Book1看板 Dragon Sword Saga1 〜2〜

アニメ紫妖精右タイトルdragonバナー1アニメ紫妖精左

~ 第1巻『旅の仲間:前編』 ~

剣月ライン  Ⅱ.『野盗と剣と武遊浮術(ぶゆうじゅつ)』 妖精紫アイコン1 ~ 身支度(みじたく) ~  剣月ライン

 モルデラを後にしたマリス一行は、隣町タルムに来ていた。  山を下れば、アストーレ王国の領土は、もうすぐそこだった。  マドラス(マリス)は、昨日とは違う兜を被り、一行とクレアを伴って、祭司長と 村長を訪れ、魔獣を退治した報告をし、その見返りに、大金を巻き上げた。  クレアはマドラスと同行したいことを告げ、マドラスも、「放っておけば、いずれ 魔獣の餌食になっていたであろう。魔獣騒動の最後の犠牲者と思って、諦めてくれ」 と、有無を言わさず、クレアを連れて来たのだった。  マリスとしては、本当は、クレアを連れて行くつもりはなかったのだが、ヴァルド リューズの勧めで、白魔法の使い手もいた方が良いと説得(一言ではあったが)され たのだった。 「それにしても、うまくいったよなぁ」  カイルがニヤニヤと思い出に浸っていた。 「若い乙女の命を、毎年魔獣なんかに捧げて平気でいた村よ。犠牲になったものを 思えば、あれくらいお安いもんだわ。ま、向こうも、魔獣なんかに、すんなり生け贄 捧げちゃうくらいだから、お金もすんなり出してくれたけどね」  マリスも、当然のように笑った。 「ああ、あの村は、精気どころか金までも吸い取られて、今後どうなるんだろうなぁ。 良かったな、クレア! 俺たちと一緒に来て正解だったよな!」  有頂天のカイルとは対照的に、クレアは、複雑な表情だった。 「巫女仲間を置いて来たこと、まだ気にしてるのか?」  ケインが、気遣うように、クレアを見た。  懸命に説得しても、巫女たちは、どうしていいかわからず、ただただ祭司長と彼女 とを見比べているばかりだった。  それは、魔獣を退治する、または追い出すべきだと、クレアが強く主張した時と、 同じ反応であった。  同じ志を持つ者を救いたい一心で、クレアは精一杯訴えてきたのだが、誰も応じ ようとはしなかった。 「なぜ、皆、わかってくれないの? この先どうなるか、少し考えればわかること なのに」  もどかしさとはがゆさは、そのうち落胆へと変わっていった。  説得しても無駄なことは、二人の傭兵には、既に目に見えていた。  マドラスも、終始冷ややかな表情で、見守っていた。 「ええ、でも、彼女たちは、あのまま残っていた方が、安心なのだとわかったから」  空しいやり取りを思い出し、力なく、クレアは、ケインに笑ってみせた。  そこへ、マリスが言い放つ。 「だいたいねー、あんな風に、皆、無気力だから、魔につけ込まれるのよ。同情の 余地もないわね」 「お、おい、そんな言い方……!」 「だけど、あなたは、ずっと、なんとかしたかったのよね、クレア? あの人たちは、 何も手を打たない、行動しない、ただ祈るだけで、時が経てばどうにかなるとでも 思っているような。神頼みという、ただの現実逃避の中にいて、安心していたいん だわ。  でも、それじゃあ、何も解決出来ない。何も生み出さない。衰退していくだけよ。 あなたは、そんな破滅の道に見切りをつけて、未知の世界に、勇気ある一歩を踏み 出したんだから、きっと、今後も正しい選択をして行けるって、あたしは思うわ」 「マリス……」  ウィンクしたマリスに、クレアは恥ずかしそうに、だが嬉しそうに微笑み返した。 「それにしてもさぁ、クレア、本当に、ヴァルに黒魔法習うのかよ? 巫女辞めちゃ って、魔道士見習いになるなんて、随分思い切ったよなぁ」  カイルは、どこか残念そうな声であった。 「いいの、私、変わりたいから。自分の信じてきたものに、幻滅したの。今までは、 そういうものだと擦り込まれてきたけど、違ったって、はっきりわかったんだもの。 今までと違うことをやってみるわ。そして、マリスの役に立ちたいの」  クレアは、服装こそは巫女のままであったが、清々しい笑顔で、はっきりとした 口調で言ったのだった。 「応援するよ。俺、クレアに護身術を教えるよ。後で、剣も買おう」  ケインが言うと、カイルが割り込んだ。 「俺だって、そのくらい教えられるぜ」  といって、クレアの手を握るが、クレアは、さりげなくその手を振りほどき、 「ケインに教わるから、大丈夫」と、清々しい笑顔で、はっきりと言った。  マリスが、吹き出す。 「残念だったわね、カイルくん。だけど、女だったら、皆、そうすると思うわよ。 あたしも、後で、ケインとちょっとお手合わせしたいと思ってるし」  マリスがケインにウィンクする。ケインは、目を丸くした。 「お、俺と? きみの方が強いのに?」 「そうとも限らないかもよ?」  紫の瞳が、いたずらっぽく輝く。  ケインは、またもや内心動揺していた。  彼は、未だに、珍しい紫色の瞳には慣れないでいた。どうも、あの神秘的な瞳を 目の当たりにすると、逃れられない気がするのだった。 「なんだよ、ケインばっか」  カイルが口を尖らせる。 「なんなら、変わろうか?」 「いやいや、マリスとの手合わせなら、遠慮しとくよ」 「だろ?」  ケインは恨めしそうに、ヘラヘラしているカイルを見る。  そのカイルが掴んだ情報が、もう一つ。  ここ数年で、急速に勢力を拡大している、中原の国の一つアストーレ王国では、 よその国からふらりと現れた男に、国王がひどく入れ込み、男は、とうとう参謀に まで登り詰めていた。  王国の急な成長は、この参謀の力が大きい。  だが、その頃から、王国の外れの北の森には、モンスターが棲み付くつくように なったという。 「下等のモンスターなら、自然の森にはもともと潜んでいるもの。中級以上のモンス ターは、誰かが呼び出したりしない限り、人間界には、そう湧いて出るもんじゃない わ。カイル、その情報くれた宮仕(みやづか)えの女の子、参謀の姿は見たことあるの かしら?」  というマリスの質問に、カイルは「もちろん!」とばかりに笑ってみせた。 「そいつは、何の変哲もない格好をしていたため、宮廷内でもあまり目立ってはいな かったというんだが、参謀になった時、王から、ある宝石をプレゼントされたらしい」  そこで一旦言葉を区切り、皆の顔を見回した。 「それは、真っ赤な宝石(いし)だったらしいぜ。それ以来、ヤツは、そいつをここに くっつけてるって話だ」  と、カイルは、自分の額に指を当てた。 「ヴァル、ちょうど、あんたみたいにな」 「……ま、まさか、魔道士なのでは……?」  クレアが、カイルと、無表情なヴァルドリューズとを見比べた。 「『カシスルビー』を額に……。あれは、主人と従者の契約の証で、魔力によって 付いているもの。その男、魔道士ね」  マリスが、冷静に言った。 「魔道が盛んな国では、魔道士の参謀は珍しくはないわ。あたしのいたベアトリクス でも、ヴァルの出身国ラータン・マオでも、多くの宮廷魔道士を抱えているわ。でも、 アストーレでは、そんなに魔道は盛んではないと聞いてたけど?」 「そうそう。だから、周りには、得体の知れない者扱いで、最初のうちは、あんまり 受け入れられなかったみたいだぜ」  マリスは、何か考えこむように、黙っていた。 「森に増えたモンスターっていうのも、そいつの影響かな?」  誰にともなく、ケインが呟いた。 「そいつが呼んだかどうかは、まだわかんないけど、どんな形であれ、いずれは、 そいつにも関わってくるでしょうね。魔道も、魔界と、多いに関わりがあるもの だから……」  皆、彼女の次の言葉を待った。  心が決まったマリスが、ふっと顔を上げた。 「行きましょ、アストーレ王国城下町、アトレ・シティーへ」 「よし、アストーレ王国の怪し気な参謀を調べ上げ、魔物を呼び出した張本人であれ ば、倒すわけだな?」  そう意気込んだケインに、マリスは、きょとんとした顔を向けた。 「それは、単なるついでよ。調べてみて、モンスターと参謀が関係ないとわかったら、 あたしは、あの国に関わるつもりはないわ」 「え……? アストーレに魔物を退治しに行くんじゃないのか?」  意表をつかれたケインに、マリスは、拳を振り上げて、元気よく答えた。 「あたしがアストーレに行く一番の目的は、腕のいい鍛冶屋に会うことよ!」 「はあ!? 何だそれ?」  ケインが気がつくと、クレアは、わけがわからずおろおろしていて、カイルは、 腰かけていた岩で、干し肉をおやつ代わりに楽しそうに頬張り、ヴァルドリューズは 聞いているのかいないのか、はなから関心がないようで、そっぽを向いていた。 「……なあ、マリス、旅の目的は悪者・魔物退治なんじゃないのか?」 「もちろん、そうよ。だけど、その前に、やらなくちゃいけないこともあるの」 「それが、……鍛冶屋に行くことなのか?」 「そう!」  それを受けて、口を利く者は、いなかった。 「せっかく、まとまったお金が入ったことだし、まず、あたしの甲冑を作り替えたい のよ」 「あの銀色の甲冑を?」 「そう。あんな物で戦ってたら、目立ってしょうがないじゃない? この一年間、 ずっと防具屋で探してたんだけど、これ以上の代物には出会えなかったし。だから、 いっそのこと、作り替えた方が早いと思って。カイルの情報でも、アストーレの山に は、腕のいい鍛冶屋がいるって話だったでしょ? クレアの剣も、そこで作ってもら えばいいわ」  マリスが、普段着の時の簡単な防具が欲しいというので、ケインが付き添い、 ヴァルドリューズとクレアは図書館で地図と魔法書を調べに行き、カイルは一人 気ままに出歩くというので、一行は、夕刻、酒場で待ち合わせることにした。  マリスは、町娘の服装から、茶色の革のチュニックと、ロングブーツに着替え、 髪を高い位置で結び、少年のような出で立ちになった。 「ただの町娘が、防具欲しいなんておかしいでしょう? こういう場合は、男装に 限るのよ。どう?」 「うん、なかなか似合うよ。ホントに男みたいだよ」  言ってしまってから、ケインは、はっとなった。実は、すごく失礼なことを言って しまったのでは? と慌てる。 「あたしは、オトコ顔だからね」  マリスは、別段、気を悪くしたようでもなく、さらっと笑っていた。  ケインには、さっきまでの町娘の格好よりも、少年服の方が、彼女には似合って 見えた。  それは、マリスの中性的な雰囲気と、よく合っていた。  その服装の方が、彼も、怖じ気付くことなく、まるで本当の男同士のように、気軽 に彼女と話せた。 「見てみろよ、ケイン。これなんか、ゴーラ亀の甲羅(こうら)で出来てるぜ」  防具屋では、マリスが男言葉で、ケインに黒い胸甲冑(ブレスト・プレート)を見せ る。 「こっちの肩当て(ショルダー・ガード)も、軽くて丈夫そうだし、いっぱいあって、 迷っちゃうなー!」  彼女がウキウキしているのは、何も演技ばかりではなさそうだった。  職業柄か、武器や防具などを見ていると、楽しくなってしまうのは、ケインにも 通じるところがあった。  店を出てから、黒い革のリストバンドと、レザー・ナックル、肩当て、肘当てなど が、彼女の出で立ちに、新たに加わっていた。  帰り道では、他愛もない話の最中でも、マリスは気を抜いていないのが、ケインに もわかる。  もちろん、彼も何気なさを装ってはいても、辺りを伺っていた。  まだ真昼である。  魔物が出現するには早過ぎる。  ヴァルドリューズたちとの待ち合わせは夕刻、町中の酒場であるのだが、マリスは、 山の人気(ひとけ)のない方へと歩いて行く。  まるで、何かを探しているかのように。  間もなく、一筋の煙が見えた。  マリスの表情が、微妙に変わった。  どうやら、探していたものが見つかったらしいが……。  マリスとケインは、山賊たちが寛いでいるところに、出くわしたのだった!  山賊たちは、ざっと三〇人。  茶褐色(ちゃかっしょく)の皮膚(ひふ)に、ほとんど全員が頭を剃(そ)っていた。 上半身裸の上に、黒い革の太いバンドを巻き付けた程度の、その地域では、典型的な 山賊スタイルであった。  商人から強奪したであろう、宝石の連なった首飾りをしているものもいる。  大柄で、目つきの悪い者ばかりであった。そのような山賊たちが、道の両側を挟ん で座っている中、マリスは躊躇(ちゅうちょ)することなく平然と突き進み、その隣の ケインも、油断のない目で見渡しながら、進む。 「おっ? 傭兵の若造だぜ」 「へっ! こんな小僧どもに、国を預ける奴らの気が知れねえぜ!」  二人に、野次が飛ぶ。 「おい見ろよ。良く見たら、なかなか美少年じゃねぇか。あれなら、俺がお相手して やってもいいな」 「そうだな。ここんとこ、女っ気のねぇとこばっか、襲ってたもんな」  聞こえよがしの山賊の話に、ケインは、マリスの顔を盗み見たが、相変わらず 毅然(きぜん)としている。 「よお。あんちゃんたち、どこ行くんだい?」  賊の一人が、酒の入った木の器を持って、よろよろと歩み寄ってきた。  が、マリスは、無視した。 「おいおい、そんな綺麗なカオしてると、俺たちのようなゴロツキは相手にしてくん ねぇってのかい?」 「けっ、小僧が! お高く止まりやがって!」  マリスは、ちらっと男を見やった。口元には、嘲笑(ちょうしょう)の色が浮かぶ。 「おっ? 何だぁ? こいつ、俺たちのこと、バカにしてんじゃねぇか?」  そう言った賊の一人は、大きな段平を手に持ち、頭を刈った、大柄の太った男だっ た。  目、鼻、口などのパーツを、全部真ん中に寄せ集めた顔をしている。  おまけに、眉が困ったように下がっているので、盗賊としての迫力は皆無(かいむ) であった。 「ぷあははははは……!」  マリスが、いきなり吹き出し、腹を抱えて笑い出した。 「バ、バカ! 俺だっておかしかったのを必死にこらえてたんだぞ! それを…… じゃなかった! おいおい、こんな場面で、そりゃマズいんじゃないか!?」  ケインが横で忠告するが、なおも笑い止まないマリスに向かって、その賊は、顔を 真っ赤にして、喚き散らした。 「こ、この小僧! 何がおかしい!? バカにしやがって!!」  男が、段平を勢い良く振り下ろした!  ガキッ!  ケインが、いつの間にか布を解いたバスター・ブレードで、マリスに向かう剣を 受け止めていた。 「なっ、なんだ、あの剣は……!?」 「バケモンかよ」  山賊たちは、どよめいた。  たいていの者は、バスター・ブレードを見ただけで、恐れおののく。  それも、彼の狙いではあった。無駄な争いは、避けるに越したことはないのだから。 「俺たちは、ただ、ここを通りたいだけだ。黙って通してくれないか?」  男の禿げた頭に、盛り上がった血管がピクピク脈打っている。 「ふざけんな! 誰が、おとなしく通してなんかやるもんか!」  どうせ、そのような返答だろうと、ケインはわかっていた。  途端に、山賊たちに囲まれる。 (どうやら、三〇人どころじゃなかったようだな……)  ケインが、目だけで賊の数を数えていると、 「きゃあ! こわい! ケイン、助けて!」  突然、マリスがケインにしがみついた。  その場にいた全員が、驚く。  ケインだけは、違う理由で驚いていたのだが。 「き、貴様、女だったのか!?」 「そんなナリしてるから、てっきり男だと……」  賊たちは、ざわめいていたが、次第に、彼らの目は、ギラギラと光り始めた。 「ここを通りたきゃ、通っていいぜ。もっとも、それが出来ればの話だがな」  片目に眼帯をしている男が、薄気味悪い笑いを浮かべて、剣を構えた。それを合図 に、他の賊たちもそれぞれ武器を取り出す。 (マリスのヤツ、どういうつもりだ? わざわざ女だってバラさなくても……。奴ら の闘志(とうし)に火をつけちまったじゃないか!)  このような腕自慢の山賊たちは、村を遅い、落とした村の人々を平気で嬲(なぶ)り ものにする。特に、女は辛い目に遭(あ)わされていた。散々犯された上に、最後は 切り刻まれてしまう。  軍隊にいたというマリスが、それを知らないはずはないだろう。  今の彼女は昨日のように甲冑を着ているわけでもなく、身に付けているのは、 たいした防具ではない。  その上、ヴァルドリューズもいなければ、獣神を召喚することも出来ない。 (ああ、せめて、防具屋にいた時みたいに、『男』でいてくれれば……! まあ、 こいつらは、それでも構わないみたいだったけど……)  彼らの矛先は、ほとんどマリスに向けられていた。  その彼女は、まだケインの胸にしがみついたままだった。 (まさか、俺一人でこいつらと戦えと……?)  ケインは顔を引き締め、バスター・ブレードを構えた。


剣月紫ライン剣月紫ライン剣月紫ライン Indexボタン Backボタン Nextボタン