Book1看板 Dragon Sword Saga1 〜7〜

アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第1巻『旅の仲間:前編』 ~

剣月緑ライン Ⅶ.『アストーレ城の陰謀3』 ~ 真犯人 ~  妖精ライトグリーン1 剣月緑ライン

 空には、半透明の若い男の顔が浮かんでいる。  本体ではなく、どこからか映し出されているのだと、ケインたちには解っていた。  そばかすのある色白の、神経質そうな顔立ち、栗色の巻き毛ーーそれは、間違い なく、クリミアム王国王子、クリストフのものだった。 「まったく、チンケな計画を立ててくれたもんだよ。真相が解った時は、思わず呆れ たぜ」  物怖じした様子もなく、ケインが肩をすくめてみせた。 「ほう、では、どこまで当たってるか、君の推理を聞かせてもらおうじゃないか。 それが、遺言にならなきゃいいけどね」  王子の笑い声が、辺りに響き渡る。  ケインは、淡々と、語り始めた。 「今回、魔道士を伴って入国してきたのは、マスカーナ王国とデロス王国の二国だが、 実は、あなたも魔道士を連れてきていたんだ。同行した特使にすら内密に、あなたは、 ヤミの魔道士を雇っていた。クリミアムには、魔道士は、あまりいないらしいからな。  そのヤミ魔道士は、どこからか、よからぬ連中をかき集め、アトレ・シティーで剣 を集めさせた。クリミアムよりも、アストーレの方が、物資は豊かだし、腕のいい 鍛冶屋もいることで、武器が充実しているからだ。  だが、アストーレの騎士たちだって、同じ物を使っているし、腕だって、訓練を 積んでいる騎士の方が有利に決まってる。それに勝つには、剣に魔力を注いで強化し、 他国の魔道士たちの攻撃も、簡単に防げるようにしておく必要があったんだ」  空に映る王子は、ふふんと鼻で笑った。 「その時、偶然手にしたのがカイルの魔法剣だが、この計画では使えないことがわか り、持ち主のカイルが城にいることを知ると、さりげなく参謀の部屋に置いて、 ダミアスさんがうさん臭くなるようもっていった。  幸い、彼を良く思っていない人物が、何も言わなくても後押ししてくれたもんな。 カイルまで、すっかりダミアスさんを疑ってたし。  最初から計画のうちだったかまではわからないが、あなたたちは、参謀のダミアス さんに、皆の注意がいくように仕向けた。魔道に疎(うと)いアストーレのことだ。 魔道といえば、すぐにダミアスさんと結びつけると踏んだんだろう」 「へえ、よくわかったじゃないか!」  王子は、感心して、手を叩いてみせた。 「確かに、始めは盗賊団の仕業にしておく計画だったが、それだと、いろいろと まどろっこしかったからね。ちょうど、アストーレの公爵たちが、参謀のことを よく思っていないみたいだったし、そっちに罪をなすりつけた方が、こちらのヤミ 魔道士も動きやすくなるだろうと思って、計画を少し変更したのさ」  王子の顔は、くすくす笑っている。 「だけど、僕の目的は、アストーレの内紛なんかじゃないよ。君の推理は、まさか、 そこで終わりだなんて、言うんじゃないだろうね?」 「もちろんだ」  ケインは、再び、話し始めた。 「俺は、王女誘拐未遂事件は、外国人の仕業だと、ずっと疑いをかけていた。参謀の ことも、疑わなかったわけじゃなかったが、極めつけになったのは、犯行の日にち だった。  誘拐未遂のあった翌日に脅迫状ーーこんなに立て続けに誘拐しようとするなんて、 よっぽど自分たちが捕まらない自信があるとも考えられるけど、ひとつは、滞在時間 にあったんだ。あなたたちは、アストーレにいる五日間で、勝負を決めなければ ならなかった。そう考えれば、参謀よりも、外国人の方が、しっくりくる」  ケインの隣ではマリスが、後ろでは、クレアが、静かに耳を傾けている。 「いずれかの国が、姫を誘拐して莫大な身代金を請求するか、アストーレに自国の 傘下に入れと要求するものと思っていた。だけど、今日、神殿からの帰り道で、 どの国のヤツが、どんな目的で、というのが、俺には一遍(いっぺん)にわかったんだ ……!」  そこで、ケインは、一旦、言葉を区切った。  空の王子は、目を細めた。 「どうしたんだい? 続けないのかい?」 「あなたの名誉のために、言わないでやることもできるが、ここには俺たちしか いないから、構わないか……」  ケインは、再び空を見上げた。 「賊たちを捕まえている時、奴らの一人が『話が違う』と、こぼしていた。無意識だ っただろうそいつの視線をたどってみると、その先にあったものは、物凄(ものすご) い殺気を漂わせて、俺をにらむ、あなたのその顔だった!  賊も、あなたには簡単にやられるよう、事前に申し合わせておき、王女誘拐を 勇ましく阻止するという筋書きだった。あなたは、どいつも歯が立たない、豪腕な デロス王子でさえかなわなかった賊に、ひとりで立ち向かい、脅迫状によって怯え きった王女の前で、……いいカッコしようとしたんだろう!」  王子の顔は、もう薄笑いを浮かべてはいない。 「盗賊たちの手から姫を救い、そのことでアストーレ王に恩を売り、姫との婚約を 決定的にする。つまり、この事件は、あなたの仕組んだ『狂言』ということだ!」  ケインは、空の王子の顔を、キッと見上げた。  王子の恨めしそうな顔が、見下ろしている。 「あの、ケイン、あたしは、その事件とやらのいきさつが、よくわかんないけど…… 真相って、それだけなの?」  遠慮がちに、マリスがケインに尋ねる。 「俺だって、何度も違うと思いたかったが、どうしても、それが一番つじつまが合う んだ」  ケインが、空をにらむ。  王子の顔は、いくらか青ざめていた。 「よく、そこまでわかったじゃないか。褒めてやるぞ、ケイン・ランドール」 「えっ……」  マリスとクレアが、げんなりした顔を、王子に向けた。  青ざめた王子の顔は、意気消沈していた。 「僕は、ずっと前に、アイリス王女の肖像画をもらった時から、僕の妃に迎えたいと 思っていたんだ。今回の訪問では、あちこちの国から、王子たちが来ることも知った。  ライミアは、どこの国から見ても有益だ。王子も頭脳明晰(ずのうめいせき)と 言われている。ガストー公子は非常な美男子で、ダンスも上手いと聞くし、 マスカーナ王子は気持ちも優しく、詩を歌う才能に秀でていて、デロスの王子は 武道に長けている。  でも、僕には何もない。このままでは、残りの四カ国と、差がついてしまう。 そう思って、この計画を立てたんだ」  王子の声は、呟くようだった。 「やはりな。最初の事件の時、姫をさらった賊が、ウマで逃走したが、あいつは、 自分たちのアジトへ行くでもなく、原っぱへ逃げていった。後になって、冷静に 考えてみると、そもそも、あそこでウマが二頭用意されていたのは不自然だったんだ。 あれは、あなたが乗るためのウマだったんだな?」  その時の様子を知らないマリスとクレアは、お互い顔を見合わせる。  王子は、低いトーンの声で、再び語り始めた。 「いかにも、お前の言う通り、一頭は姫をさらった犯人用で、もう一頭は、追いかけ るように僕が乗る予定だったのだ。それなのに、お前が乗っていってしまった。  二回目の誘拐は、警備の者の中に、お前の姿がないのを確認しておいたにもかかわ らず、小姓なんかに化けていたとは……。またしても、王女を助けるという重要な 僕の役どころを奪ってしまった!  あの後、夕食会でも、姫は、お前の話ばかりしていた。二度も助けてくれただの、 小姓が実はお前だと知って感動しただの、戦う姿に思わず見蕩(みと)れただの……」 「へぇ、そうだったのか」  ケインは、頭をかきながら、にやにや笑った。 「照れるんじゃない!」  王子が、イライラした声で喚いた。 「本当は、そうなるのは、僕のはずだったのに! お前が、僕の計画を潰したんだ!」  空に映った大きな顔は、地団駄(じだんだ)でも踏んでいるように、小刻みに上下 している。  天を見上げて、マリスが一歩進み出た。 「王子たちの中で、自分が一番見劣りするからって、イジケてないで、堂々として いればいいじゃないの。中身さえ良ければ、下手に小細工しなくたって、女心は ゲット出来るものよ」  それで慰めているつもりなのか、王子に向かって、彼女はつけつけと言っていた。 「それが出来ないから、小細工してるんじゃないか」 「あ、そっか」  ケインとマリスのやりとりを見て、王子は、ますます地団駄を踏んだ。 「うるさい! 黙れ黙れ! 僕は、貴様らの三バカトリオを見に来たんじゃないや!」 「三バカって……! 私は、何も言ってないじゃないの!」  クレアが怒り出した。 「うるさい! そいつの仲間は、みんなバカだ!」 「なんですって!?」 「おいおい、変なことでケンカすんなよー」  ケインが呆れ顔になる。 「まあ、幸い、誰にも怪我はなく、賊も捕えたことだし、そいつらのせいにして、 事件の真相は黙っててやってもいい。だから、これからは、正当な方法で、姫の心を つかんでみな。じゃあ」  ケインは、空に向かって手を振って、歩き出した。  だが、王子は、それだけでは、気が済むはずもなかった。 「誰が貴様をこのまま返すと思うか? そこは、既に、僕の魔道士の結界の中だ!  貴様らの処分は、彼に任せてある。ケイン、貴様さえいなければ、姫は僕のもの だからな!」 「どんな根拠があって、そんなことを言ってるんだか……。それなら、最初から堂々 とすればいいだろ」  ケインが呆れ果てるが、王子は落ち着きを取り戻し、「それじゃあ、僕はもう眠る とするよ」と言うと、空に浮かんでいた彼の顔が消えていくのと入れ替わりに、黒い フードを被った魔道士の姿が現れた。  フードの中は影になっていて、三人からはよく見えないが、王子の時とは違い、 黒い全身が映し出されている。  かなりの長身だが、横幅は、あまりない。  干涸(ひから)びた手のような、茶色の木の杖を持ち、その手には、緑色の大きな 宝石の指輪と、銀色のヘビの形をした指輪とが嵌められていた。 「ケイン、この人だわ! あの時、空間の中にいたのは!」  クレアが叫ぶ。 「やっぱり、そうか! クリストフ王子の雇ったヤミ魔道士……!」  魔道士は、彼ら三人をゆっくりと見回すと、ピタッと動きを止めた。 「ほほう、これはこれは、珍しいところで、お会いしましたな、ベアトリクス流星軍 隊長にして、辺境警備隊長マリス殿」  魔道士は、低い歓喜の声を上げた。 「た、隊長って、ほんとに……?」  マリスは、そういうケインをちらっと見ると、微かに笑っただけで、すぐにキッと 空を見上げた。 「残念ながら、今はもう隊長じゃないわ。亡命したのは、あなたも知ってるでしょ?」 「それはそれは、存じ上げませんで、失礼致しました。それにしても、よくお化けに なられましたな。お若いのに、そのようなお姿とは。てっきり、商売女かと思いま したよ」  魔道士は、クックッと笑い声を漏らす。 「あなたこそ、出世したじゃないの。王子サマなんかに雇われてさ。ヤミ魔道士 グスタフ!」  マリスが参謀だと思い込んでいた魔道士の名前に、ケインも、クレアも、気を引き しめて、空を見上げる。 「覚えて頂いて光栄です。時に、お連れの魔道士の方は、いかがされたんです?」 「あんたなんかを欺(あざむ)くために、今回は別行動を取ったのよ。思惑通り、 まんまと出てきてくれたわね」  マリスが勝ち誇ったように言った。  魔道士は、ほほほと笑った。 「さすがに、勘の鋭いお方だ。この国に、私がいるかも知れないと、最初から踏んで いたというわけですか」 「何者かが呼び出したミドル・モンスターたちが、このエリアで最近増えたって聞く し、行くとこ行くとこに次元の穴が開いてて、モンスターばっかり吹き出してたら、 あんたの仕業(しわざ)かも知れないって見当が付いて当然でしょ? あたしがヴァル と離れたら、案の定、こうして、あんたは姿を現したことだしね!」  マリスが言い放つが、魔道士は一向に動じた様子はない。 「あなたがた二人を同時にお相手するのは、いくら私でも難しいでしょう。しかし、 ここは既に私の結界の中。例え、彼のような一流魔道士でも、私に気付かれずに、 ここに入ってくるのは難しいでしょうな。となると、私は、魔法を使えないあなたを お相手するだけでいのです。なかなか楽しませてご覧にいれますよ」  魔道士グスタフは、ケインとクレアなど、まったく眼中にないような口ぶりだった。 「それは、どうも。でもね、あたしも、あんたを、少しは楽しませてあげられるかも 知れないわよ」 「ほほう、それは、楽しみですな」  魔道士は、面白そうな声を上げた。 「そうそう、実は、このような拾い物をしたのですが、見覚えはありませんかな?」  彼が手のひらを上に向けると、そこに浮かび上がったのは、木でできた小さな 檻(おり)のかごだった。  かごの中では、ピンク色の小さな妖精が、檻につかまり「出してー! 出してー!」 と、叫んでいた。 (ミュミュ……!)  三人は、声には出さなかった。  マリスは、顔色も変えずに言った。 「別に、ただの妖精じゃない。珍しくも何ともないわ。あんたも趣味が悪いわねぇ。 早く逃がしてあげなさいよ」  それを聞いたミュミュが、魔道士に向かって叫ぶ。 「だから、ミュミュは知らないって言ったでしょ! あのおねえちゃんとは関係ない んだから、早く出してよおー!」 「そうか、知り合いではなかったか」  魔道士が、ミュミュと、素知らぬ顔をしているマリスとを見比べた。 「そうだよー! そうだよー! だから、出してー!」 「では、お前には可哀相だが、私の魔獣どもの餌になってもらおう」 「なっ……!」  三人の顔色が変わった。ミュミュも、ピタッと黙った。  魔道士の足元に、ぽっかりと黒い穴が開き、そこには、魚を原形とした、様々な 動物をかたどり、合成された黒いモンスターたちが、何十匹と口をパクパクさせて、 餌を待っていたのだった。  魔道士は、そこへ、ミュミュをとらえたかごを、近付けていく。 「いやーっ! 助けてー!」  ミュミュが、わーっと泣き出すと同時に、いたたまれなくなったケインが、一歩 踏み出した。  マリスがケインを手で制してから、諦めたように言った。 「待って、グスタフ! 確かに、その子は、あたしの知っているニンフだわ。だから、 こっちへ返して」 「やはり、お知り合いでしたか。いいでしょう。返してあげますよ」  魔道士は、そこから、かごを放った。 「うわ~ん! 何すんのさ、バカー!」  泣き叫ぶミュミュの入ったかごは、回転して、落ちていく。  ケインが、ミュミュを受け止めようと飛び上がると、後ろから何かが追い越し、 そのまま空に浮かぶ魔道士に突き刺さったかに見えたが、それは、魔道士の半透明の 身体を突き抜けていき、落ちた。  マリスが短剣を放ったのだった。 「ほっほっほっ、何もしやしませんよ」ヤミ魔道士が笑う。  ケインが、かごを無事取り返し、着地する。 「危ないじゃないの、マリス! ケインやミュミュに当たったりしたら……!」 「ケインの援護をしただけよ」  それだけ、マリスはクレアに言うと、すぐに空をにらみつけた。 「本体は、別のところにいるのはわかってるわ。そろそろ出てきたら? あたしと 勝負するんじゃなかったの?」  グスタフは、またクックッと笑った。 「まあまあ、そうお急ぎにならずとも。とりあえず、『彼ら』の餌(えさ)になって いただいてからにしましょう。おあずけを食らってしまって、『彼ら』も引っ込みが つかなくなってしまったんでね」  途端に、魔道士の姿は消え、その足元でパクパクしていた黒いモンスターたちの影 は本体を表し、そのまま口をパクパクさせながら、天からゆっくりと、なだれ込んだ。  その口の中には、無数の牙が詰まっていた。 「うわ~ん! 早く出してー!」  ミュミュが泣き叫ぶ。 「おっと、かごを剣で切ろうとしても、無駄ですよ。そのかごを、無理に破壊しよう ものなら、中にいる妖精の身は保証出来ません。それと、中にいる間は、妖精の特殊 能力は使えませんよ。空間移動や回復の技などを使われては厄介ですからねえ」  グスタフの声だけが、どこかから聞こえてきていた。 「しかたないわ。クレア、ミュミュをお願い!」  マリスが、天を見据えたままで言う。  クレアは、ケインからミュミュのかごを受け取ると、自分の足元に置き、精神を 集中させた。  ケインは、マスター・ソードを構え、マリスを後ろへ庇った。 「お気遣いは無用よ。あたしも戦うわ」  マリスが、横に並ぶ。 「何言ってるんだ! あんな大量のモンスターたち相手に、素手でなんて、いくら なんでも無茶だ!」  マリスは、ケインの方を向くと、にこっと笑った。 「剣ならあるわ。ここにね!」  そう言うと、マリスは、いきなり自分のドレスをふわっと、まくり上げた。 「えっ! な、何する……!?」  露(あらわ)になったマリスの太腿(ふともも)に、思わず、ケインの目は釘付けに なった。  太腿には、彼女のロング・ブレードが、細い革のバンドで括(くく)りつけられて いた。  ずびっ!  ずばっ!  ずしゃあっ!  どばっ!  マリスは、とうに、モンスターたちに応戦していた。  彼女にかっ捌(さば)かれた黒い肉片が、飛び散る。  一足遅れたケインも、魔物たちを捌(さば)きにかかった。


剣月紺ライン剣月紺ライン剣月紺ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン