとケイン、ヴァルドリューズで一頭ず つダグラに乗る。  進むごとに、地面は徐々に砂地に近くなっていった。 「お客さん、運が良かったアルよ! この間まで振っていた大雨も、つい昨日止んだ アルよ。砂漠、乾くの早いアルから、もう地面は砂に戻ってるアル! 」  二本のヘビのような、変わった形の口髭を生やした、背の低い、太った茶褐色の肌 の男は、頭から垂らした白い布を環で止め、膨らんだ白いパンツを履いていた。  東方の地域によくある格好であった。 「チョウさんは、東方の出身か? 」  案内人(ガイド)に、親し気な少年口調で、白い甲冑のマリスが尋ねた。 「おお、いかにもそうアルよ! 坊ちゃん、なんでわかったアルか!? 」  太ったガイドの男は、自分のダグラの上で、うれしそうに、ちょっとだけ跳ねた。 「その衣装は、東方特有のものだろう? 出身は? 」 「タイラ国アルよ。東洋の大国ラータン・マオの近くの国、そこのコウガ・リョン・ シティーアルよ」  ラータン・マオとは、ヴァルドリューズが宮廷魔道士を勤めていた国である。 「ふ~ん、東方の国の名前までは、よく知らないや」  ヴァルドリューズは訳ありでラータンを出て来ているのは、一行の皆が知っていた。 マリスが、念のため、あえてとぼけたのは、皆にも通じている。 「お客さんたち、どこへ行くネ? 」  チョウは、人のいい笑顔で尋ねる。 「魔物を退治しにきたのさ。この辺で魔物が出たっていう噂を聞かなかったか? 」 「お客さんたち、魔物を退治して回ってルか? なんで、そんなことしてるアルか? 」  チョウが、眉間に皺を刻んでいる。 「賞金稼ぎだよ。オレたちは、魔物を倒して賞金を頂くために、諸国を旅して、 こんなところにまで来ているのさ」  マリスは、にっこり笑い、スーたちの情報から、この辺りでは最も無難な賞金稼 ぎを咄嗟に繕った。 「アイヤー! 賞金稼ぎの人たちだったアルか!? それで、魔物を探してたアル か!? ああ、納得いったアル! 」  チョウは、ぽんと手を打った。 「諸国を旅して来られたなら、ちょっと聞きたいアルが、……実は、これ、内緒アル けど……」  チョウは、何か重大な秘密を打ち明けるような、深刻な表情になった。 「キャラバンに通達されたアルよ。なんでも、ある国からの要請で、二人組の男女を 探しているらしいアルよ」 「へえ、なんなんだい? それって」  カイルが相槌を打つ。 「その二人っていうのは、ひとりはまだ若い少女の兵士で、もうひとりも若い男の魔 道士だというアルよ」  一行の背筋に、緊張が走った。 「へえ、その二人は、魔物を倒してまわってるのかい? てことは、オレたちと同業 の奴等ってわけか」  カイルが、うんうん頷く。マリスに話を合わせていることがわかる。 「賞金稼ぎとは違うらしいアルよ。二人は、ある野望を達成しようとしているらしい アル。なんだか、とても恐ろしい邪神を呼び出して操り、この世を征服しようとして いるらしいアル! 」 (『サンダガー』のことだろうか……? )  ケインは、ちらっとマリスの横顔を見る。 「ええっ!? 邪神を呼び出して、世界征服だって!? 」  カイルが驚き、ダグラから落ちそうになった。  その反応に、チョウは、満足そうに話を続けた。 「その国の政府は、二人を生かして捕えるのだと、あらゆる国々にお触れを出したそ うアル。だけど、二人の足取りは、どういうわけか、ある小さな村で、ぱったりと途 切れてしまったようアルよ」  そこで、チョウは、一行の顔を見回す。 「お客さんたち、そんな噂を聞いたことはないかね? 」 「さあな。俺たち、魔物の情報なら気にしてたけど、そんな話は聞かなかったしなー。 マリユス、お前どうだ? 」  カイルが、マリスに振った。打ち合わせなどはしていなかったが、咄嗟に少年騎士 の偽名を使う。 「さあ、……オレも聞かなかったな」マリスも、首を傾げてみせてから、答える。 「悪いな、おっちゃん。力になれなくて。それよりも、魔物はこの辺りには出ないの か? この砂漠を越えた辺りはどうだ? 」  カイルが何気なく、ガイドに尋ねた。 「そうアルなー、魔物というか、この辺りには、夜になると、砂漠で命を落としてい った者の死霊が出ると言われているアルよ。この先にオアシスあるが、そこで新しい ガイドさんいるアルから、その人に聞いてみるよろし」  チョウはがっかりしたように、肩を落とした。 「あんたが、背格好もその少女兵に似とるアルが、聞いていた甲冑とは違うし、男で は、全然違うアルな」  マリスを見ながら、ぶつぶつと、チョウが言う。 「オレもたまに、女に間違われるけどさ、これでも正真正銘の男なんだ。オレたちは、 魔物退治の『白い騎士団』だ。ずっとこのメンバーで旅を続けてるけど、そんな二人 組は見たことなかったよ。悪いな、チョウさん」  マリスは、悪そうに笑いかけた。 「あのガイドの言うことは、おかしいわ」  辺りは、夜になりかけていた。  マリスとケインは、皆が休んでいるところから少し離れた場所で、特訓していた。 昼間の時とは違い、ケインもたまに攻撃する。その特訓の最中に、マリスが、彼にだ け聞こえるように、言っていた。 「あたしは、情報収集の時に、必ず、あたしとヴァルのことが噂になっていないかど うかも、確かめてきたわ」  彼女が祖国の追手を警戒していることは、聞かされている。  マリスの右拳がケインの頬を掠めたが、ケインもそれを避けながら、拳を繰り出す。  彼の蹴りを、軽く飛んで躱(かわ)すと、彼女は再び口を開いた。 「邪神がどうのって言ってたけど、それが一番引っかかったわ。だって、あたし達は、 人前で『サンダガー』を呼び出したことは、ほとんどないのよ。  それに、『あの国』は、『サンダガー』どころか、あたしとヴァルが出会ったことす ら、知るわけないんだから! 」  シュッと向かって来たマリスの拳を、ケインが手の甲で受け止める。 「『あの人たち』は、あくまでも、あたしだけが目的のはず。二人を、雁首揃えて生 け捕れ、なんて言うはずないわ! 各国に触れを出したとも言ってたけど、アトレ・ シティーでだって、そんな話耳にしなかったし。だから、あのガイドは、ウソの情報 を掴まされたか、もしくは……」  マリスは、最後まで言うことはできなかった。  クレアとチョウの悲鳴が、打ち切ったのだ! 


剣月黄ライン剣月黄ライン剣月黄ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン