Book1看板 Dragon Sword Saga1 〜5〜

アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第1巻『旅の仲間:前編』 ~

剣月緑ライン Ⅴ.『アストーレ城の陰謀1』 ~ 魔法剣 ~  妖精ライトグリーン2 剣月緑ライン

「何ということだ……!」  アストーレ王アトレキアが、強張(こわば)った顔で、思わず呟いた。  王女のお茶会が開かれていたプチ・サロンとは、一変して空気の違う軍の作戦会議 室に、朝食会の時とほぼ同じメンバーが集結していた。  昨日の誘拐未遂で監禁していた男たちが、尋問はこれからという時に、二人とも 脱走していたという。 「結局、昨日の事件は、何者の仕業かわからず仕舞いですな」  そんな声も、ちらほら上がる。 「これは、内通者がいるに違いませんな。牢の場所を知り、脱走の手引きをするなど、 外国の方々に、出来るわけはありませんからな」  例の公爵の一人が、ちらっと参謀を見る。 「そう言えば、おぬしは朝食会の時、遅れていらしたな」  もう一人の公爵も、不審な目付きで、じろじろと参謀を見た。 「どのような意味でしょうか?」  参謀ダミアスは、無表情で問い返す。 「つまり、あの時、どこかに寄っていたから、朝食会に遅れたのではいか、という ことですよ。参謀殿のいうことならば、牢番も聞くかも存じませんからなぁ」 「それに、魔道士ならば、どこでも自在に現れることが出来ますものなぁ。今回の 王女殿下誘拐事件は、実は、貴公も一枚かんでいる……などということでなければ、 いいのですが」  二人の公爵は、したり顔で参謀を見ている。一方、参謀の方は、相変わらず、 表情はないままだ。 「そなたたち、何を言っとる。ダミアスが、そのようなことをするわけがなかろう!  余は、内部のものの仕業などとは、思っておらん! といって、訪問中の外国の方を 疑うのは微妙なところ。ダルシウム候、この件は、そなたに任せる。親衛隊の中から 人員を選りすぐり、即刻事件解明に当たってくれ。諸外国の方に気付かれぬよう、 くれぐれも、内密にだぞ。彼らは客人だ。不愉快な思いは、させてはならん」 「仰せつかりました」  王の言葉に、将軍は深々と頭を下げた。  事件解明を命じられたメンバーの中には、ケインとカイルも入っていた。  親衛隊の上官たちでは、接見の時に室内の警備を担当していたり、顔が知られたり しているため、手の空いている者で、比較的動き易い者たちが選ばれたのだった。  総動員数は十人。  滞在する一カ国につき、二人の計算になっている。  ケインの担当は、近隣の一つ、ガストー公国だった。  カイルは、南海の貿易国ライミアで、朝食に出たゴールド・グルクンツナの産地で ある。  まずは、さりげなく見張り、調書を取り、報告するというものだ。  ケインは、さっそく、ガストーの王子と特使のいる室に向かった。 「僕には無理だって、爺や」 「そんな弱腰でどういたしますか」 「だってさ、他の国、見ただろ? マスカーナ、デロス、クリミアムに、貿易国の ライミアまで来ちゃってるんだよ? うちが、一番小さい国じゃないか。ライミア なんか、珍しい国魚なんかをお土産に差し出しちゃうしさ。南方の貿易国と手を 結んだ方が、こちらさんだってお得だと思ってるんじゃないの?」 「ですが、私のお見受けした限りでは、公子様ほどのお美しい方は、いらっしゃら なかったように存じます。ですから、何も得ない国であるからこそ、公子様のその 魅力で、王女殿下に見初めて頂くのです。昨夜のダンスで、一番にお声をおかけして 踊られたのは、タリス様なのですから、きっと、姫様の印象もお強かったに違いあり ません。接見の時に、それとなく、この爺が、王にお尋ねしてみます故に……」 「ふーん……。でも、あの子に色仕掛けなんて、通用するのかなぁ。な~んか、 幼そうだったけれど」 「これ、坊(ボン)! お口を慎みなされ!」 「だって、僕は、従姉妹のタリアと将来を誓ってるんだよ? それなのに、お父様は、 アストーレと仲良くしたいからって……!」  そこで、特使が、ノックの音に気付き、扉を開くと、小姓の格好をしたケインが、 酒の入った壺を持って来たところであった。  彼は、公子とその側近の老人の杯に、王族の飲むカシス酒を注いだ。  その際、ケインは、一瞬で観察した。  ガストー公国公子タリスは、セミロングの金髪に、青い瞳の、端正な顔立ちで、 なかなかの美青年である。爺やと呼ばれていた参謀のこの白髪頭の老人が、お守役で あるのだろう、と。  他にも、お付きの者が数人いたが、特に変わったところもなく、魔道士らしき人物 も見受けられなかった。  全員分の酒を注ぎ終わると、彼は部屋から出て行った。  皆のもち寄った情報によると、魔道士を連れて訪問してきた国は、マスカーナ王国 と、デロス王国のみだった。  ケインとカイルは、もう片方の見張りと交代して、自由時間となった。  カッコいい仕事だと張り切っていたケインには、少々物足りなく、残念だったが。  町の酒場には、ヴァルドリューズとクレアが、既に来ていた。そこへ、彼ら二人が 加わる。 「貿易国ライミアの特使は、結構やり手っぽかったぜ。ここのところ、国交を盛んに してきてるみたいだし、今回集まった中では、一番遠方だ。あんなところからの訪問 の知らせは、アストーレにとっても、願ったりってところだったんじゃねーのかなぁ」  言いながら、カイルが、木の実酒を、ぐいっと呷(あお)った。 「お互いに、国交を望んでいるのであれば、アストーレの姫を娶(めと)ったり、 小細工なんかしなくても、アストーレとの友好関係は持てるよな。……てことは、 ライミアは、今回の騒ぎには関係なさそうだな」  ケインは、木の実酒を、木の器に注いだ。 「ケインの方のガストーは、どうだった?」 「あそこも関係なさそうだったよ。アストーレとお近付きになりたくても、大して 特徴のない国みたいだし、公子の容姿やダンスの上手さが頼りらしいが、公子本人は 気が乗らなそうで、周りが、煽(あお)ってるだけみたいだったな」  ケインは、隣に座っているヴァルドリューズに向いた。 「魔道士が同行している国は、マスカーナとデロスの二国だそうだ。どのくらいの 能力を持つ奴等なのかは、まだわからないけどな」  ヴァルドリューズは、木の実酒の入った器をじっと見ていた。 「マスカーナもデロスも、魔道がそれほど盛んというわけではないみたい。魔道士は、 代々参謀になっているけど、まじないや占いが少々出来るという程度のもので、 どちらかというと、豊富な知識が売りの、学者のような役割らしいわ」  クレアが代わりに答えていた。彼女は、ケインたちが城で警備に当たっている間に、 調べものをしたり、合間を縫ってヴァルドリューズに魔法を習ったりしているの だった。 「そう言えば、またミュミュがいないな」  ケインが、きょろきょろ辺りを見回した。 「先ほどから、姿が見えない」  ヴァルドリューズが、表情のない声で言った。 「どーせ、どっかで遊んでるんだろ。あ~あ、マリスもどこに行っちゃったのか わかんないし、俺たち、いつまでこんなことしてりゃあ、いいんだかなー」  カイルが伸びをした。 「あ、そーだ、ケイン。お前、俺の剣、ちゃんと探しといてくれよ。忘れてないだろ ーな?」 「なんだよ、今は、それどころじゃないだろ? 事件が片付いたら探してやるよ」 「なんだ、その面倒臭そうな態度は! あれはなあ、俺にとって大事な剣なんだぞ、 わかってるのか!?」  カイルが絡む。 「わかってるって」 「いーや! お前は何もわかっちゃいない! あの剣が、どれほど大事なものか」  カイルは、木の実酒を追加で頼んでから、続けた。 「俺が、まだ幼かった頃、町の骨董品屋(こっとうひんや)のばあちゃんが、俺に見せ てくれたのが最初だった。売り物じゃなくて、ばあちゃんが旅の人から譲り受けた ものだった。鞘や柄に、綺麗な宝飾品が鏤(ちりば)めてあったろ? ばあちゃんが 言うには、一流の細工師の手が施されているんだそうだ。それだけで、一級の値打ち のあるものだった。旅の人は言った、『この剣は、持ち主を災いから守ってくれる のだ』と……」  静かに聞き入っている皆を、カイルは満足そうに見渡すと、話を続けた。 「旅人の話だと、自分は、ある国の末裔(まつえい)で、昔、大量のモンスターたちが 一斉に城を襲い、人々との死闘の果てに、その国は滅びてしまったのだそうだ。気が 付くと、まだ幼かった彼だけがひとり生き残った。そして、手には、知らず知らずの うちに、その剣が握られていて、彼の周りには、モンスター達の残骸が転がっていた。 彼には、まったく身に覚えがなく、恐ろしくなって、その場から逃げ出した。だが、 剣は、しばらく彼の手からは、離れなかったんだと」  カイルは、木の実酒を啜った。 「ヴァルス帝国」  ヴァルドリューズが、重々しく口を開いた。皆、一斉に彼に注目する。 「突然のモンスターの襲撃に、三日にして滅ぼされてしまったというヴァルス帝国。 その数年後、魔物ハンターと呼ばれるひとりの剣士が、各国を巡り、魔物に悩まされ ていた国々を救って歩いた、という言い伝えを、以前、耳にしたことがある」  カイルが、ヴァルドリューズを見て、にやっと笑った。 「さすが、よく知ってるじゃねーか。その旅人は、まさに、ヴァルス帝国第四王子、 フィリウスだったのさ」 「ふーん、じゃあ、あれは、王家に伝わる剣だったのか」と、ケイン。 「そうでもないらしいんだが……。なんでも、時の王様が、珍しもの好きで、どこか の貿易商が持ってきたのを気に入っちまって、高値で買い取って、王室にずっと 飾っておいたんだってさ。まさか魔法剣だとは、まったく知らずに」 「それで、その王子様は、そんな大切な剣を、どうして人に譲ってしまったの?  その剣で、モンスターを退治してまわっていたんでしょう?」  クレアが、カイルに尋ねる。 「病で行き倒れになっていたところを、偶然、骨董品屋のばあちゃんが助けたんだと。 その頃には、もう大分年も取ってたみたいだし、無敵の剣士も、老いには勝てなかっ たんだろう。親切にしてくれたばあちゃんに、お礼にくれたんだってさ」 「そうか。そして、今度は、その骨董品屋のおばあさんが、魔物ハンターとなって、 活躍したってわけか」 「あるか、そんなこと!」  ケインの、お茶目なつもりのボケに、カイルは即座に突っ込んだ。 「魔物ハンターとなって、いくつもの国を救ったフィリウス王子や、親切な骨董品屋 のおばあさん。それに続いたのが、よりによって、あなたのようなチャランポラン な人だったなんて、……フィリウス王子も、さぞ、報われない思いでいることで しょうね」  クレアが、美しい顔でずけずけと言い、遠くを見つめて、祈りの言葉を呟いた。  ケインも、側で大きくうなずく。 「だーっ! なんだよ、二人してグルになりやがって! お前ら、デキてんじゃねーの!?」  カイルが喚いた。 「なんて下品な……! あなたって、すぐにそういう方に結びつけるんだから。 まったく、信じられないわ!」  案の定、クレアが怒り出した。 「……って、俺が、あの剣に執着するのは、何もそれだけじゃないんだ」  急に、カイルは真顔になり、静かに話し出した。 「知っての通り、あの魔法剣の霊気は、人体には無効だ。人相手の戦場では、普通の 剣として戦ってきた。だが、戦況が不利な時、そいつを抱えて眠り込んでいると、 胸騒ぎがして、ふと目が覚めた。なんだか、よくないことが起きるような、妙に落ち 着かない気持ちになって、俺は、軍のテントを抜け出した。森の中には、モンスター が潜んでいることは承知だったが、なぜだか、そこが安全な場所だという気がして、 入っていったんだ。  しばらくすると、いきなり、ひゅんひゅん音がし、振り向くと、俺が今までいた 陣地に敵軍の火矢が降り注ぐのが見えた。次々と、テントが燃え上がり、逃げ惑う 兵士たちの悲鳴が、俺にまで届いてくるようだった。敵の奇襲攻撃を受けて、俺の いた軍は、ほぼ全滅だったらしい。  こんなことは、一度や二度じゃなかった。もともと悪運の強いところはあったが、 危険を察知して逃げるような、俺にそんな特殊能力はない。だから、そういうことが 何度か続くうちに、フィリウス王子の言葉、『災いから守ってくれる剣』ということ を思い出し、日増しに実感していくようになったのさ」  彼は、追加で注文した木の実酒もなくなると、今度は、ミシアの実をかじり始めた。 「そんなわけで、あの剣は、俺のお守り代わりみたいなモンだったんだよ。だから、 ケイン、絶対、取り戻してくれよな」 「あ、そうつながるわけね」  ケインは、苦笑いをした。 「そうだ、ヴァル、あの剣持っていったのは、どうも魔道士らしいんだ。空間を渡る 術、あんたも使えんだろ? なあ、ケインだけじゃ頼りないから、協力してくれよ」  カイルがヴァルドリューズを、希望に満ちた目で見る。 「悪いが、その件に関しては、協力出来兼ねる」  ヴァルドリューズは、感情のない声で答えた。それには、一同、意外であった。 「ええっ!? な、なんでだよ!」  カイルが、血相を抱えて、ヴァルドリューズの顔をのぞきこんだ。 「魔道士同士は、戦ってはならぬと、魔道士協定で決められている」  カイルは、髪をかきむしった。 「お前さあ、型破りな魔道士なんじゃなかったのかよ? 『サンダガー』呼び出す なんて禁呪使ってるくらいなんだから、このくらい、いいじゃないか!」 「心配せずとも、あの剣は、必ず、お前のもとへ、戻ってくるだろう」 「なんだよ、気休め言いやがって!」  カイルが突っかかっていっても、それ以上、ヴァルドリューズは喋らなかった。 「まあ、なによ! 自分の剣じゃないの。人を当てになんかしないで、自分でお探し なさいよ!」  クレアが目の端をつり上げて、カイルに抗議した。 「けっ、まったく、友達甲斐のないやつらだぜ。ケイン、お前はちゃんと協力しろよ。 絶対だからな!」  ケインは、仕方のなさそうに頷いた。  正規軍の宿舎に戻り、時間のあったケインは、庭で素振りの練習をしていた。  カイルは、ベッドメイキングに来たメイドの女の子をからかっていて、既に調子の 良さは取り戻しているようである。 「ランドール、アズウェル、召集だ!」  親衛隊のひとりに呼ばれ、またしても彼らはさきほどの会議室へと連れて行かれた。 「どういうことだ、ダルシウム! 姫の衣装室にこのようなものがあったとは……!  早く事件を解決致せ!」  アトレキア王は、イライラした口調であった。ダルシウム将軍は、頭を下げたままだ。  こともあろうに、王女の衣装室に、王女誘拐を仄(ほの)めかす脅迫状があったと、 後から駆けつけたケイン達にも、説明があった。 「姫もすっかり怯えてしまっておる。そなた、特使の見張りにだけ気を取られるので はなく、姫の護衛をいつもの倍に増やすのだ!」  王が、つかつかと、室内を落ち着きなく歩き回っている。 「し、しかし、おそれながら、衣装室や浴室などまでは……、ご存知の通り、隊には 男の者しかおりませんので……」  将軍は、王の顔色を伺いながら、おそるおそる切り出した。 「では、女官の人数も増やせ! ええい、腕の立つ女官は、いないのか!?」 「そ、そのような女官などは、聞いたことが……」  カッカしている王に、八つ当たりのように管轄外のことまで押し付けられ、将軍は、 すっかり困り果てていた。 「おや、これは……! インカの香の匂いが、微かにいたしますな」  それまで、脅迫状を眺めていた公爵が、そう言って、将軍に渡す。  ダルシウム将軍も、匂いを嗅ぐ。 「確かに、何かの香のような香りが……」 「インカの香とは、魔道士が瞑想(めいそう)する時などに使う、お香ではなかった ですかな?」 「おお、そうでしたな。なんでも、精神の集中を手助けし、修行の効率をはかるのだ と、聞いたことがありますぞ。そういえば、参謀殿は、またいらっしゃらないようで」  公爵の二人は、寄り集まって、口々に、そうだそうだと言い合っていた。 「そなたたちは、まだダミアスを疑うのか!?」  王は、一層目をつり上げた。 「陛下、ダミアス殿のお部屋を訪問してみれば、おわかりになることですよ」  公爵のひとりが、さっさと室を出て行き、手招きをする。  ぞろぞろと人々が移動するその後に、ケイン達も続いていった。  参謀の書斎に着くと、公爵が扉をノックする。 「ダミアス殿、おいでか」  しばらくして、ドアが開き、魔道士の顔がのぞいた。 「失礼いたすぞ」  公爵が、部屋にずかずか踏み込んでいく。 「何用ですか?」  顔色を変えずに、魔道士が問う。  公爵は、部屋の中央にしばらく立つと、にやりと笑った。 「さっきの脅迫状と、同じ匂いがする。やはり、貴公が犯人だったのだな、ダミアス 殿!」  会議室にいた全員が書斎に入ると、間違いなく脅迫状と同じ香の香りが、室内に 漂っていたのだった。 「犯人とは、穏やかな話ではありませんね。それに、脅迫状とは、一体何のことで しょうか」  ダミアスは、少しも同様などしていなかった。 「とぼけおって……!」  公爵が、吐き捨てるように、呟く。 「ダルシウム候、こやつを即刻、事件の重要参考人として、しょっ引いて行かんか!」  イライラして、公爵は言った。 「いや、しかし、これだけでは、逮捕までは……」 「まだそんなことを言っておるのか!? インカの香など、魔道士しか使わぬもの。 我が国では、こやつしかおらぬ。外国の者には、城の中を行き来など出来ぬのだぞ?  これだけ条件が揃っておれば、もうこやつが犯人だと決定的ではないか!」 「いや、しかしながら……」  そのように、公爵とダルシウムが口論している中だった。 「あーっ! 俺の剣!」  その声にびっくりしたケインは、隣を見た。  カイルが、部屋の隅を指差し、叫んでいたのだった。  一同、一斉に、その指の先を示すあたりに注目した。  カイルはそこへ向かっていくと、部屋の隅に立て掛けられている、宝飾品の 鏤(ちりば)められた剣を取り上げた。 「一体、どうしたというのだ?」  ダルシウム候が、カイルに近付いていった。 「これは、昨日盗られた俺の剣です。間違いない! 剣を持っていったのは、五人の 男たちだったが、奴らは、剣ごと空間に消えやがったんだ!」  ケインとダミアス以外は、ざわめいていた。 「それは、まことか?」 「はい!」ダルシウムに、真面目な顔でうなずくカイル。 「空間に消えるなどとは、並の人間に出来ることではない。お主のような一流魔道士 ならば、出来ないこともないだろうがな」  公爵が、ダミアスを挑戦的に見た。ダミアスの静かな瞳が、一瞬鋭く光ったように、 ケインには思えた。 「おい、この剣を、どうやって手に入れた?」  カイルが、いかにも疑わしい目で、参謀に問いただす。 「私は知らない。……いつからか、そこに立てかけてあったのだ」 「てめえ、まだシラを切るつもりかっ!」  カイルがダミアスに掴み掛かる前に、ケインが飛び出し、押さえ込んだ。 「やめろ、カイル! 落ち着けって!」 「放せよ、ケイン! これで、もうハッキリしたじゃないか! こいつが、俺の剣を 持っていった張本人なんだよ! こいつ、きっと、俺の魔法剣を使って、良くない ことを考えていたに違いねぇ!」  頭に血が上って暴れているカイルを、ケインが押さえ付けているのと、ダミアスとを、 一同は、困惑しながら、ただ見つめていた。 「……私には、何が何だかわからん。……ダルシウム、そなたに、この場を任せる」  王は、ふらふらと、書斎を出て行った。 「ダミアス殿、とりあえず、ご同行願いたい」  複雑な表情のダルシウムは、ダミアスの腕を取った。  参謀ダミアスは、素直に従い、部屋を出た。 「良かったー! 俺の剣が戻ってきて。ああ、どこにも傷はついてないみたいだし、 本当に良かったー!」  正規軍の宿舎では、カイルが、剣を眺めては、鞘に頬擦(ほおず)りしていたが、 ベッドに腰かけ、腕を組んで、何かを考え込んでいるようなケインに気が付いた。 「なんだよ、浮かない顔して。俺の剣が戻ってきたのに、お前、嬉しくないのか?」  カイルが、部屋に着いてから黙りこくっているケインの顔を、じっとのぞきこむ。 「なあ、どうかしたのか?」  ケインには、あることがずっと引っかかっていたのだった。 「カイル、本当に、お前の剣を、あの参謀が盗ったと思うか?」 「当ったり前じゃん! お前も見ただろ? 現に、俺の剣は、ヤツの部屋にあったん だぜ? それが立派な証拠じゃないか」 「じゃあ、姫の控え室に脅迫状を置いたのは?」 「それもやっぱり、あいつなんじゃないの? あの五人の男どもを使って、武器を 集めさせたのか、魔法剣とわかって横取りしたのかは知らないけどさ、手に入れた 魔法剣が、人間には効かないことがわかって、そのうち改造しようと思ってたか、 或は、見た目も綺麗だし、部屋の飾りにでもしてたってところなんじゃねーの?  つまり、あいつは、姫様を人質にして、王を降伏させ、城を乗っ取ろうとしてたんだ よ」  カイルは、わかり切ったことを聞くな、とでも言いたげな顔であった。 「そうかなぁ。空間移動が出来るくらいの一流魔道士が、わざわざそんな小細工まで して、国を乗っ取ろうなんてするのかなぁ。そんなヤツなら、武器や魔法剣の力を 借りなくたって、ひとりで充分なんじゃないか? 脅迫状にしても、香の香りが付い たまんまにしておくなんて、参謀にまでなったヤツの犯すミスだとは、俺には思えな いんだ」  ケインの話を聞きながら、カイルは、ベッドに、ごろんと横になった。 「だったらさあ、あれか? この国は、魔道士が珍しかったみたいだから、ちょっと 魔道をカジったことのあるダミアスが、すごい魔道士に見えてしまった。間抜けな、 人のいい王様は、そいつを参謀にして、もう怖いもの知らずの気でいた……とか?」 「間抜けって……ったく、失礼なことを」ケインは、苦笑いした。 「それだったら、空間を移動して、お前の剣を盗っていったのは、違うヤツってこと になるぞ」  カイルは首を捻った。 「じゃあ、あれかな? あの公爵たちが、日頃からよく思っていなかった参謀を、 ハメようとしているとか。あいつら、この国の人間にしては、やたら魔道士のやる ことに詳しかったからな。どっかで、闇の魔道士でも見付けて、ダミアスに濡れ衣 着せたとか? 今回の事件は、アストーレのお家騒動だった……ってのはどうだ?」  カイルは得意気であったが、ケインは、まだ腑(ふ)に落ちない顔であった。 「う~ん、それだったら、何も、姫様の誕生日に合わせることないんじゃないかな。 普通の日でもいいんだし。しかも、昨日の今日だろ?」  カイルが、眉をへの字にした。 「だから、闇魔道士がいい日を占ったら、偶然、姫の誕生日だったんじゃねーの?  外国人たちがたくさん訪れるから、目眩ましにもなるしさ。失敗したら、全責任を、 参謀であるあいつに押しつけ、娘を思う王の親心を利用し、参謀(あいつ)をクビに 追い込もうと企んだ……」 「……それって、結構、ムリがないか?」 「じゃあ、ケインはどう思ってるのさ? 俺は、今言ったことくらいしか思い付か ないぞ」  カイルは、パタンと、ベッドにフテ寝した。 「まだ、わからない……」  カイルは、への字眉のまま、口をひん曲げた。 「ああ? わかんねーだあ? なんだよ、人の言うことに散々ケチつけておいて!」 「とりあえず、クレアに会いに行ってくる」  すっくと立ち上がったケインを、カイルは、あんぐりと口を開けて見上げた。 「会いにって……今からか?」 「ああ」  カイルが起き上がって、まじまじとケインの顔を見た。 「夜這いか!?」 「ちがうわ! 誰が、そんなことするかっ!」  カイルが、にんまりと笑った。 「そうかー、そうだよなー、お姫様よりは、身分的にはクレアの方が近いから、まだ 可能性あるかも知れないもんなー。よーし、ガンバレよー!」  にやにやしながら、カイルがケインの背を、ばんばん叩いた。 「バカ! 俺は、ただちょっと気になることがあったから、クレアに確かめに行くだ けだよ!」 「そーか、そーか、クレアの気持ちを確かめに……。だけど、彼女は、俺に気がある かも知れないぞ? 悪いなー、ケイン」 「……あのな、どこをどーしたら、クレアがお前に気があるってんだ? いつも 『最低!』って怒ってんのに」 「バカだなあ、お前、ホント女心がわかってねーなぁ。いやよ、いやよも好きのうち って言うじゃないか。俺の今までの経験から言うと、あれは絶対、俺に惚れるね。 それか、もう惚れてるね」  自信たっぷりのカイルに呆れてから、ケインは宿舎を出て行った。  外国特使たちの滞在期間は、約五日間。既に、二日が過ぎようとしている。  この三日中に、なんとかしなければならない。  真相は、実は、カイルが上げた通り、参謀か公爵が黒幕なのかも知れないとは、 ケインも思った。  だが、彼には、どうしても、引っかかっていることがあったのだ。  ひとつは、王女誘拐を仄めかす脅迫状。  そして、もうひとつは、空間の割れ目から覗いた『人の手』ーー。  ケインは、クレアの泊まっている宿へと、次第に足を速めていった。


剣月黄ライン剣月黄ライン剣月黄ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン